造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

シバタクさん 壮行・走行会

13111112.jpg

今日は、転勤が決まったシバタクさんの壮行・走行会でした。
きっとアルコール漬けになっていると思い、ツーリング仲間としては酒の席ではなく走行会を企画。
案の定、大観山駐車場に現れたシバタクさんは連日の飲食で太り気味でした。(笑)
ていしあさんと3台で出発。このメンバーだと必然的に走行濃度が上昇します。

まずは箱根から熱海街道のワインディングで肩慣らしをして、戸田へ。早めのランチは深海魚です。

1311115.jpg


残念ながら深海魚の刺身は不漁により品切れだったので、私は深海魚に天婦羅定食をオーダーしました。

1311116.jpg


淡白な白身魚。美味いとは思わない。まぁ、話のタネとしては良いかと。ボリュームが有り過ぎて飽きました。
再訪が有るとすれば、刺身をオーダー。天婦羅はもういいや・・・・・今でも胸がムカムカしています。

さて、正午に再スタート。今日は絶好のオープン日和です。戸田から海沿いを南下し、松崎の手前から県道59号を
北上。西伊豆ルートは東伊豆や修善寺あたりと違って極めて車が少ない道。今日は普段よりは多めでしたが、概ね
1~1.5車線のワインディングを楽しみました。ただ、今回のステージ、私のエリーゼは役不足。もうリアのタイヤが
終わっているからです。フロントタイヤと同時交換出来るまで引っ張ろうという、スケベ根性丸出しなのですが
さすがに箱根・伊豆のワインディングでは無理ですね。リアタイヤを26000kmも履かせている、エリーゼオーナー
は恐らくいないでしょう。もう普通に流しているとリアからバタバタバタと音がしてます。
猛者2名の先導役としては、失格でした。(苦笑)

1311110.jpg


1車線幅のワインディングを、必死に走るヘロヘロ・エリーゼの後を余裕の走りで追従する2台と共に到着した店は
シバタクさんリクエストのカフェ。

1311111.jpg


この店は絶好のロケーションです。北上しても南下しても、程よい位置にあります。グリグリ走って、ちょっと
休みたいなぁ・・・・・と思った時に現れますね。中も癒しの空間。

1311113.jpg


コーヒーも好みに応じて選べ、強めの焙煎が好きな私のニーズにも応えてくれました。
リンゴタルトも美味。

1311114.jpg


この夏は、奇しくも3人共、北海道ツーリングを慣行。北海道ネタで盛り上がったのは言うまでもありません。
相変わらず車ネタばかりで盛り上がって流れ解散。帰りも私の先導だったのですが、真剣に走りすぎて道を間違える
大失態。最後はナビも固まってしまい、画面から道が無くなるアクシデント・・・・・

今回は失態続きの先導でしたが、その分、ステアリングを回した回数はかなり多い。
シバタクさんの壮行としては良かったと思いたいものです。(苦笑)

来年の雪解けの再開が待ち遠しい。シバタクさん、新たな地でのEOSの快走を期待してます。


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/11/23(土) 22:39:51|
  2. オフ会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Υ 長期ユーザーレポート・・・・・2013・10

1311020.jpg

先週の日曜日。朝から某クライアントで仕事があり、イプシロンで行きました。
昼時に車へ戻り、車内でサンドイッチをパクついていると、横に赤のグラプンが停まりました。
このクライアントの施設では、休日に度々仕事があるのですが、このグラプンはたまに目にしていました。
で、グラプンオーナー、私が乗っているとは思っていなかったようで、降りるとイプシロンをしげしげと眺め
私と目が合いました。

何か話したそうだったので、私も車を降り、そこからイタ車談義。(笑)
オーナーも以前から私のイプシロンを気に掛けていたそうで

「エレファンティーノ・ロッソなんて珍しい車が、よくウチの会社に停まっているので気になっていた」

との事。イプシロンと言わずにエレファンティーノ・ロッソと表現する所からして、私も、このオーナーが
「只者ではない」 と感じたのでした。

グラプンオーナーはクライアントの管理職でしたが、ビジネスでの上下関係を図々しくも隅に追いやり(爆)
会話を楽しみました。

イタ車が結びつける縁。こんな事があるからイタ車は止められないのです。
日が暮れて、引き上げる時も停まっていたグラプン。記念にツーショット1枚。
おかげ様で、辛い休日出勤中での、細やかな癒しとなりました。



テーマ:ヨーロッパ車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/11/19(火) 22:22:12|
  2. ランチア イプシロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW X1 納車ツーリング 兼 紅葉狩り 

1311016.jpg

BMW X1が納車されたのが11月9日。営業担当は当初10日を勧めていたのですが、その理由がわかりました。
10日は大安。つまり9日は仏滅でした。(笑) そんな事は全く考えもしない私、強引に9日午前中納車をお願いし
取扱説明を受けた後は、そのままツーリングに出発。相変わらず無鉄砲・無計画で我ながら笑っちゃいます。

行先は、紅葉狩りも兼ねて、伊香保か那須塩原のつもりでした。タブレットで高速の渋滞状況をチェックし、関越が
辛そうだったので那須塩原に決定。ランチの後、横羽線から東北自動車道で小2時間~アッと言う間に那須塩原IC
に到着です。ここからもみじラインを楽しみ、川俣温泉で宿泊しようと思っていたのですが、さすがに出発が遅く
あたりは薄暗くなって来た為、主目的のもみじラインを明日楽しむ事とし、塩原温泉郷でホテル探し。

いやぁ~痺れました。夏の帯広の再現。紅葉ベストシーズンの為なのか、全く空室がありません。結局、鄙びた
温泉宿の素泊まりを何とかGET。午後5時ですが既に真っ暗となり、残された時間は周辺で食事をして早めの
チェックインをするだけ。タイミング的には宿泊客の食事中でのチェックインとなり、誰も居ない温泉浴場を満喫。
温泉の泉質は良かったし、最悪、南下して宇都宮でビジネスホテルに泊まる事を考えれば、御の字でした。

さて翌日。旅館は立地が良く、周辺を散策すると紅葉が手軽に楽しめました。

1311013.jpg

1311014.jpg

1311015.jpg


一時間ほど費やした後は本命のもみじライン。中腹より上は既に落葉していたものの、紅葉を満喫。天気がイマイチ
だったけど、真紅に染まったモミジを堪能しました。

1311011_2013111722120681b.jpg


ツマラナイ車だったら、このまま南下し鬼怒川温泉を通り抜け、日光宇都宮道路~東北自動車道で帰路に就くけど
この気持ち良いエンジン、もみじラインだけでは物足りない。県道23号線を経由し霧降高原道路を楽しみ、日光
宇都宮道路はパスして県道14号~149号で宇都宮市内へ。14号は、入口に 「大型車はご遠慮下さい」 と記載
されており、1車線幅が続いたので、納車後いきなり酷道かよ? と思ったけど、その後は概ね1.5車線となり
気持ちの良い道でした。宇都宮では餃子館で5店舗の焼餃子を食べ比べ。「みんみん」 より「さつき」 が好みでした。

さて、X1。アイドリングから走る気を満々にさせてくれます。6速トルコンATですが、積極的にMTモードを活用
します。通常だと2速発進で、モッサリした感じが否めないけどMTモードを駆使するとエンジンが目覚めます。
久々の6気筒エンジンですが、やはり滑らかさは4気筒と別物。そのサウンドも、アルファGTを思い出させて
くれますね。これは楽しい。燃費と引き換えながら、この気持ち良さはプチ・駆け抜ける歓び。

1311012.jpg


足回りはMスポ仕様なので、かなりゴツゴツするけど、ティグアンに比べてロールは圧倒的に少ない。もみじライン
のワインディングを、澄んだエンジン音を奏でながら軽快に登ります。この感覚は普通の乗用車ですね。SUV感覚
を楽しもうとすると物足りないかも。タイヤの偏平率もティグアンの65に対しMスポ仕様のX1だと40。
ティグアンなら全く問題無く通りすぎる段差で、いきなりホイールにガリ傷を付けてしまった・・・・・

季節的に、これから主役になる予定のX1。少しずつ感想をアップして行きます。




テーマ:BMW - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/11/17(日) 22:56:24|
  2. BMW X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BMW X1 通称 “バツイチ” 生活のスタート

1311011.jpg

久々の更新です。この土日は仕事なのですが、今日は奇跡的に代休が取れました。

今週からBMW X1との生活が始まりました。X1・・・・・略して“バツイチ生活”です。
車検の切れる前日にティグアンを預け、先週の土曜の午前中に無事納車されました。そのまま1泊2日のツーリング
に出発。それは後日アップする予定。

数多くのグレードから選んだ基準はエンジンでした。3LのNA直6、所謂 「シルキーシックス」 と呼ばれる
エンジンです。付加価値としてMスポーツ仕様。私はスポーツサスよりも外観の違いに価値を見出しました。

買い替えるか否かはティグアンの査定次第でしたが、5年落ちにもかかわらず新車価格の50%近い好条件で決意。
新車・中古車含め、色々と試乗をしてきましたが、やはり “官能” に勝る選択肢は有りませんでした。
当初、私の視野にあったのはX1の他にアウディQ3、ゴルフGTI、ルーテシア、ジュリエッタ等々でしたが
メインユーザーの相方に提示すると、GTIやルーテシアは早々に脱落。(苦笑)
ジュリエッタはアイスホワイトの外装に赤レザーの特別仕様車が発表され、相方も結構乗り気でしたが、やはり
冬のツーリングを視野に入れると四駆が欲しい、という私の思いが根強くて却下しました。

こうして最終的にはQ3かX1の比較となったのですが、X1にした決め手は冒頭の通りエンジンです。
3L直6などと言う、市場のニーズに相反するエンジンですが、点火した瞬間にやられました。
同じX1でも3Lの後に2L4気筒ターボ版を運転すると、ガッカリします。馬力とかトルクとかの問題では
ありません。圧倒的な官能値の差が存在するのです。
グレードの選択は、いかに回して気持ちが良いか? に尽きましたね。アイドリングの音からして

「オオッ・・・これは・・・・・」

となるし、久々に目一杯回したくなるエンジンでした。X1ですら官能的。これが上位のMに積まれるエンジン
だと、どんな刺激があるのでしょうか?
実際、このタマに試乗した事で、私的にはX1以外の候補車を冷めた視線で見る感じとなってしまい、今から思えば
戦わずして勝負は決まっていましたね。
BMWのディーラーでは、新車の2L4気筒ターボが驚愕の値引を提示されて一瞬グラッときたし、革張シートの
新古車も魅力がなかったと言えばウソになりますが、走行4000kmで程度が良く、純正ナビ付きMスポ仕様の
3L直6を再度試乗して決定。

サイズ的にはティグアンとほぼ一緒。ティグアンの方が背が高い分、X1の方が多少長いと言った感じ。
横幅は同じです。X1は1シリーズの四駆版と思われがちですが、旧3シリーズのフロアパンで構成されている
のです。実はディーラーで1シリーズにも乗り、相方も気を惹かれた様ですが、X1に乗った後だと助手席との
間隔が狭く、車内の閉塞感は否めません。閉塞感はエリーゼで究極を味わえるので(爆)、もういいやって感じ
でした。

ゴルフも博打もやらない私。相方メインとは言え、趣味の車くらいは、多少燃費が悪くても楽しみたいと思うのです。
昨年は、残念ながら雪道ツーリングに行けなかったので、今年はX1に活躍してもらいます。
まずはスタッドレス。



テーマ:BMW - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/11/15(金) 21:55:50|
  2. BMW X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

The End Goodbye ・・・・・ TIGUAN

1310301.jpg

ガソリンタンクがカラカラでした。給油警告灯が点いた状態で引き取ってもらうのは、さすがに気が引けたので
10リッターほど投入。車検切れの2日前。最後の給油となりました。

4年間、オイル交換以外はノーメンテで活躍したティグアンでしたが、最近は至る所に不具合の兆候が表れており
悩ましい状態でした。油圧警告、ステアリング異音、エアコン異臭等々。それなりのテコ入れが必要だったので
今回の車検はそれなりのコストを掛けるつもりだったのですが、期限が近づくにつれ、乗り換えも視野に入って
いたのです。その辺りは最近のブログネタでお分かりだったと思います。

そんな折、私にとって転機が訪れました。今、仕事が忙しくて、この三連休も出勤。今週も継続して大繁忙な一週間
となるのですが、その合間をぬって手続きを進めています。



今週末から、バツイチとなります。相方がメインユーザーであったティグアンは、もうありません。
そんな訳で公私共々ハードな日々が続いており、ブログの更新も滞っている次第です。
一週間後にはスカッとリセットして再スタートを切れれば・・・・・と思っています。




テーマ:ヨーロッパ車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/11/03(日) 20:09:22|
  2. VW ティグアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード