造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

これもアリなのか・・・・・

1106222.jpg

話は戻って・・・・・吉田のうどんのアフターに飛びます。(笑)
吉田のうどんを食した後は、所用があり中央高速で銀座へ。で、ホコ天に面したMINIのディーラー。
目的があった訳ではないけど、Crossover が展示されてあったので覗いてみた。

1106221.jpg


ウ~ン・・・・・これもアリなのかなぁ。MINIコンバチのオーナーだった立場からすると、このディテール
はミニとは言えない。使い勝手は良さげだけど、この車にそれを求めるのはベクトルが違っている気も
する。ティグアンから乗り換える事は120%無いなぁ。コンバチはもう一度所有したいけどね。
今後、試乗する事も無かろう・・・・・

1106223.jpg


日産ギャラリーはリーフが展示してあったけど、こちらも120%購入する事はないのでスルー。
それにしても銀座は平和。携帯カメラを片手に群がる人々のターゲットは何か・・・・・

1106224.jpg

ネコさまさま・・・・・これもアリなのかなぁ。


テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/28(火) 22:38:36|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空からプランターボックスが降って来る

1106252.jpg

現在、我家のアプローチには仰々しい仮設足場が掛かっています。
2階の大ガラス下に設置したプランターボックスが、なんと落下寸前となっている事に気が付いたのです。
下手をすると頭に直撃の可能性もある位置。この梅雨時期に木造の手直しはしたくなかったけど、晴天を
狙って改修する事にしました。施工の瑕疵期間は過ぎているけど構造的な欠陥なので、無償対応。

施工業者からは色々な意見が出たけど、メインのファサードでもある為、私が納得せず、基本的には同じ
ものを再度製作し固定方法を変更して対応する事に。

1106251.jpg

困ったのは外壁タイル。メーカーに問い合わせたところ、残念ながら既に廃番となっていたのです。
家には内外装に何種類ものタイルを使っており、修繕用にそれなりのストックをしていたけど、プランター
ボックス全てを貼り替えるにはちょっと不足。代替品を使うしかない。やれやれ、困ったものです。

修繕が完了したら、再登場させます。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/06/26(日) 23:00:19|
  2. 住宅・インテリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

さよなら1000円均一 ~ 九谷焼リベンジ編 3

1106214.jpg

先週とは打って変わって、今週末は仕事。更新位は・・・・・という事で、ウンチクをタレた後は金沢市内へ。
兼六園? いえいえ。華麗に(笑)スルーして、周囲にある東山窯

1106213.jpg

ココは古九谷の作品がほとんど。もちろん全て手書の絵付けです。実は前回訪問した時に、散々悩み
迷ったカップがあったのですが、どうしても忘れられず再訪。
あぁ、有った。まずいなぁ・・・・・逝ってしまうかも・・・・・

何より嬉しかったのは、店の主人が私を覚えていてくれた事。ジミーペイジと篠山紀信を足して2で割った
ような風貌の主人(笑)、もちろん私も覚えていましたが

“以前にも、来られましたか?”

と言われた時は驚きました。前回も結構長居した気もするけどね。で、その一言で逝く事に即決しました。
アウトプットは又の機会に。

この後、北山堂や諸江屋など、この道では高尚? なショップでリストアップ。で、陶芸村でチェックした
器と天秤にかけ、やはり九谷陶芸村へ再度突撃。

1106211.jpg

相方から洋食も違和感なく盛り付ける事が出来る皿が欲しいと言われていたが、リクエスト通りの大皿と
揃いの小皿5枚、ガラスとのコラボが美しいビアグラスをGET。他にも古九谷・石畳模様の小皿・・・・・
あぁ、またやってしまった・・・・・

コレクションの珈琲カップは、結局、諸江屋にあった山本長左さんの弟子である女性作家の逸品を購入する
事にしました。道中、思わずこんなショップに気を引かれるのは仕方が無いのか・・・・・

1106212.jpg

珈琲カップは2客とも歴代ベスト5に入る値段。絵付けモノは高い。高速1000円割引も終わるので
気安く窯元巡りも出来ないなぁ・・・・・などと思って臨んだ今回の九谷焼散策、あまりにも気が大きく
なり過ぎてしまった。猛省。トータルだとステンレスのマフラーが楽勝で付いてしまう。
まぁ、私にとっては今更マフラーが付けても仕方がないけどね。ジャンケンで負けた時点で終わっています。

窯元巡りも当分は無いなぁ。残す所は、萬古焼、読谷山焼、無名異焼くらい。
次は南紀ツアーを兼ねて萬古焼かな・・・・・


テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/25(土) 23:55:00|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら1000円均一 ~ 九谷焼リベンジ編 2

04072[1]

金沢市内に行く前にウンチクを・・・・・

九谷焼は器の生地・成形と絵付けは分業。一気通貫の窯元は皆無に等しいのです。従って購入も窯元巡り
でなく卸売店や小売店を巡る事がほとんど。そういう意味では歓び半減かな。もちろん素晴らしい作品を
探す楽しみはあるけどね。

で、九谷焼で器探しをしていると、面白い事に気付く。形は全く同じで絵付けだけが違う器が結構多い。
同じ作家ならまだしも、全く違う著名な作家モノでも、“アレ? 何処かで見かけたなぁ” と言う事が
しばしば見受けられるのです。前回、宮本 晄さんのカップを購入した卸業者のオーナー(実は宮本 晄さん
のお兄さん)と長話をしたのだけど、その時に九谷焼の成り立ちを教えてくれました。
九谷焼で作家と言えば絵付けをする人の事。分業故、色々な作家が絵付けをする為に素地の器を手配する
のだけど、成形を行う窯元は、そのような色々な作家から注文を受けるワケ。だから宮本 晄さんのカップが
宮内庁食器を手掛ける、著名な山本長左さんのカップと全く同じ形であったりするのです。

1106217.jpg

 ※ この手は私のモノではありません(笑)

値段もピンキリ。もちろん著名な作家が絵付けした器は高額だけど、似たような作風の器が格安だったり
します。例えば、九谷焼ではポピュラーな絵付けの仲田錦玉さんの作品だと・・・・・

1106216.jpg

ところが、似たような絵付けでも、作家モノでないと2000円位から入手する事も出来ます。
実はカラクリがあって・・・・・驚く事に、これら格安の器は、絵付けでなくプリント貼り付けなのです。
よ~く見るとシールの境目が微妙にズレていたりするモノも。(笑)

1106215.jpg

私はこれを “シール貼り付け技法” と呼んでいます。(笑)
舐めるようにチェックし、継ぎ合せのズレを探すような人でなければ、“これは絵付けです” と言われて
アッサリ信じてしまう程、出来栄えが良いモノも多い。

絵付けとシールについては、以前、鹿児島の薩摩焼窯元を訪問した時に某作家が教えてくれました。
例えば、あの超有名な沈壽官窯元の併設ショップで販売されている器は、そのほとんどシール貼り付け。
確かに連日、大型観光バスが乗り付け大勢の観光客が手頃な価格の器を購入するのだから、シールで
量産し展示販売しないと間に合わないし、第一儲からない。(笑) そういう意味では、これも立派な分業。
併設ショップで売る為のシール貼り付け技法と、高額で所謂 “作品” として絵付けされた器。
この話を聞いてから沈壽官窯元へ行ったので、購入意欲も湧かなかった事を覚えています。湯呑とかカップ
などは確かにシール。高額な壺とは明らかに違う。

九谷焼や有田焼に代表される磁器・絵付けの器は、陶器と違った楽しみ方を教えてくれます。
そんな楽しみを求めて、金沢市内へ・・・・・


  1. 2011/06/24(金) 00:34:24|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さよなら1000円均一 ~ 九谷焼リベンジ編

1106205.jpg

6月19日、遂に高速道路料金の上限1000円割引が終了しました。ご多分に漏れず、私も2週連続で
恩恵を受けに出発。先週はアルファGTだったけど、今週はティグアン。行先は・・・・・なんと金沢です。
1年ちょっとの間に3回も訪れるとは自分でも思わなかったけど、これには理由があるのです。
1年前に九谷焼のコーヒーカップを4客購入したのだけど、その中でもエースと言うべき宮本 晄さんの
カップのソーサーを割ってしまったのです。どうしても諦めきれず、同じ宮本さんの作品を探しGETする
のが今回の第一目的。

金沢へ行って21世紀美術館も兼六園も行かない人も珍しい。(笑) とにかく今回はONLY九谷焼。
2日間の行動全てを九谷焼に捧げました。

初日はダイレクトで九谷陶芸村へ。もちろん宮本さんのカップを探しにね。でも残念ながら同じ作風のモノ
は無し。代替となるような気に入ったカップもありませんでした。それでも多くの店を廻り、リストアップ
して次の訪問地へ。前回、前々回と行く機会を逸した上出長右衛門窯へ。

1106202.jpg

第2土曜日は営業しているハズなのに・・・・・ここは縁が無いのかもしれない。
気を取り直して、今回初めて足を延ばす山代温泉へ。

1106203.jpg

九谷焼の根源と言っても過言ではない・・・・・と思っていたのだけど、この温泉街の衰退振りにはガッカリ
しました。バブルの賜物のような外観の旅館が幾つも閉館しています。これを情緒があるとは言えない。
肝心の九谷焼もイマ一どころかイマ三。もちろん高級食器の須田菁華窯元は圧倒的存在感で君臨していた
けど、その値付け程の価値を見出すことが出来ませんでした。

1106206.jpg

陶芸店もそれなりにあるのだけど、琴線に触れるような器には全く巡り合わず。期待が大きかっただけに
かなりショックでした。保存された登窯もあったけど、やはり現役でないと・・・・・

1106204.jpg

まぁ、折角の由緒ある温泉なので、正しく昭和バブルそのものの巨大旅館に宿泊。とにかく広大で、大浴場へ
行くにも延々と歩かされる。でも料金は格安。維持費が多大に掛かる事は容易に想像できるので、5年後は
どうなる事か・・・・・ちょっと心配になる山代温泉でした。

ココは早々に見切りを付け、翌日は金沢市内へ・・・・・






テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/21(火) 23:37:36|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら1000円均一 ~ 吉田のうどん編 2

1106026.jpg

いよいよ高速1000円も今週末で終わり。どこも混みそうですね。その前にうどんを終わらせなければ。
「彩花」で2杯目のうどんを食した後は、さすがに口内がしょっぱい。(笑) 
何処かに口直しスポットが無いかなぁ~とアルファを進めて1分後、とあるギャラリーに併設されているカフェ
を発見。

即決した理由は、愛車を眺めながら楽しめるから。こんなカフェは、横浜近辺ではなかなかお目にかかれない。
思い浮かぶのは1店だけだなぁ。

1106025.jpg

で、結局、富士吉田に居たのは2時間だけ。早々にうどんの街を後にし、東京に向かい出発しました。
こんな時間の使い方ができるのも高速道路が1000円だから。
今から思うと、麻生政権が実施して良かったと思える唯一の政策だったのかも。(笑)


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/16(木) 23:21:56|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

さよなら1000円均一 ~ 吉田のうどん編 1

1106021.jpg

19日に終了する休日高速料金1000円均一。そんな訳で昨日はアルファGTでちょっと走りに。
ツーリングというには短いけど、御殿場経由で富士吉田へ行きました。目的はうどん。
4年前に “STOMACH” で取り上げましたが(ドライブ編 うどん編)四国の讃岐うどんのぶっかけ
を食べて以来、冷やし系にハマっていたのでね。

今回の店は「きよちゃんうどん」と「彩花」。「きよ~」はこれぞ吉田のうどん、といった麺の固さ。特に
冷やし系は顕著です。知らないで食べると、驚く・・・というよりは怒る人もいるのでは? たとえば東京の
駅の立ち食い店でサーブされたら恐ろしい事になりそう。

1106022.jpg


「彩花」も固いけど、こちらは入門編と言った感じで、私的にはちょっと物足りない。麺もツルツル系だし。

1106023.jpg


どちらも開店直後から混雑しているのだけど、観光客で賑わっているのではなく、ほとんどが地元客。
車でガ~~っと乗り付けて窓は開けっぱなしのまま路上駐車。我がGTはどこの店でも目立ちます。

1106024.jpg


若ければ、まだ2軒はイケるのだけど、さすがに打ち止め。口直しに近くのカフェに立ち寄りました。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/13(月) 23:13:44|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

単なるスケベオヤジか・・・・・

1106012.jpg

この手のTシャツは、やはり “ピチピチのGAL” の着こなしが映える。というより仕草がマシン
とマッチ・・・・・もう、こんな死語で会話するだけで “オヤジ” と後ろ指を指されるのだけど
これでも最近は自覚しています。だから、この写真も実は相方に頼んで撮ってもらったのです。(笑)

「オイ、あの2人のスタッフの胸を撮ってくれ・・・・・上手く撮れよ」

見知らぬ若い女性にカメラを向ける勇気がありません。モーターショーなどは、それが目的の人もいるので
皆で渡れば怖くない! の解釈が出来るけど。
まぁ、どう考えても下の写真よりは、Tシャツを買おうという気になる、って事を言いたかっただけ。(笑)

1106011.jpg


オヤジ化を自覚しているのも寂しいけどね。(笑)
明日はアルファでうどんでも食べに行くか・・・・・





テーマ:F1全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/11(土) 20:44:35|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林さ~~~ん




この手のネタは旬を逸するとダメダメになるのですが・・・・・

4日の日曜日、元町へ行きました。元町は好きなエリアで当ブログでも度々登場しますが、今回の目的は
何とF1。レッドブルのマシンがあの石畳 (とは言ってもタイルですが・・・・・笑) を走り抜けるのです。
まぁ、今更クドクドとウンチクを垂れても時既に遅しといった感があるので、止めときますが。

主催者の想定を超え1万人以上が集まったイベント、その為に予定が変更になり、たった1往復のRUN。
姿を拝めたのは、時間にして僅か5秒2本。これを、どう受け止めるかは人それぞれです。
私は8時前に到着したものの、フロントローはGET出来ませんでした。まぁ最後尾スタートでなかっただけ
でも良しとしましょう。

この時点で一眼での撮影は諦め、P300の動画撮影に切り替えました。今迄試した事も無く、いきなり
本番。結果は・・・・・なかなかイケます。音も悪くない。

さて、タイトルを見て理解出来る人はハマッ子です。もちろん市長のこと。このイベントで一番声援を受けて
いたのが林市長でした。(笑) 実はF1マシン走行の前にパレードも1往復あったのです。





動画は往きで、 “市長~~~” と声援を受けていますが、戻りは “林さ~~~ん” と黄色い(笑)
声があちらこちらから掛かっていました。

ところで、私的にF1マシンと同レベルで嬉しかったのが、林市長の乗っていた車。イタフラ系のファンなら
お分かりでしょう。ルノーのウインドです。ビックリしましたヨ。ただ、何となく “デルソル” に似ている
のが気になりましたが・・・・・


もっと早く更新したかったのですが、この日は 元町→ランドマークタワー→元町→銀座→ラゾーナ川崎 という
支離滅裂な行動で帰宅が午前様。結局鮮度を失ってしまいました。備忘録として残しますけどね。



テーマ:F1全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/09(木) 22:48:11|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

湯河原温泉へ・・・・・温泉、マッサージ、そしてビール!

1105262.jpg

早くも週末。今日は仕事だったけれど、明日は休み。湯河原を終わらせないと・・・・・

宿にこだわりは無くても、これだけは・・・・・というのが源泉掛け流し。まぁ一泊旅行で温泉の効用
云々を語っても無意味かもしれないけど、逆に言うと一泊だからこだわりたい。気分的にね。
やはり浴槽やライオン口(吐出口の事ね)に湯の華ベッタリ・・・というのが理想です。
亀屋旅館は、湯河原では数少ない源泉掛け流し。浴槽をチェックしたところ (オイオイ・・・) やはり
濾過機の循環口は無い。(笑)

台風の影響か、夕食前の入浴でも浴場は私の物と化した。独占・大人の時間。湯船のなかで仰向けに
なったり、うつ伏せになったり。タップリ一時間浸かっていました。その後も食事まで時間があったので
貸切露天風呂へ。何とも言えぬアプローチです。

1105264.jpg


空いていれば30分貸切で楽しむ事が出来る露天風呂、楽勝で“空き”をゲット。体がふやけてしまった。

1105263.jpg


部屋に戻り、先の通りマッサージチェアーのリクライニングを倒しグリグリと20分。極楽寺。
ヘロヘロになってやっと食事です。長時間の入浴でも水分補給を我慢して・・・・・

1105265.jpg


料理も満足。食べきれません。満腹になって、また入浴。独占。そしてぐりぐり。翌朝も朝食前にこのセット。
苦手な朝の和食を平らげた後も、また入浴&ぐりぐり。チェックアウト寸前まで溜まりに溜まったコリと疲労を
拭い去る事に専念しました。

いやぁ~湯河原、大雨にも関わらず最高でした。湯河原温泉は最初で最後と思っていたけど、またコリを
解しに再訪があるかも。その時も亀屋旅館だな。

明日は元町へ行こうか・・・・・



テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2011/06/04(土) 23:03:10|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湯河原温泉へ・・・・・木製建具の宿

1105261.jpg

さて、この旅館。アプローチだけでなくエントランスホール(とは言えないか・・・)も期待に違わぬ趣きでした。
フロント。掲示物やダイヤル式固定電話が泣かせるが、“フロント”のフォントにも情緒が。

1105256.jpg


売店? いいですネ。 そして知る人ぞ知る精工舎の掛時計。

1105257.jpg


昭和そのもの。素晴らしいのは、観光客向けに “昭和” を造り込んだのでは無い事。正しくスッピン
なのです。それが証拠の、冒頭の写真。木製建具。もちろんクレセントなどありません。(笑)
室内の設備もそれなりで、高級旅館に泊まり慣れた人は、我慢出来ないかもしれません。
でも、窓の外の景色はアプローチと同様、ホッとさせてくれる雨に濡れた樹木。

1105258.jpg


“湯治目的” の宿リストに掲げられているのも頷けます。何より嬉しかったのがコレ。

1105259.jpg

なんと全身マッサージ機が備え付けられているのです。もちろん無料・使い放題。
これは本当に嬉しかった。もう使いまくり。 「あぁ~あぁ~効く効く~~~」 と悶えてしまった・・・・・
正しく “湯治” に偽りなし。後は食事と温泉がどうなのか? 期待に胸が膨らみましたヨ。

夕食まで2時間ある。早速、浴衣に着替えて、まずは内風呂へ。。。


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2011/06/02(木) 23:05:36|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード