造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

ちょっと嬉しい出来事

IMG_1566.jpg

手前のモノは何だかお分かりになりますか?
仕事で常に身につけているモノです。

“レーザーポインター” 

先日、使っていたレーザーポインターが故障してしまいました。
事務担当に代替品の手配を頼んであったのですが、届いたのは写真のように10cmという小振りで掌にもスッポリ納まり、尚かつカーボン・メタルのカッコいいモノでした。
事務担当君は、数多くある種類の中から私にピッタリの(笑)ブツを選んでくれたのです。GOOD JOB!!

以前のタイプは樹脂製で大きく、見栄えや携帯性が悪かったのですが、代替により好感度アップといったところです。
業務で使用するモノなので、外観にこだわる必要も無いのですが、結果的には “こだわりの一品(逸品とまではいきません)” となりました。
これで気分一新かつ業務の効率化が図れれば最高なんですけどね(笑)。
仕事は相変わらずです。

それでも常用するアイテムがおニューになると、何気に嬉しかったりします・・・・・


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/09/30(日) 11:58:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チケットの歴史

IMGP5464.jpg


捜し物をしていたら、本棚の引き出しから昔のコンサート・チケットが出てきました。
記念に・・・・・と思って保管していたものです。

昔はチケット購入も、招聘する音楽事務所やプレイガイドに朝早くから並ぶという、体力勝負というか、努力が素直に報われる販売方法でした。
その後は郵送による申込み・チケット発送などを経て、電話予約~コンピュータ端末からの発券となりましたね。

残念ながら、販売方法の変化に伴い、チケットそのものも姿を変えてきました。
かつては記念として保存に値する、一目見て “ソレ” とわかるものでしたが
今ではプリンター用紙から発券される、全く味気ない代物となってしまいました。

TOPの写真は私が最初に行った1978年の “先生” のコンサート。武道館でした。
ウソみたいですが、2年後も来日。
S席で3800円・・・・・時代を感じさせてくれますね(笑)。

昔は外タレといえば “日本武道館” でした。

IMGP5467.jpg


イギリスではゲテモノ扱い、日本ではルックスから女の子のアイドルと、その音楽性が当初は全く正当に評価されなかった “JAPAN”。
「FANTASY」 が大ヒットし、人気最高潮で来日した “EW&F”。
「52nd STREET」 「GLASS HOUSE」を引っさげ絶好調の“BILLY JOEL” 
「DON’T LOOK BACK」だけを聴きたくて行った “BOSTON” 等々


IMGP5462.jpg


初の郵送申込みで、なんと武道館アリーナ・センター前から2番目という信じられない快挙となった “FLEETWOOD MAC” ~感動して当日券で神奈川県民ホールも行ってしまった。


邦楽も負けてはいません。

IMGP5473.jpg


チケットを見ても行った事を思い出せない(笑)、唯一のミュージシャンとなった “YMO”
「BLUE LAGOON」 の大ヒットで一躍有名になった “高中 正義”。
今みたいに綺麗な音でなくロック寄りの時代だった “井上 陽水”。
知る人ぞ知るギタリスト・・・・・チケットもそれなりにショボい “森園 勝敏”。
チケットが全く売れず、専門学校や予備校の前でタダでチケットをばらまいていた “ハウンド ドッグ” 。



プリンター用紙から発券される、味気ないチケットではファンが気の毒・・・と思ったかどうかは分かりませんが(笑)、コンサート会場で記念チケットを製作し全員に配布するという粋な計らいをしてくれた音楽事務所もありました。

IMGP5468.jpg


観客席に設けたリングの中で名曲 「PANAMA」 を歌ったり、空中をサーフボードに乗ってステージに戻ったりと、最高のパフォーマンスを演じてくれた、元 “VAN HALEN” のヴォーカリスト “DAVID LEE ROTH”。
それと、お馴染みの永ちゃんこと “矢沢 永吉” ~永ちゃんもよく行きました。
“山下 達郎” にも随分通いましたが、チケットの最後はこのパターンでした。


他にもパンク(死語)のSTRANGLERSやコルゲン鈴木のPLAYERS&日野テル、八神純子等々・・・・・
心残りは、記念すべきストーンズの初来日公演チケット。この時は来日そのものが社会現象としてテレビ・新聞等で随分騒がれました。
このような記念すべきコンサートは、それなりのデザインが施されたチケットにして欲しかったですね。

こうしてチケットを見ると、コンサートそのものを思い出すことが出来ます。
その意味では、コンピュータ端末から発券されたチケットも残しておけば良かったなぁ~と思いますね。
昔のオリジナル・チケット時代より、遙かに多くのコンサートに行っている訳ですから、思い出すのはとても困難なのです・・・・・


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/26(水) 22:40:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

旅のスタイル

usi_to_bebe[1]


仲間と旅について語り合っていると、自分も歳をとったな・・・・・と感じます(実際、いい歳なのですけどね)。
会社を休めなくなったとか体力的な事はもちろんですが、何よりも寂しいのは、気力の衰えです。

今、行きたい所はケニア・タンザニアとインド。
もしかしたら来年行けるかもしれませんけど。確率10%位かな・・・・・

15年前でしたら、ダッフルバッグを背負って一人で廻っていたでしょう。でも、今では残念ながら遂行する自信がありません。
発展途上国や治安のあまり良くない地域で、相方を連れてローカルバスに乗ったり、夜間に宿探しをする勇気と気力がないのです。
これらの国々へ旅行するには、もうツアーに参加せざるを得ないのでしょう。

かつてネパールを旅行していたとき、隣国のインドから入国してくる旅人も多く、彼らは決まって “ネパールに入るとホッとする” と言っていました。
彼らと話をしていて、私は “いつかはインドを廻りたい” と思い続けていたのです。
残念ながら彼らが体験したような、精神的にキツく濃厚で、右脳を刺激するようなインド旅行は、もう出来そうもありません。
ケニアしかり、タンザニアしかり・・・・・


旅って、各々自分のスタイルがあると思います。
私の場合は、何でも自分でやるという事と、極力陸路で移動する・・・・・移動そのものを旅にする、という事でした。好きであり、鉄則であり、当たり前の事でした。
悲しいかな、年齢に応じて旅のスタイルも変わるという事なのでしょうか・・・・・


自分には縁がない3連休が続く9、10月・・・・・どうも内省的な記事になってしまいました(笑)。


  1. 2007/09/24(月) 22:35:46|
  2.   旅行・ツーリング雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コルビュジェ展の記念品

IMGP5478.jpg


コルビュジェ展に行った記念に、館内のSHOPで一冊の雑誌を求めました。
勿論コルビュジェ特集の雑誌なのですが、数ある単行本や雑誌の中からコレをチョイスした決定的な理由は、付加価値である他の記事でした。

コルビュジェ特集に因んで、デザイン関連の記事が目立つのですが、その一つに
海外4カ国の名門デザイン学校の教授たちが、各々デザインが優れていると思った車を選んで掲載するという、なかなか面白いテーマがあったのです。
性能を無視し、外観ONLYで選択すると、どの様な車が選ばれるのか興味津々でページをめくってみました。

お目当ての記事に行き着いて、思わず “アッ・・・” と声を上げてしまいました。
TOPページにデカデカと掲載されていたのは、なんとアルファGT!

IMGP5480.jpg


更にページを1枚めくると、そこには1ページを割いてBMW MINIの姿が!!

IMGP5482.jpg


手前味噌で恐縮ですが、選択は間違っていなかったんだな~と
自分で自分を褒めてしまいました(笑)。

その他では、アストンマーティンDB9、V8バンテージ、アウディA8、ロータス・エクシージ、レクサスGS、トヨタ・ヴィッツ、プリウス、マツダ・アクセラが掲載されていました。

それにしても、いい本に出会いました。
お目当てのコルビュジェの雑誌を求めて、さらに愛車2台がしっかり記事になっているなんて最高です(笑)。
久々のスマッシュ・ヒットでした。

IMGP5487.jpg


テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/19(水) 23:27:34|
  2. アルファGT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ル・コルビュジェ展で感じた事

IMG_0489.jpg


遅ればせながら、昨日コルビュジェ展に行ってきました。
実は早々に招待券をGETしていたのですが、逆にいつでも行けると思うと腰が重くなり、結局最終日の一週間前の見学となってしまいました。

なるべくゆっくり鑑賞したいと思い、17時過ぎに入館しましたが、入口カウンターはチケット購入者の長蛇の列! 幸いチケットを持っていたから良かったのですが、日曜のこんな時間なのにビックリです・・・・・が、よく考えてみると、暦では翌日も休日。出勤の私はすっかり忘れていました(笑)。

さて、コルビュジェ展。内容は、検索すれば多くのブロガーの感想を目にする事が出来ると思います。
代表作しか知識が無かった私がググッと来たのは3点。

① 計画が実現しなかったプロジェクトの展示がされていた事。コルビュジェが提案した都市計画はもちろんの事、一番感銘を受けたのはソヴィエト・パレスのコンペ。CGで再現されたDVD映像が流されていましたが、これは必見ですね。凄いプロジェクトです。
実現していれば、この施設を見に行くこと自体が旅行になると思わせるほどです。もちろん個人的な感想ですが・・・・・

② やはりマルセイユのユニテの実寸模型。なにが驚いたって、階段です。2階に上り始めて “えっ・・・” という感じです。日本の集合住宅で住戸内に階段があることは稀だと思いますが、老若男女、誰が上っても何も違和感を感じない階段だと思います。こんなに人にやさしい階段は、なかなかお目にかかれませんね。プラン上・デザイン上無理をした我家の階段などとは比べものになりません。逆に普段の生活で無理がある所なので、そう感じたのでしょうか・・・・・
余談ですが、この住戸は今の私の様に、夜勤をする人には向きません。吹き抜けに面したベッドルームなので、昼間に寝るのがとても困難です。ブラインドは付きますけどね(笑)。

③ 壮大なプロジェクトを計画する巨匠が設計した、もっともミニマムなスペースであり、なおかつ人間工学が凝縮されていると言ってもいいようなカップ・マルタンの休暇小屋。
マルセイユのユニテと同時期にこの建物(小屋)を計画したという点と、奥方に贈り、かつ休暇で一緒に過ごしたこの小屋で人生の最後を迎えた事が、うまく表現できないのですが、コルビュジェの “人生の末路” として本当に感銘を受けました。こちらも実寸模型で体感できますが、本当に生活に必要な最小限のスペースです。

コルビュジェ展、結局鑑賞し終わった時は21時を廻っていました。恐らく各所で流されているDVD画像などを全て見て廻ると4時間は掛ると思います。入場料からすれば、実に内容の濃い展示会だと思います。私が帰るときにも沢山の人が入場していましたが、22時までにどれだけ廻れるのか・・・やはり遅くとも18時には入館される事を強くオススメしておきます。

あと一週間で終わりですけど・・・・・

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/17(月) 21:39:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

ジョー・ザヴィヌルの存在

IMGP5450.jpg


ジョー・ザヴィヌルが逝去しました。
享年75歳・・・・・もうそんなに歳を重ねていたのか、というのが正直な気持ちです。

ウェザー・リポートのメンバーとして来日し、芝・郵便貯金会館(今のメルパルク)でのコンサートに行ったのが、今からもう27年も前の事なのです。あの頃は私もピチピチの高校生・青春真っ盛りと言ったところでしたが、流石にウェザー・リポートのコンサートに行く友人はいませんでした。

リトナーやカールトン、高中正義など、所謂フュージョンが台頭を現わし始めた時代でしたが、ギターレスでジャズ寄りのウェザー・リポートの音楽は高校生向けとは言えませんでした。
私は、彼らのライブ盤 「8:30」 でジャコ・パスのプレイに刺激され、来日コンサートに足を運んだのです。

あのコンサート・・・・・ピーター・アースキンのグイグイ迫るドラミングに応えて、ザヴィヌルとジャコ・パス、ウェイン・ショーターのインプロヴィゼーションの応酬は、ギターレスでも音楽として人を惹き付けることが出来ると言う事を、若造の私でも十分理解できるほど素晴らしいものであり、帰宅してからもしばらくは 「8:30」 ばかり聴いていたと記憶しています(それでも、ナンチャッテ・ギタリストは続けましたが・・・・・笑)。

その後ザヴィヌルのソロ・アルバムなども購入しましたが、残念ながら最近は、CDプレーヤーに彼らのソースが載る事はありませんでした。

今、思い出したかのように 「8:30」 を聴いています。
でも、今改めて聴いてみると、決して人にお薦めできるCDではありませんね。
楽器をやっていない人にとっては、恐らく退屈以外何物でもありません。
妻曰く “この中国音楽(?)みたいのは何?” 
ライブでの4人の応酬は凄かったのですけどね。

亡くなる事により存在を思い出すのも、個人的には悲しいというか、虚しいというか・・・・・

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/16(日) 13:03:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短期在任期間

IMG_0354.jpg


先日、ミニ・コンバーチブルの2年点検でディーラーへ出した際、バンパーをぶつけられた記事を書きましたが、修理までの間、代車が我家に来ました。
僅か5日間という、どこかの国の首相のような短期在任期間でしたが、しっかり楽しむ事ができました・・・・・というより精神的リフレッシュと言った方が良いかも知れません。

なぜかと言うと、代車もミニ・コンバーチブルだったからなのです(笑)。

IMG_0347.JPG2.jpg


ウチの場合、アルファGTとのコンビなので、コンバーチブルでない一般の屋根付ミニは私の眼中にはありません。
その意味では、ディーラーが私に宛がった代車は的を得ていると思います。

それにしても、この一年間、我家のガレージに納まった車の台数は尋常ではありません。
アルファGT(ロッソ)、パジェロ・ミニ、アルファ147GTA、アルファ156リネアロッサ、アルファ159、アルファGT(ネロ)、BMWミニ(オレンジ)、BMWミニ(ブルー)・・・・・ウチの近所の方々は、きっと私の職業を車関係~下手をすると車を転がす中古車ブローカーなんかだと思っているかもしれません(笑)。
一応、全車種について記事を書いていますので、お暇な方はブログ・カテゴリーから車関係を覗いて見て下さい(笑)。

さて、代車は同じミニ・コンバーチブルでも仕様はかなり異なります。
まずAT車であるという事。

使用期間が短かった為、走行は街中オンリーでしたが、やはり街中はAT車が楽ですね。久々のAT車でしたが、ミニの大きさで、市街地をちょこまか走るにはピッタリかと思います。
MINIの次はやはりAT車かな~~~一応メインの運転手は妻なので・・・・・

IMG_0340.JPG2.jpg

エンジンは、スーパーチャージャーが付いているマイカーの “クーパーS” と違い、標準仕様のエンジンの “クーパー” です。
ATとの相性は良く、街中を走るのにストレスは全く感じないどころか、かなり活発に走ります。高回転はダメですね・・・これは “クーパーS” にも言えるのですけどね。

あとの大きな違いは色ですね。
色はこの車のキャラクターからして、非常に重要な要素です。
代車は綺麗なブルー。ちょっとクールな感じで、なかなかです。
これは、もう完全な好みの問題ですね。オープンでのシーサイド・ドライブなんかでは、やはりオレンジに軍配が上がりそうですが、夜の夕涼みドライブでは、切れ味のあるブルーも捨てがたい。

IMGP0867.jpg


IMG_0350.jpg

BMW MINIを選ぶのに一番迷うのは色だと思います。
とにかくバリエーションが多いし、どの色も個性的で映えると思います。
新車で買うときは難しい選択ですね・・・・・

テーマ:オープンカー - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/13(木) 19:19:13|
  2. ミニ コンバーチブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2年3ヶ月ぶりの筋肉痛

IMGP5426.jpg


昨日、2年3ヶ月ぶりにゴルフをやりました。2日後でなく翌日の今日、体の節々が痛いという事は、まだまだ肉体的な若さをなんとか保っていると言ってもよいのでしょうか(笑)。

大して好きでもないゴルフですが、今回は業務上及び立場上、出席せざるを得ないコンペでして、体にムチを打って4時起床・5時出発ではるばる千葉の柏へ向かったわけです。

出場が決まってからは、妻に頼んでシューズとグローブを天日干ししました。どちらも酷いカビ。どうせ次回のプレイも数年先でしょうから(笑)、買い直す気もありませんでした。
更に出発前夜に、何気にクラブを抜いてみると、グリップもカビで真っ白!
グローブとシューズは状態を想定していましたが、クラブまでは気が廻りませんでした。プレイする前から気が重くなります。

これだけ長くブランクがあるので、当然アルファGTにゴルフバッグを載せるのは初めてでした。
最初は斜にして載せようとしましたが、入りません。助手席の載せるかと思いきや、後部座席が倒れる事を思い出し、無事積載完了です。
恐らく3セットは載せられるでしょう。改めてGTのユーティリティの良さに驚きました。スタイリングを犠牲にしない、こんな2ドアクーペも珍しいですね。

さて、ゴルフです。
転勤で九州に居た時は、料金の安さや居住地から極めて近い事などのお陰で、コースをかなり廻りました。
しかしこちらに戻ってからは条件が全て悪化したため、やる気が全く失せてしまい、今回は2年3ヶ月、その前は丸3年のブランクという、ほとんど初心者と言ってもよい程の係わりとなってしまいました。
関心が無くなった理由は、もう一つあります。

練習しても、ちっとも上手くならないのです(笑)。
いくらやってもスコアが伸びないので、向上心が無くなったのですね。
但し、体がゴルフの基本を覚えているので、スコアは他人に迷惑をかけないレベルを保っています。

いくら練習しても、3年もクラブを握ってなかろうとも、スコアは常に100±5なんですね。このような状態になってくると、良いスコアで廻ろうなどという意気込みなど全くありません。
今回も49・52の、トータル101というスコアでした。

私にとってゴルフは、はっきり言ってコミュニケーションの手段でしかありませんね(笑)。

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/11(火) 00:26:26|
  2. アルファGT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Oh! No!

P9050021.jpg


MINIを2年目点検に出しました。サービス・フリーウェイという3年間無料のメンテナンス・プログラムに入っていたので、当然無料です。

ディーラーに出して2日目、営業担当者から電話があり、なんと私のMINIをぶつけた(!)との事。バンパーを損傷したので交換すると言う・・・・・
アルファGTが落ち着いたと思っていたら、今度はMINIです。
本当にツイていない・・・・・日頃の行いがそんなに悪いとは思っていませんが(苦笑)。

写真の通り、キズは大した事が無いようですが、よく見るとバンパーが完全にずれて外れています。
“事故車にはならない” と言われても、ショックですね。
まぁ、隠蔽せず正直に話してくれたので、昨今話題のコンプライアンス遵守の点では合格なのでしょうけど、それでもね・・・・・

結局、長引きそうなので代車が支給される事になりました。
本当にツイていないです・・・・・

テーマ:ニューミニ - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/09(日) 00:46:17|
  2. ミニ コンバーチブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

珈琲の季節

IMGP5400.jpg


不思議なもので、夜勤明けだと気持が昂ぶり、ブログの更新意欲も旺盛になります(笑)。

ここに来て、やっと過ごしやすくなってきましたね。我家でもエアコン稼働率がだいぶ下がってきました。
家で飲むコーヒーもアイスティに押され気味で、豆の消費もゆるやかな下降曲線を辿っていましたが、やっと珈琲の季節到来です。

そんな折、コーヒーの生豆が切れたので新しい生豆をオーダーしました。今回はケニアとバリの豆です。
どちらも初めてですが、入荷したてとの事でしたので、鮮度で選んでみました。
これから焙煎しますが、どちらも楽しみ。

最近、ザッセンハウスのミルを探しているのですが、もはや店で見つける事は困難ですね。もうオークションしかありません。リビングにでも飾っておいて、今愛用しているミルがくたびれたら交換しようと思っているのですが・・・・・

オークションでは、こういったインテリア・グッズとしてアンティーク・ミルも結構多く出品されています。
所謂アンティーク “風” でなく、長年使われてきた物なので趣があります。
これからミル・コレクションでも始めようかな・・・・・

さて、冒頭の写真です。ブログの記事の為にわざわざ麻袋から生豆をばら撒いているのではありません。麻袋に詰め替えている最中に、派手にテーブルにぶちまけてしまったのです(笑)。
戻す際にひらめいて撮ったのですが、おかげさまで、どこかの喫茶店のHPみたいな雰囲気のある写真になりました。。。

IMGP5391.jpg

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/04(火) 10:23:13|
  2. Coffee・陶器・Tableware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

福島へ・・・・・Part 6

IMGP5155.jpg


たった1泊2日の旅行をネタに、延々とブログを書いてきましたが、もうネタ切れです(笑)。

夕暮れが迫り、猪苗代湖で腹ごしらえして帰ろうと五色沼を後にGTを走らせていると、いきなり妻が “あった!” と・・・・・
何かと思いきや、ついに念願の道端フルーツ直売店が!(笑)

IMGP5297.jpg


もう、これがすごい。試食して美味い、安いのは言うまでもないのですが、清算(といっても2千円弱ですが・・・)すると “これ、持って行って下さい” と、ビニール袋に詰めた桃(6個も入っていました)まで差し出してくれます。ウソみたいです。本当にありがたい~物産展で買わなくて良かったです。

特筆すべきは、枝豆(笑)。豆がヒョウタンみたいにくびれてムチムチしていたので、試しに一袋買ってみました。家で早速茹でてみたのですが、これが美味い。こんなに美味い枝豆は初めてです。コリコリした食感が新鮮さを感じさせてくれます。枝豆とビールだけで一食と成りえますね。
恐るべし福島。フルーツだけでなく野菜類も絶品です。もっと買ってくれば良かった・・・・・

猪苗代湖周辺で軽く食事を済ませ、少し散策しました。
黄昏の磐梯山・・・・・

IMGP5308.jpg


同じく猪苗代湖・・・・・

IMGP5315.jpg


走行距離800km・・・・・MINIでの山陰 1,800kmに次ぐ今年2番目の長距離ツーリングでしたが、アルファGTは快調に走ってくれました。

IMGP5331.JPG2.jpg

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/02(日) 23:43:18|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

福島へ・・・・・Part 5

IMGP5240.jpg


磐梯山ゴールドラインが下りになり、やがて桧原湖が見えてきます。手前には裏磐梯猫魔ホテル。名前は何となく薄気味悪いのですが、これがどうして中々立派なホテルです。桧原湖周辺は、この当りに宿を取っても良いな~と思わせる立地ですね。洒落たベーカリーなんかもありました。

五色沼に着くと、午後2時を廻っていました。生憎天気は晴れたり曇ったりですが、五色沼自然探勝路をハイキングすることにしました。文字通り、数多くの沼が様々な色で現れます。快晴だと水の色も違ってくるのでしょうけど、薄日でも色の変化を楽しめます。

IMGP5249.jpg


IMGP5261.jpg


IMGP5267.jpg


IMGP5277.jpg


涼しいお陰もあって、軽いアップダウンも苦になりませんが、それでも若干汗ばんできます。探勝路なんて本当に久しぶりですが、実に気持ち良く歩くことが出来ました。好きとは言え、やはり車の運転ばかりではイカンなぁ・・・・・

往復2時間、いい運動の後は物産館で一服。ここで桃などのフルーツが販売されていたのですが、結構いい値段で(中間マージンも入っているでしょうし・・・)買うのは何となく躊躇してしまいました。ちょっと残念。時間も押し迫り、そろそろ帰路へつかなければいけません。


テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/01(土) 23:50:56|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード