造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

「本日でしたら、5時から6時20分までなら大丈夫です」

1510300.jpg

今週はキツかった。今日の午後、やっと開放されて、早めに退社しました。
こんな日の、自分へのご褒美は決まっています。

関内のシシリアでピッツァを食おう。平日の開店直後が穴場。 電話をすると・・・・・タイトル通りでした。
何と行っても、この生地が美味い。

1510301.jpg


ココの生ハムは初めて食いました。

1510302.jpg


相方と一緒に3枚もオーダーしてしまった。もう当分ピッツァはいいや・・・・・

さて、この週末は3週間ぶりにエリーゼのステアリングを握れる。日曜限定。
早朝・紅葉ツーリングと行きたいところだけど、天気が微妙。
紅葉はホント・見頃が短いですね。与条件として土日・晴天を入力すると

「お探しの日は該当ありません」

などとアウトプットされそう。(苦笑)
もう少し南下するまで辛抱かな・・・・・






テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2015/10/30(金) 21:22:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015夏 北海道ツーリング 6日目  白滝3兄弟 ~ オトンルイを目指せ

1510100_201510212353224bc.jpg

全くやる気の無い北海道ツーリング記。6日目は北上します。まずは秘境駅として有名な白滝3兄弟を
目指します。これら3駅は、遂に廃止が決まってしまいましたね。最初は下白滝駅。
丁度、列車が発車する所でした。もう少し早かったらエリーゼと2ショットが可能だったのに。残念。

1510101_20151021235323d70.jpg

1510102_201510212353249a2.jpg


お次は旧白滝駅

1510104_2015102123532778b.jpg

1510103_201510212353268ab.jpg


最後は上白滝駅。

1510105.jpg

1510107_20151021235355de9.jpg


この時刻表を見れば廃止も止むを得ないか・・・・

1510106_20151021235354a59.jpg


下白滝駅で遭遇したのが7時台の列車です。信じられない幸運。
あまり秘境感は無かったけど、廃止は残念ですね。幸福駅みたいに残るとは思えない。
駅ツアーはここまで。滝上町までビューポイントに脱線しながら北上します。

1510108_20151021235357bed.jpg

1510109_20151021235358a6b.jpg


そして、これからホットモードに切り替え。怒涛の道道攻めに突入です。
137~61号で肩慣らし。岩尾内湖にぶつかります。2年振り。

15101091_20151022000200f40.jpg


101~60~49号。昨年は仁宇布でトロッコ列車を楽しんだけど、今年は時間が無いのでスルー。
そのまま120号で一気に中頓別へ。超快走。目は三角。ゴキゲン・ワーゲン。ロータスだけど。

15101092_20151022000201de0.jpg

15101090_201510220001592ea.jpg

15101093_20151022000203d6c.jpg


中頓別からは785~583~645号。このルートは全く北海道らしくない。まるで箱根を走っている気分に
なります。もちろん一級品のワインディングロード。そして昨年同様、こんな駅にぶち当たります。

15101094_20151022000204f93.jpg

15101095_201510220002384eb.jpg


例年であれば、このままオロロンラインで北上しオトンルイを眺めるのだけど、ナビ画面で出てきた
細道に気を引かれ、地図とにらめっこ。行ってみよう。

15101096_2015102200024026f.jpg

15101098_2015102200024315a.jpg

15101097_201510220002419fd.jpg


で、延々とダートを走りました。(笑) 今回は本当によくダートを走る。エリーゼは埃まみれでした。
しかしながら、苦労の甲斐もあり、得たものは大きい。こんな見え方もあるのか・・・・・

15101099_20151022000244af6.jpg

151010990_201510220007035b2.jpg


そして風車の麓へ。

151010991_20151022000704b52.jpg

151010992_20151022000705367.jpg

151010993_20151022000707777.jpg

151010994_20151022000708245.jpg


さよなら、オロンルイ。また来年かな? 

1510109991.jpg


影が延びてきました。稚内のホテルはかなり混雑していたけど、何とか確保できて一安心。
良さげな脇道も楽しみながらオロロンラインを走ります。

151010995.jpg

151010996_20151022000730d2a.jpg

151010997_20151022000731d9e.jpg

151010998.jpg

151010999.jpg

さすがにマンネリ感が漂うオロロンラインだけど、本線からちょっと逸れれば、また違った風景を楽しむ
事が出来る。ダートまで踏み込むか否かは究極の選択か? (苦笑)

明日の道北は残念ながら天気が悪い。本当に今年はツーリスト泣かせ。
道東が良さそうなので、もう南下?

1510109990.jpg




テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/22(木) 22:06:37|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤い4Cと黒いクラウン

1510113.jpg

昔、「赤いキツネと緑のタヌキ」 というカップ麺のCMがありましたが・・・・・

昨日の体育の日。もちろん私もスポーツに勤しみました。その名もモータースポーツ。(笑)
先週に引き続き箱根です。4週で3回はチト多すぎだけど、来週・再来週末は所用があり、エリーゼに
乗れない事が決まっているのでね。

スタートダッシュに出遅れた為、ターンパイクは登らず、箱根新道から芦スカへ。
芦スカは半分ほどウェット。チキンな私はウェットが (も) 大の苦手です。そんな中、この日は中年オヤジが
楽しむペースよりワンランク上の猛者4台がゴリゴリと攻めていました。私もタマラず進路を譲ります。
バリバリの国産チューンド・カー。日陰のウェットが混在する中、あの人達のタイヤは一体
どうなっているのだろう。(苦笑)  いやぁ、マジで速かった。

超特急をやり過ごす為、三国峠に逃げ込みます。(爆)  峠からは、この日曜に初冠雪となった
富士山が青空に映えていました。

1510111.jpg


そして青空に映えていたのが、もう一つ。 三国峠にアルファ4Cが停まっていました。

1510112.jpg


4C、エリーゼ、そして最奥がフェラーリ。でも、ココで一番速いのは、多分さっきの・・・・・(苦笑)
4Cのオーナーとしばし会話をしました。ポルシェかロータス (価格帯から考えるとエキシージでしょう) と
迷ったけど、4Cにしたとの事。オーダーから1年近く待ったそうです。予算は別としても、私は絶対に
待てないなぁ。

初めて公道で4Cを間近で見ましたが、ディーラーで見た時より幅広感は少ない気がしました。
狭い芦スカでも楽しそうです。アイドリング音も迫力がある。エリーゼとは違う。
この4Cと一緒にエリーゼで芦スカを走ったら・・・・・きっと前でも後ろでも楽しいだろうなぁ。
紳士な4Cオーナーとは箱根での再会を約束して、再び芦スカの人に。 軽く流して帰路に着きました。

相変わらず旧道を駆け下り、午前10時。ガラガラの西湘バイパスの走行車線を気分良く流します。
前方の非常駐車帯から黒いクラウンが合流。怪しい。追越車線に出て、追い抜きざまに一瞥するも
ヘルメットを被っていない。念の為、クラウンを追越し、走行車線に戻りスピードを落としバックミラーで
確認すると頑強そうな男2名乗車。 ウ~ン、怪しいなぁ・・・・・でもヘルメットを被っていないし・・・・・
速度メーターを見る。 あ、ヤバいかも・・・・・

脇の下が湿っぽくなってきた私の横に、追越車線を走ってきた黒いMR2が並んだ瞬間、後ろの
クラウンのフロント部分が、箱根の4Cのボディカラー如く、赤く輝き始めました。

あぁ・・・・・やってしまった・・・・・

赤色灯が付いた時のクラウンは走行車線です。だから、間違いなく私が対象だと思いました。
ところが、クラウンはいきなり追越車線に飛び出てMR2の背後に付き、拡声器から掛け声一発。

助かりました。かわいそうなMR2。決して無謀なスピードではありませんでした。
クラウンは間違いなく私を捕まえようか否か、迷っていました。そこに現れた救いの神。
やはり私のココロのレーダーは正常でした。

それにしても、あの捕まえ方はおかしい。背後から同スピードで追走 (確か200mだったか?) し
計測してから捕まえるのが本来の追尾式取締です。
あのタイミングで赤色灯を光らせられたら、納得出来ないでしょう。MR2も明らかに

「え? 俺かよ?」 

みたいな仕草でした。

以前、私も東名を走っていた時、背後から覆面が猛スピードで迫ってきて停車を命じられましたが
追走にすぐ気付いて減速した車に対し、かなり遠方から猛加速してきた車が速度の計測など出来る
訳がありません。
覆面カーの中で速度履歴を見せられても、この点を延々と話し、納得出来ないと粘っていたら
遂に諦め、放免された経験があります。
(追越車線を延々と走っていた事は自ら申告し、これに対する罰則は受けると言いましたが
そんな事では捕まえないと。これも不思議だが・・・・・)
あのスピードで、あのやり方で捕まってしまったMR2のドライバーには、是非戦ってもらいたいと
思います。

西湘バイパスと小田厚は覆面天国です。常に怪しい車を網に掛けるココロのレーダーが必須です。
過去、何度も煮え湯を飲まされてきた私、高い授業料は前払いで完済と言う事でしょうか? (笑)






テーマ:英国・イギリス車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/13(火) 22:31:54|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2015夏 北海道ツーリング 5日目  昨年のリベンジ

1510103.jpg

目的地の無い放浪ツーリングですが、唯一、絶対に行きたかったポイント、タウシュベツ橋梁。
昨年の信じ難い事態から一年。遂にリベンジの時を迎えました。昼間に一時晴れるとの予測を信じて
帯広を出発です。今にも泣き出しそうな天気の中、まずは十勝牧場の有名スポット。

1510100.jpg


糠平湖へ向かう道は極力国道273号を避けました。

1510102.jpg

1510101.jpg


そしてタウシュベツ橋梁への林道。2年振りです。ゲートは冒頭の写真の通りクローズですが・・・・・

151010993.jpg


上士幌町の森林管理署に立ち寄り、ゲートの鍵を借りています。題して 「幸福への鍵」。 (笑)
団体ツアーが好きでない私、鍵を返す手間が必要でも自力で向かいます。写真を撮るだけなら
ツアーでも良いけど、滞在時間が・・・・・朽ち果てた橋を一人でボーッと眺めていたい。
ココは小鹿田の里と並んで最も好きな場所。それではゲートを開けます。 

1510104.jpg


幻の橋へ向かうのは非常にハードルが高い。エリーゼには辛い林道です。4、5kmはあるけど
亀のようにヨタヨタ進めます。離合は困難。対向車が来ない事を祈ります。酔狂なのは私だけで十分。

151010994.jpg


草ボーボーの懐かしい空地にエリーゼを停め、昔は鉄道が走っていた細道からアプローチ。

15101095.jpg


そして・・・・・今年は草原状態でした。

15101090.jpg

1510106.jpg

1510107.jpg

1510108.jpg


昨年も糠平湖の水位が低く、草原状態だったけど、2年前は橋の半分近くまで水位が上がっていました
見た感じが全然違います。あの時は対岸に渡れませんでしたが、崩壊寸前のこの場所は、2年前と
あまり変わっていませんね。

15101093.jpg


結局、2時間ほどタウシュベツを眺めていました。 私と同様、一人で見に来ている人がおり、ちょっと
会話をしたのですが、やはり昨年もココまで来て断念されたそうです。一気に親近感を覚えました。(笑)
で、お互い共通の感想。草原化されたタウシュベツも一度見るのは良いのですが、やはり湖面に映る
橋梁が本来あるべき姿だなぁ~。

15101091.jpg

1510109.jpg

15101092.jpg

15101094.jpg


夏から2ヶ月経過した今でも、ネットで水位をチェックしているのですが、もうかなり上昇しており、年内には
完全に水没してしまうでしょう。
いつまで完全な姿を見られるのか・・・・・崩壊へのカウントダウンは始まっています。

雲行きが怪しくなってきたので引き上げ、林道のゲートに鍵を掛けるや否や、大雨となりました。
覚えている方もいるかもしれないけど、盆休み中の北海道の天気は最悪。総合ニュースで何度も
映像が流れていましたね。私は晴れている場所に向かって行動していましたが、予めコースを
設定していたツーリストの多くは涙を流した事と思います。この時も凄い雨。とても走れず待機して
いたものの、アッと言う間に車内は雨漏れ発生。林道走行中だったらマジでヤバかったと思います。

151010996.jpg


豪雨が過ぎてから、北上。毎年の定点観測。

15101096.jpg


この時点で何処へ向かうか決めかねてたので、とりあえず国道39号を左折し層雲峡へ。

15101097.jpg


旭川か北見で宿泊しようと思ったけど、調べたら留辺蘂の手前に手頃な温泉宿を発見。空きを確認し
エリーゼの鼻先を向けます。途中、良さげな道を発見し左折。グングン登るワインディングを楽しみます。

15101098.jpg


これは見っけモノ。ウェットが残念だけど、ツマラナイ国道を走ってきた借りを返します。

151010990.jpg


しかしながら、途中で小さな崖崩れ。とにかく天気が悪い北海道、さすがにこれ以上は危険かと思い
残念だけど戻る事にしました。後日談ですが、この先は通行止めとなっていました。

15101099.jpg


下りも豪快かつ慎重に? 

151010991.jpg


段々と暗くなってきました。温泉前の最後のひとっ走りです。

151010992.jpg


そして温泉施設に到着。素泊まりで格安だけど、泉質も良く快適でした。
前回分も合わせたルート。

151010997.jpg


これから北上です。





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/11(日) 23:07:57|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2015夏 北海道ツーリング 4日目  ソロツアー開始

1510081.jpg

もう2ヶ月も前の事だから記憶も無いし、ヤル気も無いけど・・・・・(苦笑)
珍しく平日早くに帰宅できたので、北海道を続けます。

札幌に向かったのは、相方を飛行機に乗せる為。熱中症の為、ここで離脱です。
そして午後からはツーリング再開。こんなに早い段階で札幌に居るので、半日をどうしようか悩む。
今回のツーリングでは鄙びた駅を何か所か周りたかったので、とりあえず日高へ向かう事に。
当たり前ですが、道道の一筆書き。安平から道道59~74~131~797~71~208。
変態と呼ばれて大いに結構です。(笑)  近道と楽しさは反比例。

1510084.jpg


ここで太平洋沿いの国道235号に出て、清畠駅・豊郷駅でしばし感慨に耽る。

1510082.jpg

1510083.jpg


実は日高本線、今年の1月に高波による被害で現在も不通となっています。只見線同様、復旧は
かなりヤバい状況らしい・・・・・話は違うけど、奥只見もそろそろ紅葉の季節。今年は久々に
洗い越しを渡りに行くつもり。

豊郷から北上し樹海ロードと呼ばれる国道274号で日勝峠を超えます。相変わらず馬系?の牧場
が多い。

1510085.jpg

樹海やら峠やら、ソソる単語が並んだけど、道は実に平凡。既に暗かったから距離を延ばすだけの
走行だけど、昼だったら退屈でしょう。

帯広IC近くの安ホテルにエリーゼを滑り込ませました。明日は昨年のリベンジ。





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/06(火) 22:02:18|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オープン走行 絶賛発売中 @箱根

1510015.jpg

相も変わらず・・・・・エリーゼを購入して4年近くなるけど、未だに箱根のワインディングが楽しくて
仕方が無い。今週も箱根です。北海道ツーリング記はどうなるんだ?

絶好のオープン日和、まずはターンパイクを駆け上がりますが、今日はパトカーが出動しましたね。
11km過ぎの空地で2台がゴソゴソ。サイン会場の設営でしょうか? 一気にモチベーションが下がって
しまいました。

1510011.jpg


大観山のPは大賑わいでした。相変わらずポルシェ軍団。トイレに行こうと思ったものの、駐車スペースを
探すのも難儀するほど。結局スルーし、芦スカへ。

ヤギPでは、名物? のヤギが売店に入り込む珍しい光景を目にしました。

1510012.jpg


あぁ、売り物の菓子袋を咥えてしまいます。ヤギが紙を食うのは童謡にありますが・・・・・

1510013.jpg


結局、店の人にコッ酷く怒られてしまいました。躾棒?でピシピシと。文字通り 「メェ~メェ~」 と
泣いていました。(笑)

1510014.jpg


芦スカ~箱スカで汗を流した後は、いつも通り旧東海道 (県道732) で山を降ります。
スポーツ走行をした後に、またまたRのキツいワインディングロードとなるのですが、決して目を三角にして
走る訳では有りません。芦スカの7割程度で流すのが好きなのです。箱根新道は情緒の欠片も無い。
で、特に好きな部分が、ほんの僅かに出現する直線部分。クネクネ走った後の、木漏れ陽の直線が
実に心地良い。

1510016.jpg


ここには甘酒を売る茶屋があります。バス停も 「甘酒茶屋」

1510017.jpg


茶屋を過ぎると、180度方向転換するようなカーブが続き、温泉街の細道へと繋がります。対向車も多く
走り辛いけど、情緒があり苦にならない。
そして国道1号線にぶつかる手前にある、この店に立ち寄りました。

1510018.jpg

普段はアッサリ素通りするのですが、毎週のようにエリーゼで初秋のオープン走行を楽しんでいる
後ろめたさ(苦笑)から、今日は珍しくスイーツ土産を購入。 これで来週も大丈夫でしょう。
それにしても、今日はオープンカーを良く見かけました。新型ロードスター、S660等々。

初秋に楽しむオープンカー・・・・・絶賛発売中といったところでしょうか。





テーマ:英国・イギリス車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/04(日) 21:03:57|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード