造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

伊豆内陸リベンジ・ツーリング 1 ~ マンネリでも良い。峠が有れば・・・・・

1502210.jpg

エリーゼの新年初始動が2泊もしたのに消化不良となった事を受け、先週、早速リベンジしてきました。
行先ですが、この時期、さすがに2回連続で趣向を凝らしたルート取りとは行かず、思いっきりマンネリの
伊豆・下田となりました。(爆)  前回で味を占めた金曜半ドン・シリーズ (トンズラとも言う) の第2弾です。

天気は快晴。奇跡の値段でホテルを予約した後は荷物を積み込み出発です。当たり前だけど2ZZエンジンは
元気よく目覚め、西湘バイパスを快走。前回とは大違い。今日明日ともに快晴の予報なので、冬の伊豆とは言え
徹底的に内陸を走ってやろうと思います。

まずはターンパイク。午後とは言え、平日は文字通り 「エリーゼのために」 (爆)。  既に本番です。
大観山もガランガラン。

1502212.jpg

1502211.jpg


昨日までは西伊豆スカイライン等がチェーン規制となっていたけど、今日は解除されていました。
貴重な平日ツーリング、もちろん目指すは伊豆スカイラインです。県道20号はチェーン規制となっていた
けど、この天気なら問題無いだろうと判断。案の定、凍結箇所など全く無く伊豆スカへ接続。
定点観測。 富士山も丸見えで最高でした。

1502213.jpg


ガラガラの伊豆スカ。平日の昼間は安牌と信じ (笑) アクセルを踏み込みます。ターンパイクを繋いで
冷川まで走ったけどもう腹一杯。 県道112号でクールダウン。

1502214.jpg


準備運動どころか、いきなり無死満塁で登板したリリーフピッチャーの様でした。


さて、今回の平日お得な宿泊。朝食付2名で合計1万円です。ビジネスホテルのルートインより安い。
チェックインして驚きました。

1502215.jpg


サニタリールームを入れたら、広さはビジネスホテルの3倍はある。 温泉目的を別とすれば、基本的に
ツーリング中のホテルにはこだわりが無く、ベッドがあってお湯が出れば問題ないと思っているけど、やはり
同じ値段であれば、ランクアップは嬉しい。平日を組み込むと、同じ値段でツーランク上となる半ドン・ツーリング
は、間違いなく癖になるでしょう。(笑)。 

内陸を走った達成感・満足感を、早速、温泉で流します。泉質は普通だけど、海を臨む露天風呂は最高でした。
部屋に戻りビールを飲んで熟睡。おかげで目覚めも良い。年寄りの朝は早い。
窓からの日の出を見て、慌てて露天風呂に駆け込みました。

1502217.jpg

1502218.jpg


朝風呂の後は朝食。 和洋共々、品数も多いバイキングスタイル。相変わらず貧乏根性丸出しで
食べ続けます。(笑) 

1502216.jpg


お年玉企画と書いてあった格安のプラン。ロケーションも良く、最後の1室だったけど正に大当たりでした。

1502219.jpg

今年のテーマは題して 「金曜半ドン・ツーリング」。
さぁ、今日も快晴 ~ 走るぞ。






テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/23(月) 00:05:46|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015年 ロータス エリーゼ 初始動 ~ 冬のマンネリ打破なるか?

1502023.jpg

この1年、ツーリング・ネタはどうもタイムリーに紹介出来ません。更新頻度の下落も否めないが・・・・・
昨夏の鯖ツーリングも中断したままだけど、とりあえずエリーゼの新年・走り始めをエントリーしておきます。
先日書いた通り、大部分の写真を消去してしまったので片手落ちです。

今年のエリーゼ初始動は、1月23日~25日。
この時期、走りに行くとなると伊豆や房総が定番だけど、流石にマンネリ気味。昨年が房総だった事もあり
マンネリ打破を狙って愛知内陸を目指しました。

23日は金曜日ですが、上手い具合に午後から代休が取れた為、翌土曜日に帰還するつもりでしたが
念の為、2泊分の体制で荷造り。結果的に、この判断は正解でした。


さて、帰宅後すぐに荷物を積み込み、CTEKを外しエンジンキーを捻ると・・・・・

「カッカッカッカッカッ」 

何とエンジンが点火しない。以前の鯖ツーリングの時の再来です。バッテリーを外し、リセットするもNG。
CTEKで常時充電しているのに、この有様では手の打ちようがない。ディーラーに電話し症状を伝えたところ
バッテリーがご臨終との事。相方はX1で行こうと言い出しましたが、それは目的が違う。ダメ元で再度CTEK
を接続し1時間充電したところ、復活しました。

どうせ東名高速で2時間以上も走るのだから、掛かってしまえば大丈夫だろう・・・・・と言うのが甘かった。
すっかり忘れ、厚木IC手前のコンビニで買い出ししたら・・・・・JAFを呼ぶ羽目に。(苦笑)

結局、東名に載ったのが19時。あぁ、何の為の半日休暇だか分からない。
湯谷温泉でノンビリ湯に浸かるプランは脆くも崩れ去ってしまいました。
ちなみに、平日宿泊の恩恵はコストメリット。湯谷温泉の中でも人気の温泉宿に素泊まり2名で合計1万円は
魅力です。今回は、しくじってしまったけど、これからは積極的に半日代休を取得したいですね。
どうせ平日なんて丸々一日休めないのだから・・・・・

夜の新東名を走るエリーゼ。途中のSAで食事を済ませ、22時に到着。好みの濁り湯温泉に浸かり疲労回復。
もう明日はゆっくりでイイや・・・

で、翌日。出発しようとしたら、エリーゼは凍結して真っ白。嫌な予感は的中しました。

「カッカッカッカッカッ」

朝から温泉で血行を良くしたのに、一気に青ざめてしまった。本ツーリング、2度目のJAFコール。
年会費は十分モトを取ったな・・・・・

エンジンに火が灯り、このまま帰ってディーラーに直行しようと思ったその時、ここが愛知県である事に
気付きました。

「AC MINDSがあるじゃん」

古巣に帰ろう。電話で事情を説明し、バッテリーの有無を尋ねたら在庫有り。コスト高は止むを得ないが
ココでツーリングを打ち切るのは流石に切ないものがある。ちょっとワクワク・久々の訪問です。

この日はオレンジロードなど浜名湖周辺の道を走るつもりだったけど、目的地が変わったのでルートを検討。
老眼が始まりつつある (苦笑) 私にとって、目に優しいマックスマップルを眺め、楽しそうな道を探します。
鳳来寺山パークウェイ ~ 県道32号 ~ 県道81号を繋ぐことに。

1502021_201502082051493c2.jpg

1502022_2015020820515079d.jpg


そして東名を経て懐かしのACに着きました。

1502025.jpg

1502024.jpg


相変わらずココは英国車愛好家の玉手箱。頬ずりしたくなるような車が所狭しと並んでします。
こんな佇まいのディーラーは、メーカー問わず滅多に無いですね。見ているだけでも楽しい。

1502026.jpg

1502027.jpg


随分と長居してしまった。私にとっては高級ブランドのBOSCH製バッテリーが積まれました。本当は安物で
良かったのだけど・・・・・在庫がこれしか無い。(苦笑) 
不測の事態続きだったので、走り不足感は拭えず、もう一泊する事にしました。明日は浜名湖周辺で
昨年行った牡蠣小屋か鰻を楽しむ事に決め、浜松宿泊としました。
まだ多少明るかったので、ちょっと (というか、かなり) 遠回りだけど三ヶ根山スカイラインへ。
ガラガラでお楽しみ。良い景色も拝めました。

1502028.jpg


浜松に入り、夜の街を徘徊。ココで浜松餃子にハマってしまい暴飲暴食でヘロヘロとなってしまったのは不覚。
翌日になっても胃袋の不快指数はハイレベルだったので牡蠣も鰻も食う気がしませんでした。
またまた予定変更。二泊もしたのに全く冴えないツーリングになってしまった・・・・・

少しでも挽回する為、ちょっと酷道でハンドリング運動をする事に。
浜松から北上し、酷道362号へ。1~1.5車線の道を、左へ右へステアリングを切り続けます。
途中、通行止めで迂回路表示が。酷道から更に迂回なんて、正直言って焦ったけど (何せエリーゼなのでね)
今更引き返すにはウンザリの距離を走っている。とりあえず進もう・・・・・で、無事に本線に復帰。延々と走り
大井川鉄道が見えてきました。

この酷道362号は何度か走っているけど、途中に茶畑などで展望も開けるし酷道難易度もそんなに高くない
と思う (個人差はあるが・・・) ので、ステアリングを無暗に切るのが好きな方にはオススメ? です。(笑) 

家山では、いつもの抹茶鯛焼きと静岡おでんをサーブする店で遅めのランチ。相変わらず人気です。
残念ながらSLには遭遇せず、そのまま南下し帰路につきました。

二泊三日で距離もソコソコ走ったエリーゼ初始動でしたが、昨年と比べ準備運動と言うには役不足。消化不良。
リベンジを心に誓ったのでした。その模様は次回。




テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/21(土) 00:24:21|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Valentine's Day

1502031.jpg


来年は本物をお願いしました。(笑)

久々にFIATのHPを見ましたが、グラプンとか無くなっていたのですね。取り扱いが2車種では辛い。
特別仕様車の乱発ばかりでは・・・・・早く新しい血を投入したいところ。

1502032.jpg


FIAT版ロードスターに期待ですかね。




  1. 2015/02/15(日) 19:56:16|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エリーゼ 初車検

1502021.jpg

昨年末の、みちのくツーリング出発日に、車検でディーラーに預けていたエリーゼが戻ってきました。
奇跡的に残っていた “R” を求め、遥々、愛知のACさんまで行って購入したあの日から、もう3年・・・・・
早いものです。先日、そのACさんへ急遽訪問する事になるとは夢にも思いませんでしたが・・・・・
まぁ、それは追々紹介します。

走行距離は36000km。8割がツーリングによる長距離、残りが峠といった感じですかね。今迄も油脂類は
交換してきましたが、今回の車検でもクーラントと共に一式交換。プラグは持ち込みでお願いしました。
悩んだのはブレーキパッド。残量が無いのは分かっていたけど、アルファ時代から使っていたZZDが無くなって
しまった為、銘柄選択に迷っていたので・・・・・

今回車検をお願いしたのは、世田谷のオーセンティックカーズさん。以前、箱根の大観山でお会いした
エリーゼ乗りの方から勧められた事があり、何より値段が良心的であったから。(笑)
メニューについては親身になって相談に乗ってくれたのですが、ブレーキパッドについては、交換を強く
勧められたのでお願いする事にしました。メーカー選択は FERODO か WINMAXとの事。
FERODOは定番で選択肢に入っていたけど、WINMAXは知らなかった。 私、踏力に応じてジワジワと
締まる方が好みなので、FERODOのDS2500を選びました。

で、交換したフロントパッドが冒頭の写真。神業と言われてしまいました。(苦笑)
リアは多少、余裕がありました。プラグも距離なりですかね。

1502022.jpg


ブレーキパッドの交換まで行ったので、それなりの金額になってしまったけど、帰り道に頬が緩んだほど
変わりました。弱ったバッテリーを新品にしてエンジンに火を入れた時のようなフレッシュさ。
全身にパワーが漲るって感じになりました。
3年経っても全く飽きることの無いエリーゼ、これで春のシーズン・インに向けて準備万端です。
リアタイヤは先が見えてきたけどね。

先ずは新年初稼動 ~ 準備運動から始めました。



テーマ:英国・イギリス車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/09(月) 22:25:00|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

みちのく WINTER TOURING 10 ・・・・・ 一気にファイナル

15020190.jpg

旅も終盤。前夜の暴飲暴食で気分が悪いものの、下風呂温泉を後にして下北半島を南下します。
さよなら下風呂温泉郷。また来てもイイカモ。

1502011.jpg


北海道もそうだったけど、冬の青森の天候は七変化。津軽海峡がこんな感じだったら盛り上がったのに。

1502012.jpg


そうかと思いきや、少し走ると・・・・・

1502013.jpg


北上する時は陸奥湾沿いの国道279号だったので、南下は太平洋側の国道338号を走ります。目的地は?
実は昨晩、秋田の乳頭温泉郷にリベンジするか迷ったのですが、久慈に行く事にしたのです。
またかよ・・・と言われそうですが。
338号は酷道とは言わないけど、これが国道? と思える部分もかなりありました。

1502014.jpg


でも、個人的には279号より、こちらの道の方が遥かに楽しいですね。風景にメリハリがあり飽きさせません。
相変わらず、横道に逸れると・・・・・素晴らしい風景の連続。

1502015.jpg


本やインターネットで無く、自分で見つける楽しさを覚えると、もう病みつきになりますね。

1502016.jpg


ココも素晴らしい道。

1502017.jpg

15020191.jpg


この辺りは積雪もかなりのモノ。X1のフロントスポイラーはラッセル車と同じ機能を果たしています。(笑)

1502019.jpg


ドアを開けると・・・・・

1502018.jpg


行く先に見えるのは・・・・・

15020192.jpg


まだまだ続きます。

15020194.jpg

15020193.jpg


随分、時間を使ってしまった。目的地に向かって、アクセルを多めに踏まなければ・・・・・で、目的地。

15020196.jpg


新年1月2日からコレです。今年もツーリング&窯元のコラボは顕在。珍しく登り窯と愛車が一緒に写りました。

15020195.jpg

15020197.jpg

15020198.jpg


こんな写真を撮って喜んでいるツーリングファンは私だけでしょう。(苦笑)

陶芸書物で紹介されるような陶磁器の産地・窯元は、これで沖縄の壺屋焼以外は行き尽くしたと言って良い
でしょう。東北大震災で機会を逸していた小久慈焼窯元でしたが、やっと到達。
戦利品は・・・・・コレクションの珈琲カップとマグカップ、皿二枚。マグカップは想定外でしたが、こんな一文で
思わず頷き、手に取ってしまった。

15020199.jpg

150201991.jpg


さて、ここからは写真が無い。本来なら次回のネタにするつもりだったけど、何と、誤ってフォルダー毎、削除して
しまった。(泣)  このツーリング記を書いている間のネタ写真も消去。写真で語るブログなので、一気にネタも
消え去りました。 止むを得ず、文書のみで続け、完結させてしまいます。

で、周囲はかなり暗くなってきた。久慈にも宿泊施設があるけど、ココは頑張って盛岡まで走る事にしました。
それは夜食を楽しみたかった為。盛岡の三大麺グルメも、これまた楽し。じゃじゃ麺は気乗りしないけど
久々にワンコ蕎麦も良い。でも、やはり冷麺は外せないか・・・・・ぴょんぴょん舎。首都圏にも出店しているので
知らない人は居ないと思うけど、こちらの店構えは全然違う。小洒落た外観で、看板を見なければ、それが
ぴょんぴょん舎とは思えない。もう一つ言うと、こちらは基本的に焼肉屋。結構、イイ値付です。そして締めが
冷麺でした。

翌日は、盛岡市内巡り。前回の訪問で気に入った南部鉄器の店は正月休みだったし、レンガ建築の
有形文化財である旧盛岡銀行も外壁改修で全面が養生シートで覆われていました。南部鉄器で欲しいもの
があったので手づくり村にも行ったけど、ココも休みが多く消化不良。サッパリ諦めて帰路につきます。

往きと違って、東北自動車道はUターンラッシュにハマッた。福島辺りでチンタラモードになった為
近くの温泉で時間をつぶす事に。ネットで検索したものの、遅くまで営業している施設は少ない。それでも
「弘法不動の湯」 という日帰り温泉施設が見つかりました。写真で見る限りパッとしないが、まぁ止むを得ない。
当たり前だけど、実物も写真そのまま。期待もせず安い料金を払って風呂へ。

みちのくツーリング、最後にパッと光りました。ココの泉質は凄い。PH9のヌルヌルです。今回のツーリングで
一番良かった。(笑) 露天風呂がある訳でもなく、本当に泉質を楽しむ人向けですね。見た目が豪華な
高級旅館より、質素極まりない日帰り温泉施設の方がヒット率は高いのかも。(苦笑)

走行2300kmのみちのくツーリング記はこれで終わり。北海道には及ばなかったけど、ウインターツーリング
の醍醐味は十分味わえました。走り自体は酸ヶ湯周辺が楽しかったけど、雪景色は今回紹介したエリアかな。
津軽海峡冬景色はイメージダウンでしたが・・・・・

この冬、もう一回くらいX1で出かけたい。 でも、その前に・・・・・



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/07(土) 21:03:11|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みちのく WINTER TOURING 9 ・・・・・ 冬の風物詩

1501301.jpg

2015年1月1日 元旦。餅つきで始まりました。夜もかなりの降雪で、窓からの雪景色も一段と映えました。

1501303.jpg


朝食も宿泊者全員がブロイラーの様に並んで頂きます。先程の餅が雑煮とキナコでサーブされ、ちょっとした
正月気分。大晦日~元旦という流れを全く感じる事が無く年が明けたのでね。

1501302.jpg


宿を発つマイクロバスは3便あったけど、8時20分発の1番バスに乗ったのは言うまでも無い。昨晩は
あまりに早く寝たので、必然的に起床も早く、朝食前にのんびり朝風呂を浴びても余裕でした。
ちなみに、1番バスに乗車したのは、たったの3組6名でした。(笑)

X1に乗り込むとホッとしたのには笑えました。今日は割と長い距離を走る。道はウインターツーリングとして
おあつらえ向き。メインは昨日だったけど、今日も延長戦といった感じでした。

1501304.jpg


元旦にこんな道を走り抜ける事が出来る幸せ。

1501308.jpg

1501307.jpg


単線の踏切が見えると血が騒ぐ。さすがに待ち伏せはしないけど。

1501305.jpg

1501306.jpg


何とか暗くなる前に目的地へ到着。この右手の潜り戸から、歩き出します。

1501309.jpg


遠目に見えたのは・・・・・

15013091.jpg


山側にも

15013092.jpg


海側にも

15013093.jpg


そう、本日の目的は、文字通り極寒にも耐える寒立馬の鑑賞でした。下北半島 尻屋崎。いや、正確にはアタカ。
夏の寒立馬は尻屋崎で放牧されていますが、今の時期は厳しい冬を越す為にアタカへ移動するのです。
昨年の北海道はタンチョウ、アザラシ。今年は寒立馬。冬の北国の風物詩を目に焼き付けます。
雪の中、凍った草を食べ続ける逞しい寒立馬に、珍しく心底感動しました。

暗くなった尻屋崎。本日の宿泊地、下風呂温泉へ向けて出発です。

15013094.jpg


ショートカットの県道266号を快走。

15013095.jpg


下風呂温泉の旅館は、アタカに向かう道中の横浜町の道の駅で、電話予約を入れたのですが、相変わらず
笑えます。
最初の旅館はアッサリと 「満室」 で断られました。 この時は、正月だから仕方が無いなぁ~と思い、次の
候補に電話すると、 「本日は元旦なので休館です」 なんだ、さっきと全然違うぞ。 その次の旅館は 
「ちょっと待って・・・調べます」 と言ってしばし沈黙。 「大丈夫です」 との言葉にホッとしたのですが、かなり
料金が高い。 一度電話を切り、次の候補に電話すると、何と全く同じ状況。 沈黙が気になったものの
こちらは正月料金とは言え、先の旅館よりも若干、安かったので宿泊をお願いしたのです。
で、19時過ぎに到着。下風呂温泉街は、情緒ある鄙びた感じで好感が持てました。

15013096.jpg


家族経営と思われる旅館の旦那と女将が暖かく迎えてくれました。

「今日の宿泊はお客さんたちだけですよ~」

これで疑問が解消しました。昨年の北海道・浜頓別のホテルと全く同じ。つまり、こんな時期に最果ての旅館に
宿泊するツーリストなんていないのです。だから、1軒目は「満室」と言って断り、2軒目は正直に「休業」、
3軒目と4軒目は家族会議を開き、泊めるか否かを検討した訳です。 たった一組の客の為に料理を作り
風呂に温泉を貯めるのだから、正月料金も止むを得ない。それでもかなり安いけどね。
で、出てきた部屋食が・・・・・凄い!

15013097.jpg


アワビの踊り焼き、鮟鱇の刺身、カニ、エビ・・・・・もう皿の数が半端無い。小鉢の数では無い。鍋や盛り皿も
含めて13皿。なんと熱燗もサービス。電話で、「正月用の特別料理なので割高です」 と言われたけど、それは
ウソではありませんでした。これまで数多くのホテル、旅館、民宿に泊まってきたけど、こんなに出品されたのは
初めてです。ちなみに料金は12000円。元旦宿泊の温泉旅館で部屋食・・・格安と言えます。 昨日泊まった
「ランプの宿」 とほぼ同じ値段でしたが、満足度の差が大きい。これは思わぬ 「お年玉」 でした。
温泉の泉質も良く、大大大満足。

年末年始の、あまりのアップダウンの激しさに、今年は波瀾万丈の一年になる予感が・・・・・




テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/05(木) 22:10:25|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

みちのく WINTER TOURING 8 ・・・・・ 年越しはランプの宿

15012995.jpg

年越し蕎麦ならぬ、年越し宿は、青荷温泉にしました。そう、人気温泉紹介などで必ずランキングの上位に
位置する秘境・秘湯。売りはランプでの生活・・・・・所謂 「ランプの宿」 です。
青荷温泉旅館、この時期は自家用車でアプローチ出来ません。クローズされている、麓の道の駅に車を停め
旅館から迎えに来るマイクロバスで行くのです。その道は・・・・・確かに狭く積雪も多い。

1501291.jpg


X1なら何とか通れそうだけど、道にはみ出ている小枝が多く、ボディが傷つく可能性大ですね。
15分位走ったかな・・・・・見えてきました。凄い積雪です。

1501292.jpg

1501293.jpg


若いカップルも結構多かったのが意外でしたね。
部屋に入ると、確かに照明はアルコールランプのみ。コンセントも無く、あるのは石油ストーブのみ。
もちろんファンヒーターなどありません。まだ少し明るかったので、荷物を置いて周辺を散策。

15012955.jpg


ココを渡ると露天風呂。

1501294.jpg


温泉風呂は数ヵ所あるので、タオル片手に風呂巡りを開始します。だって、他にする事が無いのだから。
意外にも、この露天風呂は無人。あぁ、湯がヌルい。早々に撤退です。

1501297.jpg


何ヵ所か温泉巡りを楽しみました。食事まで時間が有ったので、またもやブラブラ散策。

1501296.jpg

15012991.jpg

15012992.jpg

1501298.jpg


部屋に戻っても、やる事って写真を撮るくらいしかありません。

15012994.jpg

1501299.jpg


こんな写真を撮る事からして、いかに時間を持て余しているか、お分かりかと・・・・・

15012999.jpg


三脚持参の人も何人か居ましたね。確かに写真撮影が目的の人には最高の素材でしょう。私は、そこまで
気合をいれる気はサラサラ無く、一脚は用意したものの、X1から持ち出すのを忘れてしまいました。(苦笑)
まぁ、そんなもんです。だから全て手持ち。ピンボケを量産したのは言うまでもありません。酷いノイズだし。

確かに見掛けは情緒あふれる、ランプの宿。でもねぇ、大人の目から見ると醒めてしまうのですね。
当たり前だけど、廊下には避難口誘導灯があるし、トイレも暖房便座。脱衣場には片隅に灯油ファンヒーター。
暗いから気が付かないけど、ファンヒーターは当然電気で動いている訳です。そもそも普通に考えれば、この
人数の食事を賄う厨房に電気が無くては無理。夏に冷蔵庫は必需品です。恐らくは、共用部のみを低圧で
受電しているのでしょう。

限りなくカモフラージュされているので、まぁ、雰囲気を楽しむ感じですかね。客室内は全く電源がありませんから。
気付かない人は、こんな秘境の地だから、本当に電気が来ていないと思うかもしれません。
実はその方が幸せなのかも。(苦笑)

さて、夕食。大広間に宿泊者全員がブロイラーの様に座ります。座布団の間隔も狭く、胡坐をかくにも気を使う。
だから、同伴者との会話を楽しみながら、ゆっくりと1年最後の食事を楽しむ・・・なんていうのは全く無理です。
ちなみに料理は正しく精進料理のそれと同等。日本酒がサービスされるところは、さすがに大晦日だけどね。
昨日の弘前フレンチの方が、雰囲気も内容も遥かに良かったのは皮肉でした。

部屋に戻ると、いよいよ、する事が無い。ちなみに部屋の照度は、この写真がピッタリ表現しています。

15012993.jpg


ランプで本を読むのも乙だなぁ~ などと思い、数冊持参した自分が恥ずかしい。本どころか、相方の顔も
まともに見えない。改めて見る気もないけど。(爆)  あぁ、まだ21時です。NHKの紅白歌合戦が始まる。
私はテレビ嫌いだから全く問題無いけど、テレビ人間の相方はかなり辛そう。止むを得ずスマホのゲームを
始めています。あ、電波は通じないのでネットはダメ。スマホ・タブレットは役に立たない。
スマホを持たずゲームもしない私は売店へ・・・・・これしかする事がありませんでした。

15012996.jpg


念の為、持参した懐中電灯が役立ちました。床面はマジで暗い。
すぐに空気が悪くなる石油ストーブの換気に気を使いながら、チビチビ・・・・・

結局、大晦日に 「ランプの宿」 に泊まる事は、一年間を怠惰に過ごした自らを戒める事だと思いました。(爆)
リピーターも多いと聞くけれど・・・・・本当かなぁ?  演出過多と感じる私が再訪する事は100%無いでしょう。

除夜の鐘も、「蛍の光」 を聞く事も無く、いつしか眠りに落ちました。



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/02/02(月) 23:20:35|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード