造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

モデファイ⑧~電気系

156には電気系も多少弄りました。

リッツ・スーパーヒューズ~伝道師に6カ所ほど交換して頂きました。一カ所ごとに効果を確かめながらの装着で、確かにその場で若干トルク感の向上が確認できました。

アーシング(サークルアース)~最もポピュラーなアーシングですが、私は見た目が良いサークルアースを選択しました。効果については、様々なHPや雑誌に出ている通りです。
ちょっと効果があるかな? 程度です。

コレクション・プラズマワイヤー~田園調布のコレクションさんの定番です。装着前は、ワイヤー1本での効果に半信半疑でしたが、装着後のトルク感アップはかなりのものです。
私的にはリッツ・スーパーヒューズやアーシングよりも効果的でした。個体による差もあるのでしょうが、2万円も掛からずこれだけの効果が体得出来れば満足です。
いずれGTにも付けようと思っています。

なお、プラズマワイヤーのグレードアップ版としてプラズマワイヤーαが発売されています。こちらは5万円近くしますので、装着にはそれなりの勇気(大袈裟か・・・・・)が必要です。なにせワイヤー1本だけなので・・・・・
誰か装着された方がいましたら、是非インプレッションを聞いてみたいものです。

これら電気系のモデファイは、当初は変化を感じ取れても、劇的な変化があるわけではないので直ぐに慣れてしまいます。尤も劇的な変化があるなら純正で導入されているはずですね。

20060709020124.jpg

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/09(日) 02:02:28|
  2. モデファイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モデファイ⑦~ボディ補強

正直言って今まで大したことはやっていません。
しかし156にタワーバーとパラレルリンクアームを装着しましたが、これらはブレーキホースと違って、鈍感な私でもはっきりと効果を体感できました。

タワーバー(オーバーレーシング製)はハンドルを切ると、所謂 “つっかえ棒” が入っていると直ぐに分かります。クイックはアルファのハンドリングに相性はピッタリではないでしょうか?ボンネットを開けたときの、チタンの質感が見た目も良いのでお薦めです。
20060707235211.jpg


パラレルリンクアーム(ボランテ製)も十分効果有りです。
以前、ホイールを交換した時、純正ホイール(タイヤ付)をトランクに積んで帰ったのですが、リアの接地感がとても快適に感じられました。
パラレルリンクアームを装着して車をショップから出して直ぐに、この時の感覚を思い出しました。よく車線変更した際に効果を感じる、という方がいますが、私の場合は走り出して直ぐに接地感を感じ取りました。

20060707235234.jpg


人それぞれ感じ方が違うと思いますが、鈍感な私のフィーリングでも、少しでも参考になる事を願っています。

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/07(金) 23:54:41|
  2. モデファイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モデファイ⑥~ブレーキ廻り(キャリバー、ローター、フルード、ホース)

サーキットにおけるアルファロメオ(156V6)の弱点としてブレーキが挙げられます。パッドを耐熱温度の高い物に交換しても、パッドそのものの耐久性は向上しますが、ブレーキシステムをグロスで捉えた場合、明らかに容量が不足していると思います。ハードなブレーキングを繰り返していると、あっという間にブレーキペダルがブカブカになってしまいます。

フルードを沸点の高い物に交換すれば改善するか? 
→残念ながら保ちません。散々試しました。

ローターをドリルドやスリットにして放熱性を高めたらどうか?
  →欲張ってドリルド+スリットにしたがダメ。

ホースをメタル製にすれば変わるか?
  →全然変わりません。

つまり小手先だけの対応では本当に満足のいく性能は得られません。
やはりキャリバーから手を付けないとダメな様です。
最もポピュラーなのはブレンボ(ロータス?)のコンバージョンキットでしょう。
私はコスト的に手が出ませんでした。代わりにFDのキャリバーが156に取付可能との情報を得て、ある工場のメカニックに相談したのですが、止めた方が良いとあっさり却下されました。結局キャリバーは諦め、走行会は筑波2000(でもきつい)が限度と割り切りました。モテギなどに積極的に参加する場合は、キャリバー交換が必須と思われます。

結局、私の156のブレーキ廻りは

  パッド~ZZD
  ローター~ドリルド+スリット
  フルード~TRUST SUPER DOT4 ウエット沸点210℃
  ホース~グッドリッチ・SUSメッシュ

という仕様で落ち着きました。
なお、ホースですが純正からSUS製に交換しても、鈍感な私には全く効果を体感できませんでした。 “踏みごたえがカチッとなった” とのコメントを見かけると、信じられないと思うのと同時に、自分が情けなくなります。

20060707001126.jpg

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/07(金) 00:12:33|
  2. モデファイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード