造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

南紀ツーリング第二ラウンド 7・・・・・本州最南端 潮岬へ

1305100.jpg

図らずも駐車場でかなりタイムロスした為、十津川泊がかなりヤバくなってきた。しかし折角のシーサイド
ドライブ、焦って先を急いだ所で楽しくも何とも無いので、快適な流れに任せて南下。あぁ、気持ちイイ。
気が付けば線路沿い。もちろん単線。ローカル単線に接すると血が騒ぐのは、私にも鉄のDNAが潜んで
いるのだろうか? と思いきや、踏切がチンチンと・・・・・

1305102.jpg


やはり鉄の血が流れているのだろう。思わず片隅に停めてしまった。
そして本州最南端の潮岬に到着。台風時の 「本州南岸を進み、潮岬沖を通過する模様・・・・・」 の場所。

1305106.jpg


オノボリさん丸出しで灯台へ。

1305105.jpg

1305103.jpg


恐ろしく踏面の狭い階段を上がると、素晴らしい展望。

1305104.jpg


灯台の駐車場に戻ると13:00。もう十津川へ行くのは無理なので、地図とタブレットを見ながらルート
を検討。十津川は無理でも那智大滝へ立ち寄る位は可能なので、那智大滝経由で新宮泊がルート的には
理想でした。でも・・・・・ちょっと早めのチェックインが可能だったので、宿泊+オプションが望めそうな
紀伊勝浦でホテルを探す事に。オプションとは、ちょっと風変わりな温泉。白浜同様、海に面していて良さげ。
流石にGWの当日予約なので、中の島などはNGでしたが、ちょっと面白いホテルがヒット。これは後日。

ホテルを押さえ、気分的に楽になった所で岬をグルリ一周し、隣の紀伊大島へ。
もちろん串本大橋が目当てですが、私は度々カー雑誌に登場する海に突き出したループ橋の写真を撮る
のが目的でした。ノンビリとループ橋を回りながら最適な撮影ポイントを探しますが、車を停める事が
出来ないので、これはかなり厄介。相方に任せるのは荷が重すぎです。やはりカー雑誌のようにカメラマン
を降ろして任せないとダメですね。結局、対岸から一枚。右がループ橋、左が大橋。

1305107.jpg


これから北上し、那智大滝へ向かいます。世界遺産の那智大社は・・・・・多分省略。(笑)







テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/30(木) 21:45:45|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 6・・・・・驚愕の揃い踏み

1305061.jpg

先週の週末は、またもやツーリングを慣行。梅雨入り前の、最後のオープン走行を楽しみました。
一方、ブログは未だGW前半のネタが終わらない。流石に週に1~2回の更新ではネタも渋滞気味・・・・・
早く南紀を終わらせないと、先週分を夏まで引っ張る事になりそうです。

南紀の実質二日目。この日のエンディングはどうなるか分からない。絶対条件である潮岬・串本大橋を
経由して北上し、こちらも絶対条件の十津川温泉で宿泊するつもりだけど、途中で長居すると十津川まで
たどり着かないかもしれない・・・・・

潮岬で判断する事にして紀伊田辺のホテルを出発したけど、いきなりピットイン。相方と一緒だと必ず
付いて回るのが土産物屋の物色ですが、白浜ではメジャーな一大?ショップへ立ち寄る事に。
まぁ、義務は早々に果たした方が良いけどね。

ドアパンチを食らいたくなかったので広めのスペースを物色していたら・・・・・何と!

1305062.jpg


いやぁ、ビックリです。フミア・イプシロンに乗って1年が過ぎましたが、この車を見かけたのは3台目。
土産物には関心が無い私は、写真を撮りつつオーナーが戻ってくるのを心待ちしていたのですが、更に
驚愕する出来事が!

1305063.jpg


な、な、何と!! ティグアンが・・・・・それも私と同じ、今は亡きトラック&フィールドが滑り込んで来た
のです。これでイプシロン、エリーゼ、ティグアンが揃い踏み。こんな事があるのか?
絶滅危惧種の初代イプシロン、マニアックなエリーゼ、玄人好み(不人気とは言いたくない)のティグアンと
どれも絶対的台数が極めて少ない3車が並ぶなんて信じられません。オーナーの私でさえ3台一緒の写真
なんか撮った事がないのに・・・・・

今回のツーリングで最も驚いたのが、この一時であったのは言うまでもありません。
土産物屋に立ち寄るなんて面倒臭いと思っていたのですが、相方に感謝しなければならないなぁ。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/28(火) 22:15:26|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 5・・・・・センターに命中か?

1305054.jpg

波打ち際の温泉で、その独特の雰囲気を楽しんだ後は円月島へ。
偉そうに書いているけど、ランチ時に仕込んだ情報だったりします。
トップは翌日の午前中に撮った写真なのですが、この円月島、日没時に夕日が島のセンターにある穴に
収まるのが有名・・・・・らしい。(私は知らなったしネ)
で、日没時には多く人が集まってきました。イージーな服装からジモピーと思われる人が多い。
皆、穴入り太陽(笑)をカメラに収めようとベストポジションを陣取っています。
出遅れ感が立ち込める中、僅かな隙間に潜り込み、かすかな期待を込めてこんな状態の時にカメラを
構えましたが・・・・・

1305055.jpg


やはりジモピーには勝てませんでした。

1305056.jpg


残念ながら右ズレのようです(苦笑)。この時点で諦め撤退しました。
この続きが気になる方はネットで検索して下さい。

あぁ、寒い。湯冷めしてしまった・・・・・



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/21(火) 22:45:03|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吾輩はカメである・・・・・名前はまだ無い

1305071.jpg

ツーリングネタばかり書いていると、どうも飽きてしまう。また脱線です。ゴメンナサイ。

このブログは、もう7年も続けているのですが、コヤツが登場するのは今回が3回目のはず。
飼い始めて15年経過している訳だけど、衰えは全くありません。
以前、動物に詳しい方からコメントを頂いた事もあったけど、明らかにクチバシが伸びすぎており
主食であるチンゲン菜やモロヘイヤを食べる時も不自由になっていました。

1305072.jpg


季節も暖かくなり、食も増す時期となったので、やっと爬虫類を扱っている動物病院に連れて行きました。
動物病院に行くのは人生で初めて。受付で、カメと交換して持ち帰りたいくらい、若くてカワイイ看護婦?
から 「カルテを作成するので記入して下さい」 と、用紙を渡され、「ペットにカルテかよ~」 と心の中で
思いつつも、おとなしく記入して提出。

看護婦 「お名前は?」
私    「〇〇(私の苗字)です」
看護婦 「あぁ、カメちゃんの名前です」
私    「夏目漱石ですかね」
看護婦 「オモシロイ名前ですね」
私    「いや、名前はまだ無いと言う事で・・・・・」
看護婦 「・・・・・」

個人的にはジェームズ・ボンド級の高尚なギャグと思っているのだけど、カワイイ看護婦からすれば
単なるオヤジギャグなのだろうか? それとも、今の若い娘は “吾輩は猫である” など知らない
のだろうか・・・・・
まぁ、冗談はさておき、長いクチバシはペット用の爪切りであっさりとカットされヤスリで整形。
出来栄えはイマイチの気がするけど、まぁイイや。

1305073.jpg


弊害が無くなり、チンゲン菜を楽にパクつくコヤツの姿を見て、治療費の3,000円は安いものだと
思いました。

1305075.jpg

1305076.jpg

1305074.jpg


あと何年、生きるのだろうか? もしかしたら私より長生きするのかもしれない・・・・・



※梅雨入り前のプチ・ツーリングを企画中。興味ある人は Stomach 掲示板へ


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/05/19(日) 22:31:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 4・・・・・海に浮かぶ白浜温泉

1305051.jpg

龍神温泉で一服している時に今晩のホテル探し。遅いチェックインになりそうだったので、メジャーな
白浜でなく、確実に空いていると思われる紀伊田辺で難なくゲット。これでノンビリと南下し白浜へ。
私が白浜で立ち寄りたい所がココでした。

1305052.jpg


何の変哲もない海岸・・・・・ですが、実は温泉なのです。
中央にある、小さい湯溜りがソレ。

1305053.jpg


入浴時の撮影は禁止なので、帰り際に遠方から撮りましたが、雰囲気はお分かりかと・・・・・
海の波飛沫を浴びながら浸かる温泉。貴重な体験でした。青森の黄金崎も有名ですがね。
湯温はヌル目。冬は無理じゃないかな。もちろん洗い場も無く石鹸・シャンプー類もご法度です。
それでも私は、営業終了まで1時間ほど浸かっていました。

一応、男女別なので、白浜に立ち寄る人にはオススメしておきます。
相方は敬遠し、近くの温泉センターに行きましたがね。(苦笑)





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/17(金) 22:01:17|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 3・・・・・高野山~龍神スカイライン

1305026.jpg

南紀ツーリングを再開。初日はいきなりの、本ツーリングのメイン・イベントである龍神スカイラインの
走破です。世界遺産の高野山も立ち寄る予定。普通の観光だったら高野山がメインで、ツールとして龍神
スカイラインを利用するのが一般的だと思うけど、私は逆。ルート上、高野山を経由するので。(笑)

天気は快晴。和歌山のダウンタウンから東へ水平移動開始。一応 (笑) 高野山の金剛峯寺を見学です。

1305024.jpg

1305021.jpg

1305023.jpg

何せ無信心なので、世界遺産でも社寺系は敬遠気味でして・・・・・木造の構造体に関心を寄せる程度です。

1305022.jpg


時は昼。精進料理を楽しむ人も多いようだけど、私は食べたいと思ったことがありません。早々に高野山を
後にして、龍神スカイラインに突入しました。

1305025.jpg

写真は一気に龍神温泉です。途中の立ち寄りや写真撮影は一切なし。ペースメーカーが皆無に等しく
自分のペースを乱したくなかったので一気に完走。正直言って、GWなので自分のペースで走れる事は
無いと思っていたのですが、これがガラガラ。エリーゼの為に走って下さいと言わんばかりの状態でした。

そんな訳で思いっきり運転に集中したので風景とかは全く覚えていません。後に地図上で振り返ると
途中にビュースポットであるスカイタワーがあったはずだったけど、全然気付かなかった・・・・・
龍神スカイライン、良い道でした。峠セレクションで上位にランクするのも頷けますね。エリーゼのような
スポーツに振ったマシンで無くても楽しいでしょう。アルファのV6で引っ張るのも気持ちイイだろうなぁ。

ワインディングに弱い相方に配慮して、ここから先はちょっとペースダウン。ノンビリと白浜を目指します。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/12(日) 21:44:05|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

rainy day blue

1305011_20130511145002.jpg

南紀ツーリングはお休み。

今日は無情の雨。今月に入って最初の休日たけど、エリーゼはガレージに入ったまま。
車を出す気も起きない午後。2階のリビングからボケッと庭を眺める。

カルミアが咲き始めた。隣の紫陽花は来月咲くのだろう。シットリした雨の午後。

明日は箱根に行きたい。



※ストマック番外編は6月2日に延期。T氏プロデュースなのでルートに期待。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/05/11(土) 20:15:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 2・・・・・スタート前

1305013.jpg

河口湖と同様、ネタが枯渇気味なので本編へ行く前に引っ張ります。(笑)

今回のツーリング、出発前から躓きました。
前回の伊勢・志摩ツーリング時に 「ツーリングマップル 中部版」 を購入したので、今回も持参する
つもりでパラパラと・・・・・
そして重大な事に気が付きました。何と和歌山が掲載されていない。伊勢・志摩がギリギリで、それより
西は 「関西版」 になるのです。やれやれ・・・・・
結局、厚木ICから東名に乗る前に本屋へ立ち寄り 「関西版」 を購入する羽目に。最新版。
現地到着が遅かったので、予習は出来ず。翌日から活躍してもらいます。

南紀ツーリングですが、勉強不足とは言っても第二ラウンド。絶対条件は有りました。

1.基本は半島海沿い一周だが、龍神スカイラインを走破する
  → 峠セレクションのランキング上位に位置する道。エリーゼ乗りとして、これは外せない。

2.本州最南端の潮岬と串本大橋・ループ橋を渡る
  → 夏の台風時にお馴染みの本州最南端を訪れたいという単純な理由。串本のループ橋はカー雑誌に
   度々登場するので、エリーゼとのショットを目的として。

3.秘境っぽい十津川温泉に立ち寄り宿泊
  → かつて酷道ツーリングを模索していた時に目にした地。3大酷道で名を馳せる425号線への
   願望から。尤も、街のコンビニに入る時ですらフロントを擦る事のあるエリーゼオーナーと
   なった今では、425号を走る勇気はありませんが・・・・・秘境に文字に惹かれる
   
4.最終日の激渋滞回避の為に伊勢湾フェリー利用可能なルートを取る(反時計廻り)
  → 四日市の渋滞が最悪の状態になった時の保険として。渥美半島の下道は意外と長いのは分かって
   いるけど、1時間の休憩は体力的に楽だし、何よりフェリーで海を渡るという精神的リフレッシュ
   効果は高い。



頭にあったのは、これだけ。古いガイド誌と最新の地図を見ながら進路を取る事にしました。






テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/09(木) 00:06:08|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南紀ツーリング第二ラウンド 1・・・・・プロローグ

1305011.jpg

GWも終盤。残念ながら毎日仕事ですが、前半のみ休みが取れたので南紀ツーリングの第二ラウンドを
敢行しました。休みが確定したのが出発の前日であったので、現地の勉強不足は否めなかったのですが
行かないよりは行った方が良いので。正味3日間で横浜から和歌山はチト厳しいのですがね。

3連休前日が半ドンとなったので、私には珍しく現地前日泊が実現。それでも出発直前まで行先が
決まらなかったは、大津で一泊し、北上して小浜へ向かう鯖街道の制覇を目指していたから。
残念ながら大津IC付近のホテルが取れなかったので、止むを得ず和歌山駅近くのビジネスホテルを
何とか確保し南紀ツーリングとした訳です。

そんな訳で出発は18時。出来れば22時頃には到着したかったのですが、結果的には午前2時過ぎと
なってしまった。ホテルでは5時間程度の睡眠でしたが、横浜から新東名~新名神~京滋BP~阪和を
経由し和歌山まで一気に走り抜けた疲労から回復。初日からの行動は楽になりました。
いつもだと夜通し走って初日を迎えるので、ヘロヘロ・スタートとなるのですがね。
そうそう、このホテルの駐車場は珍しく自走式の立駐だったので、助かりました。

1305012.jpg

深夜着だから最上階しか空いていなかったけど、深夜の駐車場探しから解放されたのが何より有り難かった
です。エリーゼでのツーリングは、駐車場の確保から始まるのでね・・・・・


※5月26日 ツーリングを兼ねて、赤城近辺のカレー屋へ行きます。ていしあさんプロデュース。
 参加される方、Stomach掲示板へ。





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/05(日) 21:47:31|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード