造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

ROAD TO 四国・・・・・砥部~夜の道後温泉

05223_20100529223938.jpg

砥部焼窯元を巡る旅。既に半日ずれ込んでしまった。この日はGW明けの平日という事で閑散として
いました。尤も、休日でも賑わうようなエリアでは無いけど、GW中は四国人気もあり全国の焼物
ファンがそれなりに集まった事でしょう。私達は、ゆっくりと散策する事が出来ました。

05225_20100529223950.jpg

05224_20100529224142.jpg


こちらは生石窯、西山千代子さんの工房。奥のご本人に対応して頂きました。作品は後日ね。

05221_20100529224004.jpg

05222_20100529224012.jpg


そして・・・・・想定内というか案の定というか・・・・・時間切れとなり、明日も砥部焼窯元を
再訪する事に。(笑)
まぁ、メインイベントだし予定は未定の旅だから良いのだけどね。

で、夜の道後温泉本館。さすがに内部も趣がありますね。浴槽自体は大して広くもないけど、何と
いうか老舗の格のような雰囲気を感じます。まぁ明治27年製(笑)だから当たり前か。

05226_20100529224019.jpg

ちなみにGW中は観光客が殺到し、車で来ると館内に入るのに2時間待ち。やっとの思いで入浴も、
まるでイモ洗い状態・・・・・朝のローカルニュースで報道されていました。幸か不幸か休みがズレた
お陰でのんびり浸かる事が出来ましたヨ。

05227_20100529224027.jpg


さぁ、長湯でのぼせた頭を冷やす為、お待ちかねの麦酒館へ! ビール!!ビール!!
ガラガラッと扉を開け、 “2人ね!” と威勢よく店員に声を掛けたら

“ラストオーダーまで、あと15分ですけど・・・・・”

“おい、まだ9時だぞ。観光地とは言え、飲み屋だろ~~~”

とは言いませんでしたが、あまりの夜の早さに愕然としました。
辺りには入りたいと思う店もなく、結局チンチン電車で松山駅近辺に戻るハメに。
愛媛は地鶏が有名だったので、その手の店を見つけて入るも、GWで地鶏を使い切りブロイラーで
さえない食事となったのでした。その割に高かったし・・・・・

明日は気持ちを切り替え、再度砥部で焼物三昧です。
窯元巡りが午前中で終わった香川の金刀比羅宮でも行ってみるか・・・・・讃岐うどんも食べたいしなぁ。
でも明後日の天気が悪ければ祖谷渓を前倒しにしないとなぁ。今回の旅の中では行きたい度はかなり高いし。
ホロ酔い加減で、ベッドに潜り込み、そんな事を考えていたら・・・・・井上陽水。





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/29(土) 22:44:38|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO 四国・・・・・重要文化財・道後温泉

05221_20100524231910.jpg

まだまだ続く四国。さすがにホテルに到着すると一気に睡魔が襲ってきたが、翌朝には体力・気力も回復。
早速ホテルを飛び出し砥部焼窯元へ向けてアルファGTを走らせます。今日は一日ドップリと焼物三昧。
ところが・・・・・

05222_20100524231920.jpg

05223_20100524231927.jpg

愛媛・松山は路面電車が今でも市民の足として君臨しています。その路面に何とSLが走っているのを
目撃。何じゃあれは?・・・・・という事で追跡開始。そして辿り着いたのは松山駅でした。(笑)

05224_20100524231935.jpg

ココが始発みたい。そのSLは“坊ちゃん号”という名で、別料金を払って乗れるらしい。
あ、SLと言っても石炭で走るわけではありません。
SLを理解して再度GTを走らせるも、またまたSLに遭遇。

05225_20100524231942.jpg

松山駅を出たSLなので最後はどこに行くのか気になり、再度追跡。いや、私の場合、こんな事が街を
知る旅なのです。
到着したのは・・・・・

05226_20100524231954.jpg


道後温泉


何と今晩行ってみようと思っていた所。温泉街は夕暮れ~夜の方が雰囲気があるので行く予定にして
いたのだが、思ったより良い街並みだったので急遽GTを駐車場にブっ込み散策する事に。
相変わらず計画性の無い旅です。メインの砥部焼はどうするんだ~?

05227.jpg

土産物店をフラフラと物色しながら道後温泉本館へ。日本最古の温泉。重要文化財。由緒ある、情緒
ある建物です。予定を前倒しして入浴しようかと思ったけど、やはり夜の雰囲気を味わいたかったので
パス。それでも隣に麦酒館という地ビールを出す店を発見したので満足。これで今晩、チンチン電車で
来て、温泉でのぼせて、地ビールで頭を冷やすという最強のメニューを頭に描く事が出来たのです。(笑)
さぁ、これでやっと砥部焼窯元に向けて再出発です。

05228.jpg

あ、人力車で行ったのではありません。もちろんGTで・・・・・




テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/24(月) 23:27:29|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO 四国・・・・・夕陽を追え!

05222.jpg

そろそろ四国ネタも飽きたけど・・・・・

酷道を走るのも飽きて、着いたところは “夕やけこやけライン” 。いいぞ~雲は多いが日没までに
ギリギリ間に合った。夕陽を見ながらのんびりとアルファGTを流す。
そして・・・・・夕陽鑑賞スポットとして選んだのは“下灘駅”。ポスターとか映画とかCMなどにも
登場する有名な駅。 らしい。(笑)

05224.jpg

確かに私達の他にも、鉄ちゃんと見受けられる中年オヤジ(私も同世代だが・・・・・外観的にはそう
言われたくない。爆)と、ソロでツーリングを敢行しているらしきライダー、日没のタイミングを見計
らって到着したカップルで賑わった。と言っても、我々を含め延べ6人だけどね。
いずれにしろ、ひなびた駅で、駅前の煙草屋?も開いた形跡が見られない。蜘蛛の巣が張り巡らされた
店の前で佇んでいると右腕が痛痒くなってきた。
あぁ・・・・・どうもダニか何かに刺されたみたい。ポツポツと赤い粒状に。オイオイ・・・・・

05223.jpg

雲も多く絶品の夕陽とはいかなかったけど、長い長いツーリングのエンディングとしては満足です。
もう24時間近く走りっぱなしだし、36時間寝ていないし。
愛を語り合うカップルにとってもオードブル程度にはなったでしょう。どうせ夕陽よりも、この後の
メインディッシュの事で頭が一杯だろうし。(笑)

05225.jpg


私達も出発。右腕は相変わらず痛痒いが、坊ちゃんの地・松山に宿を求める為、GTを走らせます。
考えてみれば四国ツーリングをブログに記し始めて、既に6回目だけど、これでやっと初日が終わった
のです。(笑)


あぁ、本当によく走ったなぁ・・・・・横浜を出発して香川から高知へ向けて縦断。南下し更に北上
~愛媛・松山に終着。観光しながらだったので、1日にしては走りすぎでした。

05226.jpg


アルファGTも本当によく付き合ってくれます。文字通りGT。いいヤツですヨ。

05221.jpg


それにしても眠くないなぁ・・・・・明日の反動がコワイ。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/22(土) 20:27:29|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO 四国・・・・・国道か酷道か?

05133.jpg

四国ロードを思い出すと・・・・・いやいや、楽しかった。四万十川沿いのツーリング。国道ならぬ
酷道マニアの間でも有名なR441を北上。美しく広大な四万十川。

05135.jpg

それを跨ぐ幾つもの沈下橋。沈下橋って欄干が無いのですよ。
川が増水し水没しても抵抗とならないようにしてあるのです。これが意外と美しい。ココは佐田沈下橋。

05131.jpg

05134_20100516230740.jpg


でも、この四万十川ツーリングで最も楽しかったのは、景色ではないのです。酷道をGTで進める事。
いや、凄いんですよ。本当に。酷道ランク的には こんなレベルですが、素人・・・というか運転する事
が嫌いな人には地獄の責め苦です。行程の半分以上、車1台通るのがやっとの狭道ですが、それなりに
交通量もあるし。この手の道を走ると両極端に分かれると思う。もう絶対に走りたくない、というか
引き返したいという人。それとグイグイペースを上げて、いきなり正面から対向車が出てくる事を快感
と感じる人。もちろん私は後者。マゾと言われても良い(爆)・・・・・

離合(※1)を繰り返しているとタイミングというか危険予知が働き、対向車が現れると快感なんですよ。
大型車なんか来たらもう最高。オヮ~~~キタキタ~~~とかね。(笑)

    (※1)離合とは車がすれ違う事を言う。どうも九州が発端の方言のようで、関東以北の人には
        通じない事も多い。ちなみに私は転勤で九州に6年いました。

酷道441号を進めると、有名な岩間沈下橋が見えました。この辺りは道も広く、車を停めて写真も
撮れます。それなりに気を使うけどね・・・・・酷い写真だけど、奥の狭道をやっと出てきた所。

05132.jpg

05136.jpg

05137.jpg


さて、陽も傾きつつあるが宇和島に宿を求めるのもツマラナイ。もう少し頑張って北上し愛媛県の
通称 “夕やけこやけライン” まで行ってみよう。日没までに着けるかギリギリだけどね。
それにしても眠くない・・・・・(笑)

05138.jpg



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/20(木) 23:49:16|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さよなら ロニー・・・・・

05142.jpg

サラリーマンの私にとって、朝唯一の楽しみは新聞です。
ところが今日は・・・・・
日本の、世界のハードロックファンにとって辛い日となりました。


Ronnie  James  Dio 


昨年末に胃ガンにかかった事を公表していましたが・・・・・御大など、次々と哀悼の声明が発表されています。
下の画像はもう30年以上も前のステージ。ファンにはお馴染みの1977年ミュンヘン。
信じられないのは、60歳を過ぎても、この伸びる声が全く色あせなかった事。


http://www.youtube.com/watch?v=DlIQzYq_Szw


最近は先生の来日ブートとジミヘンがヘビーローテとなっていたのですが、今日は Rainbow 。
オフィシャルでなく、ブートの生声を聴いています。ターゲットは御大ではありません。

05141.jpg



サバスのアイオミでなく、やはり御大とのコンビ復活がロックファンの願望でした。
さよなら、ロニー・・・・・もう御大とプレイする事もありませんね。偉大なバンドだったのに・・・・・





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/19(水) 00:14:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ROAD TO 四国・・・・・Tシャツアート

05123.jpg

四万十川沿いのツーリング前に立ち寄ったのは・・・・・砂浜美術館。
美術館と言っても、ココは室内でなく海辺が展示スペースです。
5月1日から5日まで、Tシャツアート展が開かれていました。

05124.jpg

05126.jpg

05125.jpg


なかなか壮大な眺め。個々のTシャツの柄を見て回るよりは全体の景色を楽しむのが正解かも。
Tシャツを出品した人も来ているでしょう。それなりに賑わっていました。
この風景を見て、あるCDジャケットを思い浮かべる人は、OLD ROCK FAN。

05121.jpg

そう、ウォータースが抜けたギルモア・フロイドの「鬱」。暗い・・・・・

美術館での 「~展」 などに行くと、ついつい記念の土産を購入してしまう。
今回も着心地良さそうで小洒落たデザインのTシャツが売っていたが、値段も高めだったし、これから
控えるメインイベントの砥部焼窯元巡りを考え、ここはグッと堪える。今年は既にイタリア、北陸や
白川郷&五箇山と旅行が続いており、半年経たずして4回目。今回はケチケチ旅行にしようと心に誓って
いたのでした。この時までは・・・・・今後の展開に期待して下さい。(笑)
さぁ、サーファーも見とれるTシャツアートともお別れです。

05127.jpg


時は正午。全然眠くない。完徹しているのに気分はハイテンション。
このまま四万十川を北上しよう。今からなら宇和島をパスして松山まで行けるかもしれない。
うまくいけば有名な夕陽も拝めるぞ。

俄然気合が入り、GTのキーを捻り発進です。

05122.jpg



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/16(日) 22:18:49|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO 四国・・・・・一気に土佐へ

05111.jpg

今日は肌寒かったですね。でも一週間前の四国はず~っと半袖で過ごしました。既に遠い目・・・・・
それでは土佐へ。

で、朝食です。ちょっと早すぎたので川沿いで開催されていた鯉のぼりフェアーで時間つぶし。

05112.jpg

05113.jpg


天気が良かったので土佐・四万十川まで来てしまったけど、雨だったら松山が最初の訪問地だった
のですよ。そうすると多分、砥部で時間を費やし高知は夜。市内の料理屋で食す事になったはず。
その食材は・・・・・

05114.jpg


ここは水揚げ地のすぐ横。本日揚がった鰹です。一番風呂ならぬ一番客の私達の為にオッサンが捌き
始めました。そして藁で炙ってくれます。そう、朝食は鰹の炙り焼き! なんと贅沢な朝食でしょう!!
安いけど。(笑)

ああ、土佐直行で本当に良かった。こうして目の前で炙ってくれ、そのままサーブされるのを食べら
れるなんて、夜の料亭では有り得ません。もう食べる前から胃が騒いでいます。

05115.jpg


美味い。マジで。今回のロードでは間違いなく一番でした。ちなみに二番目は香川のアレ・・・分かり
ますよね。さて。腹も満たされ向かうは四万十川沿いのドライブ・・・・・の前に、晴れたら絶対に
行こうと思っていた所があったのです。5日までだったからギリギリ。本当に晴れてヨカッタ。

それでは・・・・・GTでGO!

05116.jpg







テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/14(金) 22:42:55|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ROAD TO 四国・・・・・遂に入国

05103.jpg

東名・岡崎までの渋滞を抜けると、瀬戸大橋までまっしぐら。渋滞でクスぶっていた分、テンションは高い。
グイグイ飛ばして・・・・・おお~遂に瀬戸大橋です。渡った先のSAで休憩。ここで陽が昇る・・・・・

05104.jpg

05101.jpg


感動の一コマでした。しばし感慨に浸った私でしたが、まだまだ目的地は遠いのです。高知まで高速を飛ばし
その後も下道を延々と走る予定。なんと土佐で朝食を摂る予定です。

05102.jpg


なぜ土佐まで我慢するの? それは次回。 それでは土佐に向けて出発です。

05105.jpg





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/12(水) 22:45:42|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO 四国・・・・・出発

05012.jpg

イタリア旅行中継の途中ですが、ここで四国ツーリングの始まりです。(笑)


このGW、前半は仕事でしたが4日から休みが取れたので唐突に四国ロードに出ました。
例によって無計画な旅行。天気予報を頼りに目的地を決めるという、いつものパターンです。
5日までは晴れそうだったので、一気に高知・四万十川まで行き、体力的に行ける所まで北上する事に。

出発は4日の20時。四万十川までは870kmです。ナビは翌朝10時に到着する表示。高知からは下道
ですが、渋滞がなければ休憩を見込んでも最悪7時には着くでしょう。

05011.jpg


4日はUターンラッシュが見込まれていました。私は勘違いをしていたようです。
Uターン渋滞は下りが酷いという事を・・・・・

東名・岡崎の時点でナビの到着表示は12時を超えていました。そこからは渋滞が解消したので鬼神の走り。
結局、四万十川手前に着いたのは翌朝9時でした。


まぁ、これからチンタラと四国ロード記でも綴ってみます。
イタリア旅行記は当分お預けです。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/10(月) 23:55:55|
  2.   中国・四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月1日・・・・・泣ける・・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=hihC6BmPee8&feature=related



今年もやってきました。5月1日・・・・・もう16年も経つのですね。


カリスマ性を持った人が好きです。他人から真似をされるような人間。自分もそうありたいと思っています。
セナは間違いなくF1界のカリスマでした。今でもF1中継は欠かさず見ていますが、セナに追いつく・・・
追い越すドライバーはいません。今年はシューマッハが復帰して話題になりましたが、彼にしてもセナのような
オーラは感じられません。


私に速く走りたいという欲求を発掘してくれたのは、セナでした。
16年前の、このショッキングな中継をリアルタイムで見た時の辛さ・・・・・今宮氏の号泣・・・・・
今、YouTube で見ても涙が止まりません。

ヨーロッパでは悪童のイメージが強かったセナですが、私にとってはヒーローでした。
スミマセン。今日だけは勘弁・・・ちょっとセンチなハリソンでした。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/01(土) 23:15:08|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード