造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

空と海と江ノ電と・・・・・

IMGP0658.jpg

昨日の昼間、ポッカリと4時間の自由ができました。
リラクゼーションやストレス解消の手段は、人それぞれだと思いますが、私の場合は当然 “車の運転” となります。
幸い外は暖かく、オマケに超・超・超・快晴!

ここまで書けば、何をするのかすぐ分かりますね。
そうです。待ちに待った瞬間が訪れました。

「湘南・鎌倉海岸ドライブ by MINI」

レザージャケットをはおり、フルオープンでリフレッシュ・ドライブです。
空は青い。。。

IMGP0642.jpg


海も青い。。。

IMGP0653.jpg

場所柄、数台のオープンカーとすれ違いますが、どの車もフルオープン。
気分はカリフォルニアです(ドイツ車ですけど・・・・・笑)。
このあたりは学生時代、バイトをやっていたので、懐かしさと心地よい海風が混ざって右脳を刺激します。

大好きな江ノ電(車両が新しくなり、懐古調は薄れましたが・・・・・)の音が聞こえ、後ろを振り向くと、自分の車ながら気にした事がなかった、ものすごい開放感!

IMGP0656.jpg

波と戯れるサーファーの姿を眺めながら、短くも最高に有意義なリフレッシュ・タイムを持つことが出来ました。



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 8組

連絡や参加表明は、掲示板 「New Stomach Project BBS」 へ書き込み下さい

***************************************

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/27(火) 15:54:29|
  2. ミニ コンバーチブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ヌヴォラ

147.jpg

先日、日本橋にヌヴォラの147が停まっていました。
久々に見るヌヴォラは、相変わらず怪しく輝いていました。
写真はコンデジのズームで撮ったので恥ずかしいほど酷いモノですが・・・・・

ラインアップとしては最終的に青、赤、白の3色のヌヴォラが存在しましたが、残念ながら159とブレラからはカタログ落ちとなったようです。
確かに159のヌヴォラは気色が悪いかもしれません。ブレラは似合いそうですけどね。

私はGTをヌヴォラにしたかったのですが、2代目GTはモチロン、初代購入時もヌヴォラは受注生産状態でした。GTV、旧スパイダー、156、147のヌヴォラは実車を見た事がありますが、GTのヌヴォラは見た事がありません。
一度見てみたいものです。

見ていないと言えば、GTそのものにも、ほとんどお目にかかっていません。最後に見たのは昨年末の三浦半島オフでのロッソ、その前が昨年夏の銀座2丁目の銀盛堂 (お気に入りのイタリア製鞄屋です)前に停まっていたロッソGTです。
たぶん昨年見かけたのは合計で5台位でしょう(笑)。

どこに停めても注目されるので、希少価値はあるのでしょうが、あまりにも少なさ過ぎますね。以前乗っていたROVER並みです(笑)。

今年ももうすぐ3月ですが、次に見かけるのはいつの事やら・・・・・


***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板 「New Stomach Project BBS」 へ書き込み下さい

***************************************



  1. 2007/02/25(日) 11:14:52|
  2. アルファGT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~Part 6

IMGP0362.jpg

最終日です。
松江も最後なので、松江城を見学しました。改修を重ねた結果、魅力がなくなったと聞きますが、そんな事はありません。13mの石垣の迫力と合わせて十分魅力がありますね。
立派なものです。

IMGP0365.jpg

さて、この日のお目当ては玉造温泉近くにある湯町窯
今回の旅行のメイン・イベントです。
1950年代、バーナード・リーチが滞在したこの窯元は、ガレナ釉など英国のエッセンスが随所に感じられ、和との融合が感性を刺激します。
結局、一時間半も滞在して散財しました(笑)。

直径26センチの丸皿は、今回購入した器の中で一番のお気に入りでした。

IMGP0623.jpg

どう見ても30,000円は下らないと思っていましたが、衝撃的プライスが付いていました。値札が間違って付いていると思われる位、安くてビックリでした。実際、窯元の奥さんが値札を見て“ ギョッ ”としていました(笑)。
我家のインテリアは、既に賑やかなので飾る場所もなさそうです。料理に使う予定ですが、料理と皿との調和が難しそう。
それと前回に続いてコーヒーカップやティーポット、エッグ ベーカーと、写真にはありませんが小皿3枚・・・・・

IMGP0639.jpg

窯元を出るときには、満足感にプラスして脱力感もありました(笑)。
こちらでも値引の他に、小皿を一枚つけて頂きました。本当に嬉しい限りです。

さて、次は鳥取県の境港を目指しました。横浜へは米子から高速に乗るのですが、米子までちょっと大廻りすれば途中で寄れるのです。
県内有数の港町・境港の魅力は新鮮な魚介類です。遅めの昼食を港の食事処で楽しみました。私はウニ丼、妻はカニ丼・・・・・満足です。

IMGP0395.jpg

私は食事の写真を殆ど掲載しませんが、たまには良いかと・・・・・
飢えを満たした後は、境港のもう一つの有名な場所である “ 水木しげるロード ” を散策しました。

IMGP0430.jpg

水木しげる氏は、もちろん「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で境港出身なのです。
境港には水木しげる記念館があり、駅から記念館まで至る道を “ 水木しげるロード ” といいます。この道の両サイドには「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪たちのブロンズ像が5mピッチ位で並んでおり、観光客を楽しませてくれるのです。

IMGP0404.jpg

IMGP0416.jpg

IMGP0453.jpg

IMGP0462.jpg

写真で誤魔化すブログです。お許し下さい(笑)
通り沿いの店は「ゲゲゲの鬼太郎」一色です。郵便局しかり、パーマ屋しかり。
こちらは郵便ポストの上・・・・・

IMGP0407.jpg

こちらはパン屋・・・・・

IMGP0417.jpg

酒屋も・・・・・

IMGP0452.jpg

最後はヌリカベを拝んで、夕暮れの山陰を後にしました。

IMGP0466.jpg

1800kmを走り切り、横浜の自宅に着いたのは早朝4:00でした。
MINI君、お疲れ様でした・・・・・



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板 「New Stomach Project BBS」 へ書き込み下さい

***************************************




  1. 2007/02/23(金) 21:31:41|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~Part 5

3日目です。

温泉津から更に南下し、石見焼の窯元を廻ろうとしました。が、一軒のみで切り上げ。
どうも感性に合わず魅力を感じなかったのです。
私の旅行は、海外含めて基本的に宿の予約をしません。いつでもスケジュールの変更が出来るからです。
この日もすぐに北上し、出雲大社へ向かいました。

こちらは旧国鉄・大社駅。レトロを感じさせるこの建築物は保存に値しますね。

IMGP0309.jpg

拝殿。観光客が絶えません。注連縄に小銭を挟もうと努力する人もチラホラ。妻曰く、願いが叶うとか・・・・・

IMGP0338.jpg

本殿。凄い木造建築です。さすが国宝・・・・・現代建築とはまた違った意味で、惹きつける魅力があります。近づけないのが誠に残念!

IMGP0321.jpg

駐車場からアプローチすると、拝殿が先に現れるのですが、ここで賽銭をお供えして、パンパンやって帰るツアー客が多数います。国宝である本殿の存在を知らないのか、関心がないのか?
興味が無くても必見と思うのですが・・・・・タダなのに勿体無い(笑)。

出雲大社の後は、近くにある島根ワイナリーへ寄り道。土産物を何点か購入して松江に戻りました。宍道湖沿いのドライブですが、早くも夕暮れが迫ってきました。

IMGP0352.jpg

松江のホテルで今後のスケジュールを検討したのですが、明後日より寒気に伴うかなりの積雪が予想される、との事。本当に良く走ってくれるMINI君ですが、雪には敵いません。
残念ながら明日一杯で山陰を発つ事にしました。

明日は盛り沢山です。



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板  「New Stomach Project BBS」  へ書き込み下さい

***************************************
  1. 2007/02/22(木) 21:31:05|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~Part 4

温泉津焼窯元での散財です。

まずは(有)椿窯。弟さんの窯です。
展示会が終わったばかりとの事で、品数は少なめ。
色合が気に入ったコーヒーカップを購入。

IMGP0608.jpg

品数が少なかったのが幸いし、サラッと流せてホッとしました(笑)。

さて、お兄さんの方の椿窯。こちらは大変でした。

IMGP0237.jpg

辰砂のコーヒーカップは一目惚れ。6,000円という、まぁ手頃な値段が付いていたので購入。

IMGP0604.jpg

妻が気に入ったのが、角皿。

IMGP0598.jpg

これ、辰砂が飛んでしまった失敗作でお手頃価格となっていたのです。流石に主婦は堅い。成功作は35,000円でした。こちらは・・・・・想像にお任せします。

問題作はこちら。練り上げという技法を用いた作品です。種類の違う2種類の土を、交互に何重にも重ねて(パイのシートを重ねる姿を想像すると分かり易いかな)鋭利な刃物で縦に切った時の断面を繋ぎ合わせて作ったものです。もう創造ですね。

IMGP0226.jpg

このコーヒーカップを見て、その場に釘付けになってしまいました。こんな陶器は初めてです。すぐに購入を決めようとしましたが、値段を見ると40,000円!
アルファGTの前後のブレーキパッドが買えます。
既に100客を超えている私のコレクションですが、今迄最も高かったコーヒー碗は28,000円です。これを買えば一気に記録更新。
真剣に悩みました・・・・・が、なんといっても妻の醸し出す冷やかな雰囲気と冷めた視線が決め手となり、断念。独身時代であったら間違いなく購入していましたね。

しかしながら、この練り上げの作品は何でも良いから持ち帰りたかったので、妥協案として写真の湯飲みと小皿(コースターとしても使える)を購入しました。

IMGP0621.jpg

この3点でも20,000円です。
コーヒーカップではありませんが、造り付けのcupboardに収納して飾りたいと思います。
結局、椿窯では上記のコーヒー碗や角皿を合わせると、結構いい値段の買い物となりました。

ただ、いつもの事ですがデパートや小売店でなく窯元で直接購入すると、陶器について色々な話が聞けるし、値段も卸値で購入でき、さらに勉強してくれます。椿窯でも値段はもちろん、展示場においてある呉須釉の立派な湯飲を頂きました。やはり窯の作品を頂くのが一番嬉しいですね。遥々来た甲斐があります。
ありがとうございました。



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板  「New Stomach Project BBS」  へ書き込み下さい

***************************************
  1. 2007/02/21(水) 22:00:22|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~Part 3

IMGP0240.jpg

2日目は、陰鬱な冬の山陰の海を見ながら、小ぢんまりとした温泉地である温泉津(ゆのつ)へ向かいました。
島根は温泉も有名ですが、玉造温泉のようなメジャーで人も多い観光地化した温泉地は避けました。
知る人ぞ知る隠れた名湯・温泉津が好みです。

IMGP0144.jpg

ここも再訪ですが、もちろん窯元も数件あり、そのうちの一つ、松渓山窯では登り窯での作陶を行っています。前回はコーヒーカップを購入後、御主人が登り窯を案内して下さり、今回も楽しみにしていました。

温泉津には、やきもの会館という温泉津焼の全貌(大袈裟ですね)が解る施設があります。
シンボル化した登り窯もあり、イベントとして年一回火を入れ焼くそうです。

IMGP0124.jpg

正直言ってシンボル化し生活臭のない登り窯をみても、何の感慨も湧きません。しかし館内に入って愕然としました。
なんと、松渓山窯の御主人の遺作展が催されていたのです。

スタッフの方に聞くと、後を継ぐ人もおらず、窯を閉じてしまったとの事。
ショックでした。ただ、残った作品を展示・販売しているそうなので、向かってみました。
恐らくは奥様と思われる方に対応して頂いたのですが、残念ながら作品を購入する事無く窯を後にしました。

IMGP0140.jpg

6年前に案内して頂いた登り窯・・・・・・・草に覆われ、あまりにも悲しい姿でした。

この後、椿窯、(有)椿窯という2つの窯元(兄弟で別々の窯を開いているのです)でコーヒーカップや、その他諸々散財してしまいました。これについては後日アップします。

夕方にもなれば、この地ではする事がありません。16時過ぎには適当な旅館に入りました。

IMGP0198.jpg

温泉津のひなびた町並みです。人も少なく、私の泊まった旅館(といってもこぢんまりした建物です)はオフ・シーズンということもあり宿泊者は我々だけでした。
温泉も内湯ですが、もちろん貸し切り状態です。この濁った温泉、見た目も匂いも素晴らしい。いかにも薬湯といった感じで、私の好みなのです。

IMGP0174.jpg

泉源とかには疎い私ですが、関東にもこのような濁った泉質の温泉地があるのでしょうか?
どなたか教えて下さい(笑)。

新鮮な魚が盛られた久々の部屋食を十分堪能し、何度も湯に浸かり疲れを癒しました。



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板  「New Stomach Project BBS」  へ書き込み下さい

***************************************

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/20(火) 21:23:05|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~Part 2

12時間掛かって島根県に到着しました。途中、妻が200kmほど運転を代わってくれたので大分楽でした。私は主な観光スポットは訪問済みでしたが、彼女は初めての山陰でしたので、通り一辺倒の観光を予定していました。

IMGP0080.jpg

始めは松江城お堀巡りです。写真の舟でお堀を廻るのですが、途中掛かっている橋下を潜る為に屋根が下がり、乗船者が頭を下げなければなりません。折角ここまで来たので、経験してもらっても良いかと・・・・・

IMGP0076a.jpg

前回乗った時との違いは、コタツが用意されている事でした。
確かに寒い。

この後は宍道湖を右手に見ながら、最初の窯元へ向かいます。その名は出西窯

IMGP0089.jpg

前回、ここのエッグベーカーを購入しようと思っていたのですが、油断をした隙に売切れてしまった苦い思い出があります。
一抹の不安を抱かえて到着し展示場を物色すると、ありました!
6年間、写真で思い返しては悔やんだブツをついにGET。

IMGP0576.jpg

「こんなもののドコがいいのだ?」 と思われるでしょうが、同じに見えても、釉薬の掛かり方や焼け具合が一つ一つ異なり、同一のモノは存在しない陶器の世界は奥が深く、一眼レフカメラのレンズ選びと同じで嵌るとなかなか抜け出せないのです(スーパーなどで売っている汎用品は別ですが)。

轆轤(ろくろ)を用いたり、手びねりで整形し、釉薬を掛けて登り窯で3,4日ぶっ通しで(交代で薪をくべる)焼き続けた末の作品は、作陶家と土の温もりを感じさせてくれます。

全国共通ですが、最近は環境問題から、登り窯で陶器を作る窯元がほとんど無くなってきました。専らガスや電気窯が主流です。
全国の窯元を廻っていますが、ガスや電気窯では焼け具合が表現できず登り窯に拘っている作陶家の作品は、ついつい手にとり購入してしまいます。
出西窯にも現役の登り窯があるのです。

IMGP0115.jpg

IMGP0096.jpg

周辺の住民の理解があって、年3~4回ほど火をいれて焼くそうです。
これを見てしまうと、衝動買いが発病(笑)してしまうのですが、今回はグッと堪えました。
この日はここまで。ホテル近くの焼鳥屋でささやかな祝杯を挙げました。


***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板 「New Stomach Project BBS」 へ書き込み下さい

***************************************

  1. 2007/02/19(月) 21:21:21|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

激走1800km! 山陰窯元巡り by MINI ~part 1

IMGP0048.jpg

昨年は中々休みが取得できず、年末年始も出勤でしたので、先月末に休暇を取り正味4日間、山陰へ旅行してきました。

自分で言うのも変ですが、私の数多い(笑)趣味の一つに全国窯元巡り~陶器購入という、車好きには珍しい趣味を持っています。
ARTな世界は大抵コストが掛かるのですが、こちらもキリがありません。
今回の山陰旅行は、この窯元巡りが主体でした。
極めて趣味性の強い内容なので、適当に読み飛ばしてください(笑)。

山陰は6年前にも行きました。勿論窯元巡り+観光ですが、その時は、収集しているコーヒー碗を数客と、エッグ ベーカーというシロモノ(あちらでは有名なんです)しか購入できませんでした。
そのエッグ ベーカーも2種類別々の窯元で購入しようと思っていたのですが、1つしかGETできず、悔いを残したままになっていました。

山陰の窯元は、かつてバーナード・リーチというイギリス人陶芸家が1950年代に島根県に滞在し、その技法を伝承した事から、陶器としては珍しく英国調の趣があります。
所謂、備前焼や信楽焼といった日本六古窯と呼ばれる窯元などと比べては伝統や重みがありませんが、この趣が私の琴線に触れ、再訪したいと思い続けてきたのです。

例年この時期の山陰は、積雪により観光には不向きです。しかし今年の異常気象の恩恵(?)から車でのアクセス可能と判断し、無理を承知で計画しました。まぁ、往復1800kmも走るんですから車好きでなければ考えられませんね。

納車が間に合えばアルファGTで行きたかったのですが、タッチの差でアウトだった為、BMW MINIで出発しました。
パジェロ ミニであれば、この企画は成り立たなかったのですが、準ファースト・カーの位置づけであるMINIであればこそ、の旅行で、土曜の夜に横浜を発ちました。



***************************************

焼津 さかな オフ

平成19年3月11日(日)

現在の参加予定 : 6組

連絡や参加表明は、掲示板 「New Stomach Project BBS」 へ書き込み下さい

***************************************
  1. 2007/02/18(日) 13:50:43|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“焼津 さかな オフ”

「New Stomach Project」と称しての “焼津 さかな オフ” ですが

開催日は 3月11日(日) で決定しました。

現在の参加予定者は、RYUJIさん、こすーぎさん、メディチさん、ぱんぱんさん、さすらい野郎さん(表明順)と私の6人(組)です。
今後、オフ会のコミュニケーションをとり易くする為、「New Stomach Project」 として専用掲示板を立ち上げました。
連絡事項や参加表明は、こちらでお願いします(私は毎日チェックします)。

まだ3週間以上ありますので、少しずつ詳細を詰めて行きたいと思います。
その間に1回オフ会が出来ますね(笑)。
新規参加表明もお待ちしています。

  1. 2007/02/17(土) 21:39:44|
  2. The Stomach
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「 New Stomach Project 」

以前、「Stomach Project」 という、欧州車で美味いものを求めてドライブするオフ会に参加していました。所謂、車のオフ会の様にモデファイのお披露目的な集まりでは無く、純粋に食事とドライブを楽しむ事を目的とした集合体でした。

秩父の山奥でやっているソバ屋へ行ったら、ちょうどTVの取材があり、恥ずかしくもTV初出演を果たした事など、思い出深い集まりだったのですが、残念ながら自然消滅してしまいました。
私自身も、3年間インターネット上でのコミュニケーションを止めていたのですが、いつかは自分で復活させたいと考えていました。

そこで今回、同じ趣旨のオフ会を暫定的にやってみようと思います。

テーマは “ 焼津 さかな オフ ”

 ・日本一の漁獲量を誇る焼津で新鮮な魚介類を食す(さかなセンター等)
 ・食後のデザートもさかなと静岡名産に因んだ一品(地元では有名らしい)
 ・タイミングを見計らって、大井川鉄道のSLを鑑賞
 ・余力があれば夜食もアリ


開催予定日は 3月4日(日)


どれだけの方が賛同されるかは分かりませんが、とりあえず都合をコメントして頂ければ助かります。他の日の要望が多ければ調整したいと思います。
また、今迄ROMオンリーの方も手を挙げてもらうと嬉しいですね。
私が旧「Stomach Project」に初参加したのも、たまたまヤフーで検索した事柄に引っ掛かり、行き当たりバッタリでコメントした事が始まりでした。

アルファのオフ会ではありませんので、参加車種は拘りません。逆にアルファばかりだと趣旨に反してしまいますし、車好き・ドライブ好き同士であれば会話も弾むと思います。

休日なので、ご家族一緒でも構いませんし、彼女や彼氏(!)と一緒でももちろんOKです。
ワイガヤで楽しみたいと思います・・・・・・・
  1. 2007/02/14(水) 21:21:21|
  2. The Stomach
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ランデヴー走行

20070211221816.jpg

アルファGTとBMW MINIが同一ファインダーに納まる事は、本人がその気にならない限り当分無いと思っていました。
しかし、その日があっさり来ました。MINIのシートがスライドしない為、ディーラーに持って行く事になったのです。

生憎の曇天でしたが、預ける前に何枚か写真を撮りました。

20070211221835.jpg

20070211221848.jpg

こうして見ると対照的なルックスです。
変な表現ですが、お互い切磋琢磨しつつ共存すれば、飽きる事無く長く乗れるような気がします。

ディーラーではMINIの認定中古車が数多く展示してありました。
どの色も所有したくなるのがMINIの不思議なところです。
RYUJIさん、一匹釣りませんか?(笑)

20070211221910.jpg

20070211221924.jpg

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/11(日) 22:42:32|
  2. アルファGT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

再発進。。。

20070211223929.jpg

このブログの最初の書き出しは、昨年6月18日でタイトルは “発進。。。” 、写真は下の一枚でした。

20060923223853.jpg

この時は既にロッソGTは手元に無く、ディーラー工場へ1500km点検で預けている状態で、もちろん新車に変わるなどとは全く思っていませんでした。

昨年9月迄の辛く苦い思いをディーラー所長が理解してくれた事により、今こうして再発進する事が出来ました。
オンライン上で今までの経緯を改めて記載するつもりは毛頭ありませんが、新車として復活させて頂いた所長には感謝の意を表したいと思います。

20070211223941.jpg

9年間、慣れ親しんだアルファ純血V6エンジンとの新しい付き合いが始まりました。
もう新車で手に入れることはできません。長く付き合っていきます・・・・・

20070211223950.jpg

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/04(日) 23:03:49|
  2. アルファGT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

我家に来た歴代アルファロメオ

4年6ヶ月
155.jpg


3年6ヶ月
20070201203103.jpg


8ヶ月
GT.jpg


1.5ヶ月
20070201203121.jpg


2.5ヶ月
20070201203133.jpg


1ヶ月
20070201203142.jpg



そして今日、来ました。
アルファ純血V6エンジンを搭載した最後のGT 3.2 ハラマ・ブラック

まだ運転していません。
撮影していません。
明日、ロッソ3.2GT納車以来、1年2ヶ月ぶりに再発進します・・・・・


 

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/01(木) 20:53:23|
  2. アルファロメオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード