造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

三連休は映画三昧

1709201.jpg

ツーリング愛好家にとっては全く酷い三連休となってしまいましたね。
私もそれなりに予定していたのですが、早々に諦め、連休は話題作が封切られている映画三昧としました。

「ダンケルク」

話題&期待度 No.1 。 IMAXや3D等、大型施設でバンバン上映しています。何と言っても
クリストファー・ノーラン監督の作品なので、私も楽しみにしていました。
3つの状況、3つの時間軸で話が展開するのですが、所謂ヒネリや感情を煽るようなことはありません。
事実が映し出される感じですが、緊張感はさすがです。しかしながら、見終わった後の感想も、淡々としたもの。
スルメを齧るような映画で、満足感は希薄でしたね。



1709202.jpg

「エイリアン コヴェナント」

こちらはリドリー・スコット監督。 「プロメテウス」 の続きで、前作からのストーリーは悪くない。
しかしながらマンネリ感は避けようも無く、体内から飛び出てくる例のグロさだけが際立つ。
エンドロールを見ても、主役はアンドロイドですね。新旧の争いで、バックアップ電源で復活するところなど
ターミネーターシリーズ丸出し。相変わらず女性が奮闘するし、アンドロイドも、いつもの中年男。襲われる
場面は展開が読めてしまい、最後の仕掛けも想定内。80歳になるリドリー・スコット監督に多くを期待するのは
無理があるのか・・・・・間違いなく続編が有るけど、マンネリと言いながらも観に行くんだろうなぁ。



さて、最も期待しなかった映画故、最も満足感を得たのが

1709203.jpg

「新 感染 ファイナル・エクスプレス」

韓国映画。このオヤジギャグ的な邦題は止めて欲しいけど。(苦笑)
個人的に韓国映画のレベルは日本の上を行っていると思います。所謂ヒューマンドラマ系は日本も
優れた作品が多いけど、この手のハリウッド映画的アクション、パニック、ホラー系は太刀打ち出来ないですね。
「日本沈没」 などは、構想の大きさについていけない感じでした。

この映画は一言でいうとゾンビ系。このフレーズだけで引いてしまう人も沢山いるだろうし、ネット上の
作品評価が高くなければ私も敬遠します。しかし・・・・・この映画は面白い。評価が高いのも理解できます。
「ゾンビ映画=グロ」 とかでは無く、ちょっとしたお涙頂戴的シーンもあり (実際、泣いている人も何人か居た)
最初から最後まで飽きる事無く鑑賞出来ます。飽きるどころかハラハラ・ドキドキしっぱなし。
見終わった後の余韻が長く長く、ベッドに入って寝る時まで引き摺った珍しい映画でした。
文句なくオススメだけど、感性の違いもあるから保証はしません。(笑)

この先も 「ブレードランナー」 「アウトレイジ」など、楽しみな作品が目白押し。どれも続編なのが残念ですけどね。





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/09/20(水) 22:13:03|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の映画鑑賞 「ライフ」 ・・・・・意外な佳作

1707250.jpg

ブログでは紹介していないものの、昨年までは年間15本程度の映画を鑑賞していましたが
今年になって、ほとんど休めない状況となり、半年ご無沙汰。年頭以来の久々の鑑賞となりました。

時間がある時にかぎって見たい映画が無い・・・・・全く期待もしないで 「ライフ」 という映画を選びました。
どちらかというとB級映画ですが、そこそこ金もかかっており、意外や意外、かなり楽しめました。
まぁ、「エイリアン」 の二番煎じ的な位置付けですが、本家の衝撃には及ばずとも、心地良い緊張感が
持続します。
ラストは 「猿の惑星」 を思い出しました。 おぉ~そう来たか! って感じです。

まだ上映している映画館もあるので、クソ暑い中の涼風を味わいたい方は是非。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/25(火) 22:09:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気が重くなる邦画 2本

1607080.jpg

久々の映画ネタ。 定期的に鑑賞しているのですが、最近の、この2本はなかなか骨のある作品でした。

「葛城事件」 ・・・・・ もう最初から最後まで絶望感漂う作品。明るい兆しやホッとするシーンは皆無。
間違ってもデートに使ってはいけない。この映画を観て 「ミリオンダラー・ベイビー」 を思い出しました。
地味な扱いだけど、映画ファン以外にも観てもらいたい作品。三浦友和の演技が素晴らしいが、南果歩の
狂気一歩手前の表現力も出色の出来栄え。


1607081.jpg

「64」 ・・・・・ 前編・後編の2部作。 「葛城事件」 に比べれば、まだ取っ付き易い映画だけど
こちらも “楽” “喜” “明” といった単語とは縁が無い。 原作は読んでいませんが、前編を観て後編が
待ち遠しくなる出来栄え。 佐藤浩一はじめ、出演者全員の演技に感心しました。

爽快感とはかけ離れた映画2本ですが、時間のある方は是非・鑑賞をオススメします。



さて。明日は晴れそう。 起きれたら久々の箱根。 スポーツカーに乗ろう。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/07/09(土) 22:50:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード