造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

心を揺さぶる一通のDM

16100700.jpg

終の車と言うには早すぎますが・・・・・いつかは超セブンと思っています。実は8月の北海道ツーリングでも
ナウマン国道で、何とリアに荷物を積載したツーリング中のセブンに出会い、セブンへの思いが再燃していた
ところです。しかしながら、以前試乗した時の印象から160は選択肢にありません。

ところが・・・・・先日届いたディーラーからのDMを見て、その気持ちは脆くも崩れ去りました。(苦笑)
その名も 「Seven Sprint」 ~ これは凄い。外観だけですが、こんなに琴線に触れる車は久々です。
クラシカルな塗装色や赤革の内装、丸目のテールランプもソソりますが、何と言ってもクラムシェルフェンダーが
心を串刺しに。(笑) これは欲しい・・・・・DS3カブリオをボロいイタ車に替え、エリーゼを下取りにすれば
何とか手が届きそうです。

しかしながら、「待った」 を掛ける要素が一点。160ベース故、軽自動車である事です。試乗時にも書いたけど
悩ましいのはそのエンジンパワー。軽自動車の自主規制である64PSをアッサリ無視しているのは嬉しいし
当たり前だけど日本の軽自動車よりは遥かに速い。でも、コイツでターンパイクや芦スカを走る事を想像すると
2年目位からは物足りなくなってくると思うのです。この歳になると絶対的な速度とか加速は全く興味が無く
いかに気持ち良く走るかがポイントとなっているのですが、それでも欲求不満になるレベルでは FAN TO DRIVE
にならない。あとはエンジンの音と特性。この160のエンジンは、好きでないターボだし回転落ちもルーズ。
音はジムニーそのものだしなぁ・・・・・これが270ベースであれば、問答無用でオーダーするのですがね。
下取車があるとは言え、やはり黄色いナンバープレートに400万超えの投資は慎重にならざるを得ない。

悩ましい車が登場したものです。



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/09(日) 19:24:53|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

こ、これは・・・・・何て楽しいエンジンなんだ!!

1510303.jpg

昨日は久々に試乗をしてきました。フィアット500とアバルト500の乗り比べ。もちろん楽しみなのは
アバルトです。まずはフィアットから。ツインエアーエンジンの500S。
いまさらフィアット500かよ? などと言われそうだけど、このツインエアーエンジンに乗るのは初めて。
マニュアルの設定があるのが嬉しい。信じられない事に、アルファなんか設定が無くなってしまったしね。
で、発進。


ブロロロロ~グワァァァァ~

こ、これは・・・・・な、な、何て楽しいエンジンなんだぁぁぁぁ~~~


いや、言葉を失ってしまいました。もう頬が緩みっぱなし。エンジンに感動したのは久しぶりです。
アルファV6、BMW直6に匹敵しますね。これらは3000CC級のエンジンだけど、このツインエアーは
なんと2気筒900CC。これでこんなに楽しいなんて・・・・・
この車、ダメな人は徹底的にダメでしょう。楽しいと感じるか究極のチープと感じるか。このエンジンを
マニュアルで楽しめるのは今のうちか? フィアット、やるじゃん。

この後に乗ったアバルトの方がフツーの車に思えました。全然フツー。乗用車っぽい。
アバルトで印象に残った点は、特に無かったですね。もちろん悪くないし、よく走る。
あまりにツインエアーエンジンが楽しすぎて、アバルトが霞んでしまいました。

でもね、この500S、一つだけダメな点があります。もうペダルレイアウトが最悪。左側にオフセットしすぎ。
クラッチ操作を完了させてフットレスト位置に戻そうとしても、その空間が狭くて必ず左足にパーツが
ぶつかります。これはダメですね。ストレスが溜まります。
ディーラーの担当は、乗っているうちに慣れると言うし、実際オーナーもたくさん居るわけですが
私は我慢できないなぁ。慣れるというレベルではない。

ちなみに試乗したアバルトはLHD。特に秀逸では無いけど、RHDよりは遥かに操作し易い。
LHDの輸入車をRHD仕様にする事でペダルレイアウトの弊害が起きるのはよくある話ですが
ちょっと酷すぎ。これだけが残念でした。

ジュリエッタを試乗した時も感じたけど、製品のクオリティは昔に比べて大幅に向上していますが
イタ車独特の “濃厚さ” が希薄になってきた感じがするのは気のせいか?
そもそも匂いからして、違う気がします。

155が納車された時の匂いが懐かしい・・・・・



テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/11/01(日) 22:55:59|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMWが造った2リッター・ターボエンジン

1310251.jpg

バイオリズムが下降線をたどり始めました。来月からは休みも激減する予定。明日はLOTUS DAYですが
休めるかどうかも分からなかったので、申し込み出来ず。残念ながら今年も不参加です。エリーゼは北海道への
ツーリング以降、動かしたのは一度だけ。この分だと絶好のオープン季節をスルーしそうです。

今日は台風をやり過ごした後、ティグアンで外出。途中、BMWのディーラーが有ったので(笑)立ち寄ってみました。
写真だとド派手なオレンジですが、実物は落ち着いている、このタマが積んでいるエンジンは2リッターターボ。
まぁ、最近のトレンドですね。エンジン屋のBMWが造ると、どんなテイストになるのか楽しみでした。
組み合わせは8AT。小雨の中、図々しくも試乗させてもらいました。

空いている環八でアクセルを踏み込む。おぉ、このATは秀逸。8速ですが変速ショックをほとんど感じません。
まるで電車が発進しているようで、滑らかに加速します。ハンドルの重さも適度。先日のNA6発は異様に重く
エリーゼを嗜んでいる私ならまだしも、奥様・オネーサマには重すぎる感じだったので、マイナーチェンジで改善
されたようです。

で、良かったのはここまで。全く普通の車でした。エンジンについても特筆すべき点は有りませんねぇ。
気持ち良いとか、そういう世界とは別次元。低速から普通にトルクがあり、普通に走る。ちょっと音がする。
そんな感じです。それなのに、タイヤは18インチで扁平率45のランフラットタイヤ。ゴツゴツ。
この走りに、何故こんなスペックのタイヤを履かせるのか全く分かりません。
発進時はティグアンの方がトルクフルで走り易いし、中速からの伸びも良い。はっきり言って買い替える理由が
有りません。あ、間違えました。通りすがりでした。まぁ、相方はレザー内装を気に入ったようですが。

1310252.jpg


ティグアンは来週の水曜に車検が切れるのですが、これで買い替える車が無くなりました。
まぁ予定通りでした。(苦笑)




テーマ:BMW - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/10/26(土) 22:34:53|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード