造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・後編

160622000.jpg

やっと後編です。 10年を振り返るって、やはり長い。(笑)

前編で記した通り、私のツーリングのベースは窯元巡りが多かったのですが、併せて宿泊に温泉地を
選ぶパターンが定番。 最近はレジャーというより体を癒すのが目的ってところが悲しいけど。
温泉も選び方で全然違ってくる。 例えば、こんなメジャーな温泉とか・・・・・

1603143_20160622210527492.jpg

1501049[1]


話題性とか・・・・・

1305053[1]


色々な泉質を浴びてきましたが、何と言っても濁った薬湯が好きだなぁ・・・・・

1307056[1]

1603131[1]


ツーリング中の宿泊施設はメリハリを付けています。ビジネスホテルや民宿に毛が生えたような旅館が
主体だけど、その中にクラシックホテルを混ぜると際立って効果的。ココはもう一度泊まりたい。

1208202[1]


ココは、まさかサミットの舞台になるとは思いませんでした。 今だと割高なんだろうなぁ。

1206201[1]


一方、4年を経過したティグアンですが、不具合も散見されるようになってきました。
「優等生」 という言葉がピッタリな、この車。 とにかく出来が良く、全て80点といった感じですが
裏を返せば突出したところが無い。ファミリーカーなら最高でしょうが、私のような使い方だと、ちょっと
物足りない点も・・・・・そして車検が近づき、思いもよらぬ好査定に背中を押されてしまいました。

140101_20160622000119f8e.jpg


何が物足りないって、それはエンジン。アルファのV6を手放した今、私に必要なのはコレでした。

1310052[1]


時代に逆行する縦置きの3リッター直列6気筒エンジン。 この車にこんなエンジンが載っているとは
お釈迦様でも気付くまい。 エンジンを点火した直後から、トロけるようなサウンドにイチコロでした。
そして後押しするように、年末年始の暦が良くなる。真冬の北海道や東北で、豪雪走行を存分に楽しみました。

1401234[1]

1401306_201402032257098f2[1]

16030195.jpg

15020191_20160624234314198.jpg

140100[1]

一泊しただけで雪ダルマ。恐るべし北海道。(笑)
今から思えば、糠平湖から大雪湖へ向かう時の、猛吹雪の三国峠越えは、かなりヤバかったけど。(苦笑)

1401304.jpg

1401305.jpg


FFベースの新型も登場したX1ですが、冬の主役として、この直6NAを当分乗るつもりです。

さて、仕事車のイプシロン。走行中のマフラー脱落事件を機に、坂を転げ落ちるように不調になりました。

1506154.jpg


今迄所有してきた車の中では、最も美しいデザインのイタ車でしたが、業務に支障をきたすレベルに
なってきたので、泣く泣く手放す事を決意。 エリーゼは屋根が開きますが、なんと仕事車も・・・・・

1603275[1]

1603276.jpg


多少、身銭を切る事になったけど、スイフトやイプシロンで利益が出たから・・・・・(苦笑)
やはり私に宿る、車のDNAは、初めて買ったコレなのでしょう。

IMG_1299[1]

私と同世代の方なら一目見てお分かりかと。 あまりの懐かさに、中古車を検索してみたら、まだ存在して
いました。 欲しいなぁ。(笑)


長々と写真を掲載してきましたが、これからも春夏秋冬、旅まくります。 
海も・・・・・

1411161_201606222105241b2.jpg


山も・・・・・

1501308[1]


コヤツも10年、変わりなし。

1305071[1]


私より長く生きるかも。(爆)





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/24(金) 23:49:24|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・中編

16062005.jpg

アルファGT & ミニ・コンバーチブル・・・・・ダブルでMT・2ドアという、遊び以外の事を全く考えていない
組み合わせでしたが、さすがに人を乗せる機会もあるので、1台は4枚ドアにすべきか・・・・・

というのは表向きの理由。カーライフをもっと充実させる切り口を考えた結果が、四駆SUVの導入でした。
VWティグアンが日本デビューした時に、いつかはアルファGTと組み合わせたい、と思ったのですが
それを実現させた訳です。
真冬にあえて積雪地帯へ向かうツーリングは、私のカーライフに新しい風を吹き込んでくれました。

16062007.jpg

16062006.jpg


もう一つの決断が、仕事用の車。会社から支給される月々の金額が、購入費とトントンになるように車種を
選ぶのが基本。 新車で購入し12万キロ乗ったスイフトはモトを取るどころか利益を生み出してくれました。

1205221_20120525215244[1]


しかしながら、長距離を乗るにも関わらず楽しさは皆無。かなりくたびれてきたので、車検を機に
乗り換えを考え始めた矢先、車仲間のO氏が古いイタ車を手放すと聞きました。
そして熟考の末、私が飼う事に決めたのです。 もちろん写真の右側がその車。(笑)

1206027[1]


ウチに来た時は12年経過・走行4万キロというコンディションで、はっきり言って過酷な業務に
耐えられるか心配でした。 安く入手したので、駄目だったら買い直そうと割り切ったのが功を奏したのか
3年間・トータル12万キロ弱を耐えてくれました。


セカンド・カーや業務用の車のおかげで、カーライフが充実してきた一方、海外への渡航は激減。
独身時代はネパールやペルー、ガラパゴス島など秘境を主体に旅をしてきましたが、この10年では
バリ島、タイ、イタリアのみ。

04113[1]

 
タイは2度目だったけど、前回同様、チェンマイの山奥でのミニ・トレッキング。
象に乗ってのツーリングです。ブッシュの中を潜ったり、川を渡ったり・・・・・

IMGP7893[1]

IMGP7917.jpg

個人旅行でタイに行かれる方にはオススメです。


そして10年間で最も大きな出来事は、2011年11月。
自宅を建てる際、建蔽率40%の悪条件にも関わらずガレージを構築した理由は、このエンジンを
収納する為だったし、V6アルファ以外の車が入る事は当分無いと思っていましたが・・・・・

1112018[1]

09223_20100925230624[1]

1112022.jpg


追い込まれた人間は理性を失うと、衝動的な行動に出るという事を、身を持って体験しました。
絶滅したと思われた、2ZZエンジンを積んだエリーゼの新車が名古屋で奇跡的に2台発掘され
連日徹夜の私は夢遊病者のようにボタンを押してしまいました。

正気に戻ると (爆) アルファロメオを喪失するという現実に愕然・・・・・そして何とか休みを取り、GTが
居なくなる前日、最後の箱根で別れを告げました。 大観山では、奇しくも次期車とランデブー。

1202021[1]


ディーラーでピカピカの155を見て呻き、V6を試乗してノックアウトされた日から15年。
4台に渡り慣れ親しんできた芦スカの富士山も、これが最後。

16062200.jpg


そして、初めてアルファ以外の車がガレージに収まったのです。

1207241[1]


正直言って、エリーゼは長いツーリングを楽しむ車ではありません。 車というよりカート。
MINI はゴーカート感覚などと言われますが、とんでもない。エリーゼこそがカート感覚です。
パワーアシストの無いステアリングを駆使してワインディングを走る歓びは、 「駆け抜ける歓び」 などという
フレーズでは役不足。

1208148[1]

15070496[1]


こんな楽しい車を近場のワインディングだけで走らせるのは余りに勿体無い・・・・・という事で
北から南まで自走で連れ出しています。 変態と言われてもいい。 (爆)

1309314[1]

1209157[1]

1209146[1]


4年で早くも5万キロを突破。 本来、こんなペースで距離を増やす車ではないのですが・・・・・

歳を重ねるにつて、ツーリングのスタイルも変わってきました。
昔はツーリングに出る前に、雑誌やブログで情報収集を行い、行ってみたい所をピックアップしていたけど
3年前くらい前からは、ツーリングに限らず物事を計画する事自体が億劫になってきました。

もともと律儀に計画するのが苦手で、学生の頃から旅行の宿泊先は国内外問わず決めないスタイルを
通してきましたが、今では行先すら直前になって決めたり変更したり・・・・・最近は天気が重要なファクター
となっており、晴天を求めて行先を東北から四国にしたり、ルート取りを決める事がほとんどです。
この為、無駄なルート取りも多く、旅先で自己嫌悪に陥る事も。(苦笑)

こんなツーリング・スタイルなので、思いがけず素晴らしい風景に出会ったり・・・・・

14081032[1]


目玉が飛び出るようなショックを受けたり・・・・・

14090132[1]


波乱万丈なツーリングになっています。南紀ツーリングでは、途中の道の駅で奇跡が・・・・・

1305063[1]


エリーゼ、ティグアンと共に、絶滅危惧種のイプシロンが揃い踏み。どの車も滅多に目にする事が無いのに
3台揃うなんてビックリ仰天でした。 こんな事があるからツーリングは止められないのです。

あまりに長くなったので (苦笑) 今回を中編とし、次回を最後とします。




テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/22(水) 22:16:23|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・前編 

20060829235129[1]

「 何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです 」

などとプロフィールに記載して始めた当ブログ。一昨日で開設10年となりました。
そのテーマ故、自らニッチな駄ブログと公言してきましたが、それでも10年も続いたのは、情報の発信源
という大それた意識が全く無くなり、単なる備忘録と割り切って更新してきたのが理由かと思っています。

人によっては鼻につく記事も多かったはずだし、ネガなコメントを頂く事もありました。 だからと言って
媚び諂う気はサラサラ無かったし、私に万人に受けるような記事など書ける訳がありません。
欲望と成果をツラツラ書くだけでした。(苦笑)

そんな駄ブログ、メインテーマのツーリングを主体に10年を振り返ってみます。
写真の大きさがバラバラですが、改めて統一させよう・・・などと言う気は全くありません。
そもそも、ブログのテンプレートも10年で一度も変更していません。 このいい加減さが長寿の秘訣。(爆)
 

発足時の相棒は、冒頭の写真の通り、ロッソのアルファGTとゲタのパジェロ・ミニでした。
とにかくアルファのV6エンジンが好きで、3台目。ターンパイクでエンジンを歌わせるのがルーティーンでした。
それでもアルファ同志で集まったりするのは、この車まで。
箱根は純粋に走りを楽しむソロ活動主体になって行きました。

P1030368[1]


4台目のアルファも同じV6GT。色はネロとなりました。この切り替え時のブログ(2006年)を振り返ると
早くもエリーゼの購入を検討していました。(笑) ディーラーでネチネチ見たけど、ツーリングには厳しいとの
結論に達して、見送っていました。 で、こんな組み合わせに。

20070211221835[1]


大きな転機となったのがセカンド・カーの変更。メインユーザーは相方ですが、オープン & MTという付加価値を
盛り込んだのです。 今から思えば、この決断がその後の車人生を大きく変えたと言っても過言ではない。
ナイト & デイ 何時でも楽しかったと記憶しています。

2IMGP1762[1]

IMGP4567[1]


ブログを開設してから半年、「ストマック」 というオフ会を立ち上げました。ドライブを楽しみながら旬の食材や
ご当地グルメも満喫するという、今ではどこにでもある企画ですが、発足当時はまだ少数で、それなりに
自負はありました。

IMGP6721[1]

16062001.jpg

2IMGP1843[1]

10062[1]

100613[1]

16062000.jpg


最近はすっかりご無沙汰ですが、10周年を機に、久々企画してみようかな・・・・・ってオオカミ老人か。(笑)


私のツーリングのベースは窯元巡り。 この趣味はとにかく情報が少なく、増してや欧州車で自走して全国の
窯元を訪ね歩くという、酔狂なテーマを掲げるツーリストなど皆無でした。 自ら道を切り開くつもりで探索して
きましたが、沖縄の壺屋焼を除くと、残念ながらほとんど制覇してしまいました。既に2度目・3度目の巡回と
なっていますが、それでも建築同様、同じ器は存在しないとの信念を持って、この趣味を継続しています。

そんな私の旅スタイルでしたが、21インチのグローブトロッターを飲み込み、器をゴッソリ持ち帰る事の出来る
アルファGTは、ツーリングの相棒として大活躍してくれました。

1109047[1]

1108201[1]


もともと器の基本は土モノですが・・・・・

16061900.jpg

16061901.jpg


この10年で絵付の素晴らしさが分かる様になり、磁器に開眼したのが運の尽き。 散在理由が激増。

1107155[1]


このブログのタイトルとなっている、吹き抜けに面した壁をブチ抜いた 「造り付けのカップボード」。
6年前はまだ若干余裕があったのですが・・・・・

04078[1]


今ではパンパン。気に入らないモノから順に退場させている状況です。もう買ってはいけない。
皿も食器棚から溢れつつあり、今はやりの 「モノを持たない」 生活を考慮していかないとまずいかも。(苦笑)


最近はご無沙汰だけど、ブログはエンターテイメント・ネタも度々登場。 映画は今でも月1本ペースで鑑賞
しています。 フェイバリットはボンド・シリーズですが、この作品はなかなか超えられないですね。

IMGP3303[1]


音楽は相変わらずギタリスト中心。 来日が決まったようです。

IMGP6420[1]

20090222235718[1]


こだわりの一つに珈琲の自家焙煎がありますが・・・・・

IMGP5400[1]

16062003.jpg


最近は相方が買った、挽いてあるコーヒーをドリップする事も多い。 堕落したものです。(苦笑)
以降、後編へ・・・・・






テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/20(月) 23:46:30|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。