造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

2016 春  南紀ツーリング第三ラウンド 三日目 

1603278.jpg

手抜きレポ故、アッという間に最終日です。(笑)

8時にホテルを出て、御坊から県道24号へ。

1603270.jpg

程なく、道は上昇気流。適度なワインディングが楽しい。綺麗な海を臨みながら左右にステアリングを切ります。
MINIから嵌ったオープン&MT&ワインディングの組み合わせは、私にとって最高の食材。シェフの腕前は
ファミレス並みだけど。(笑)
由良からはシーサイド・ツーリング。

1603273.jpg

1603272.jpg

1603279.jpg


石灰岩が美しい公園でDS3を停め、ゆっくり散策します。

1603274.jpg

1603275.jpg

1603277.jpg

1603276.jpg


所々で一時停止していたら、正午を過ぎてしまった。食事処を探してウロウロし、有田IC近くの焼肉屋へ。
店内に客は誰も居ない。出てきた店のオヤジは外に居たらしく、一度通り過ぎた私の車が戻ってきたので
嬉しそうに話しかけてきました。やはり目立つ車らしい。焼肉をつまみながら雑談。(苦笑)

この後、近くのケーキ屋に立ち寄りギトギトした口内をコーヒーで洗浄。時刻は14時を廻ったので、そろそろ
帰宅しなければならない。まだ広い南紀の西端に居る訳です。50km対岸は四国。(苦笑)
シフトを1速に叩き込み、ノーズを東に向けアクセルを踏み込みます。



横浜までは600km近くあるので、大人しく有田ICから高速道に乗ります。
新たに豊田JCTまで繋がった新東名を使って夜9時には自宅に着きました。楽しかったなぁ。



・・・・・なんて展開だと、3ヵ月も放置したにも関わらず、こんなニッチなブログを未だに覗いてくれる方々に
対して申し訳ない。
ここから三桁国道を駆使して、紀伊半島を横断する事にします。(爆)

国道480~371~370~169~166号と、三桁国道を走り倒し、松坂ICには18時半着。
あぁ、よく走ったなぁ・・・・・国道とは言え、山間部を走る480と166は交通量も少なく、ゴキゲン・ドライブ。
南紀ツーリングを満喫しました。

ここからは本当に高速道で帰宅します。
相変わらず四日市周辺は渋滞しているので、伊勢湾フェリーを
使って帰ろうと思ったけど、最終便は何と17時過ぎに出航済み。知らなかった・・・・・
止むを得ず鈴鹿から渋滞の嵐に突入し、帰宅は25時過ぎ。さすがに疲れました。

16032792.jpg

さて、いずれDS3カブリオの感想を書きますが、試乗で感心したシートの出来の良さを再認識しました。
そうでなければ、あの時間から半島横断など、やろうと思わないでしょう。
基本的に仕事用なので、収支を考えての購入でしたが、プライベートでも使えそうです。高速主体なら
燃費は予定通り15~16km/L。 屋根が開くという付加価値を付けたのは正解でした。

16032791.jpg


この部分のコストは足が出そうですが・・・・・好きな事だし、止むを得ないかな。



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/29(火) 23:20:26|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016 春  南紀ツーリング第三ラウンド 初日・二日目 

160324.jpg

先週の3連休。天気も良さそうなので、距離的には手頃な南紀へツーリング。過去2回の南紀ツーリングで
まだ走っていないエリアを巡行するつもりでした。
3ヶ月ぶりに復活したエリーゼは、いきなりのトラブルで出動出来ない為、イプシロンの後釜で行く事に。
いずれ詳しく紹介するつもりですが、とりあえずコヤツのツーリング能力を検証します。

土曜の午前3時に出発。雨雲に立ち向かい、相変わらず四日市で渋滞に嵌ったものの、10時には志摩近辺。
天気はまだ曇っていたので伊勢志摩スカイラインはパス。海沿いの国道260~42号をノンビリと流します。
国道311号に入る頃には太陽が顔を出し、ゴキゲンに。時間的に余裕を見て十津川温泉で泊まる事にしました。
十津川温泉の旅館なんて楽勝と思いきや、3連休という事もあり何処も満室。焦りました。
309~169~168号を継ぎ、早めのチェックイン。温泉で体を癒しました。

1603250.jpg

1603264.jpg

1603265.jpg


二日目。相変わらず細い小道を駆け上がります。

1603251.jpg

1603266.jpg

1603254.jpg


目的地は・・・・・

1603252.jpg

1603253.jpg


世界遺産に登録されている熊野小道の小辺路でした。時間があれば車ではなく、下から歩きたい。
国道168号を少し北上し、また脇道へ入り登ります。

1603267.jpg


大正時代築造の旧武蔵小学校。

1603262.jpg

1603263.jpg

この辺りはマチュピチュや日本のチロル・下栗の里を思わせる。

1603261.jpg


エメラルドグリーンに輝く十津川沿いを走る国道168号は実に快適。

1603255.jpg


途中、吊橋が掛かっているのを発見。

1603260.jpg


多くの観光客が訪れる谷瀬の吊橋が有名だけど、観光客向けでは無いココの吊橋は凄かった。

1603256.jpg


今迄、吊橋を渡って怖いと思った事など無かったけど、この吊橋はマジで痺れました。薄い踏み板は
ギシギシと音を奏で、それを受けるワイヤーは錆び錆び。

1603257.jpg

1603259.jpg


戻る時は順光。

1603258.jpg


吊橋はもうイイや・・・・・

このまま168号を北上し、橋本からは広域農道で西へ向かいます。6MTを忙しく駆使し、アップダウンの
多いカントリーロードを楽しみます。そして和歌山市街では有名な豚骨醤油。

1603268.jpg


そのまま南下し、夜9時に御坊のホテルにチェックイン。最近のツーリング・レポは手抜きが目立つ。(笑)



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/27(日) 01:04:07|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ちょっと走りに行くか・・・・・

1603181.jpg

やっと人並みの生活に戻った3月。3連休だと、こんな所が妥当か・・・・・3年振り。

第一ラウンド

第二ラウンド

それでは、第三ラウンドに突入します。 あ、エリーゼは本国からのパーツが未だに届かないので
ガレージで眠ったまま。暖かくなってきて、ツーリング・シーズンが始まったのに残念。





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/18(金) 20:23:46|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2016冬 東北 湯治ツーリング・・・・・3日目・4日目

1603020.jpg


遡って、前日の肘折温泉の夜の事。性懲りも無く秋田・乳頭温泉の宿に片っ端から電話をしてみるけど
どこも満室。土曜日だしなぁ・・・・・で、最後に端から諦めていた 「鶴の湯」 にダイヤルすると・・・・・

「ちょっとお待ち下さい」

ん? これまでと対応が違うぞ・・・・・そして返ってきた言葉は

「今、キャンセルが出て、六畳のお部屋ならご案内出来ます」

今年一年分の運を使い果たした気がしました。乳頭温泉郷の、それも全国人気の 「鶴の湯」 が
宿泊前日にゲット出来たのです。辛い事の後に幸あり。努力は報われる。(爆)
そんな訳で、秋田・乳頭温泉郷へ向かったのです。チェックアウトまで肘折温泉の薬湯に浸かり、出発です。

1603140.jpg


そして午後四時にはアプローチの看板を見つけました。

1603021.jpg


X1を圧雪の細道に進めます。ウィンター・ツーリングの真骨頂。

1603023.jpg

1603144.jpg

1603022.jpg


「鶴の湯」は、写真に残したいと思うような良い雰囲気の温泉宿でした。

1603024.jpg

1603025.jpg


夜も出歩きたい。

1603026.jpg

1603027.jpg


Night & Day

1603028.jpg

1603029.jpg

16030291.jpg

16030292.jpg


泉質も良く、人気なのが理解出来ます。何と言っても食事付きで一人9,500円とは格安。
食事も悪くない。

1603141.jpg

1603142.jpg


浴槽は数種類ありますが、有名な混浴露天風呂には4度入りました。

1603143.jpg


残念な事が一つ。人気が有りすぎて人の居ない場所が無い事か?
翌朝もチェックアウト前から団体ツアー客が日帰り温泉を楽しみにワンサカやってきます。写真を撮るなら
早めの行動が吉。(笑)

最終日は一気に高速道路で南下。元々、銀山温泉にも泊まってみたいと思っていたけど、鶴の湯で
知り合った温泉通の方によると、値段と中身がつり合っていないとの事。確かに銀山温泉は、どの旅館も
高額。温泉街の雰囲気は良いのだけど、泉質自体はあまり特筆すべき点が無さそうだし・・・・・
で、アドバイスを受け撤回。あとは鳴子温泉も湯治ツーリングの候補だったけど、この三日間の
食事が山菜主体の会席だった事で、所謂旅館は食傷気味。結局、鳴子もパスし福島まで下り、カードの
利用で溜まっていたポイントを使って、裏磐梯の旧猫魔ホテルを予約しました。
天気も悪いので、早々にチェックイン。

16030293.jpg


昨日までの2泊とはまるで異なる佇まいが新鮮でした。カードのポイントも意外と役立つ。

16030294.jpg

16030295.jpg


最後の温泉。

1603145.jpg


今回のツーリングは温泉主体となったけど、体がふやけるほど濁り湯に浸かり、雪道もそこそこ楽しめ
当初の思惑通り、心と体の湯治ツーリングとして満足出来ました。

冬のライフスタイルを充実させる為に、セカンド・カーに四駆を取り入れて始めたウインター・ツーリング。
主な豪雪地域は行き尽くした感があるけど、まだまだ止められないなぁ・・・・・



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/16(水) 23:46:55|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2016冬 東北 湯治ツーリング・・・・・初日・2日目

16030195.jpg

2月中旬の事。やっと先が見えて4日間の休みが取れ、体を癒しにツーリングへ出ました。
月末のエリーゼでのツーリングも癒し系だったけど、この4日間のツーリング時はホント、体のあちらこちらに
変調を来たしており、もうボロボロで壊れかけていました。だから、こんな短期間で湯治とは言えないけど
目的は正に心と体の治療。体の治療は温泉、心の治療はツーリングという訳です。

行き先は、冬靴に履き替えたX1を楽しむ為、北へ向かいました。いつも思うけど、東北ツーリングは、関西圏
という関所を通過しなくてよいので、実に楽。ルートは相変わらず漠然としているけど今回はテーマが明確。
泉質の良い温泉地に宿泊するのが条件でした。3泊するけど、肘折温泉と乳頭温泉は何とか浸かりたい。
中でも乳頭温泉は人気の温泉地だけど宿泊施設も限られ、私のような当日になって予約するような人間が
宿泊できる可能性は極めて少ない。全国の人気温泉ランキングで常にベスト3に入る「鶴の湯」 は無理でも
どこかに泊まれればラッキーくらいのつもりで出発しました。

金曜の早朝に旅立ち。渋滞前に首都高を抜け、東北自動車道を北上しながら、宿探し。乳頭温泉はどこも
全然ダメです。当たり前。ルート的には銀山温泉か肘折温泉が良かったけど、銀山温泉も一杯。
金曜宿泊なのに、この人気。今回のツーリングは宿泊が厳しそうです。それでは・・・・・と肘折温泉にアタック。
見た目、いい泉質っぽい宿を無事ゲット。これで安心して一日が過ごせます。(笑)

昼前に山形入り。途中、蔵王に立ち寄り。目的は樹氷です。駐車場の確保にかなりの労を要したけど
何とかロープウェーに乗り込みました。

1603015_20160305205015a05.jpg

1603014_20160305204949694.jpg

1603010.jpg


初めて見る樹氷は素晴らしいものでした。

1603011_20160305204945c47.jpg

1603012.jpg

1603013_20160305204948fe3.jpg


頂上付近は天気も荒れ気味でしたが、目まぐるしく変わる山の天気。初のトライでそこそこ見る事が出来たのは
周りの人によるとラッキーとか。スキーをやる人には珍しくも何とも無いのでしょうけどね。

体が冷え切った。これで益々、薬湯のような温泉が楽しみになってきました。
肘折温泉は、私の期待を裏切る事無く迎えてくれました。

高級旅館が立ち並ぶ温泉街ではありません。一週間以上滞在する湯治目的といっても良い鄙びた温泉地
ですが、それは正に今回、私が求めていたもの。夕飯前。就寝前。朝飯前。出発前。4回浸かりました。(笑)

1603130.jpg

1603131.jpg


そうそう、肘折温泉は日本有数の豪雪地帯。浴室の窓を開けると斜面の雪が近接。大丈夫なのだろうか・・・・・

1603132.jpg


翌日。肘折温泉地一帯を探索します。

1603016_2016030520501617b.jpg

1603017_20160305205018804.jpg

16030192_2016030520513530f.jpg

1603018_20160305205019fcc.jpg

1603019_20160305205021175.jpg


X-DRIVEとヨコハマ・アイスガードの四駆システムで、凍結路も不安は無い。

16030190_20160305205133633.jpg

16030191_201603052051348b2.jpg

16030193_20160305205137abd.jpg


肘折温泉を後にし、下道でさらに北上します。この壁は迫力があったなぁ。

16030194.jpg

16030196.jpg


道中、目を見張る景色を度々目にします。

16030197.jpg


相変わらず、所々で脱線。

16030199.jpg

16030198.jpg

160301991.jpg


本日の行き先は・・・・・なんとラッキーの2乗が降り注いだ。辛かった業務がやっと報われたと思いました。




テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/13(日) 22:31:12|
  2.   東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

イプシロンの後釜

1603101.jpg

以前、こんな記事をアップしましたが、10月末頃から水面下でイプシロンの代替を探し始めました。
仕事利用が主体なので、 投資金額-下取金額-月々の会社支給交通費≒0 を目指す中での購入。
従って、人気車で燃費が良い車が必須です。ここで言う人気車とは、ニッチでコアな人気の車も含みます。
だから、プリウスとかアクアを積極的に選択する訳ではありません。(笑)  もう一つの条件は、クライアントに
行く事もあるので、地味なスタイル、地味な色。スタイルは守れないかもしれませんが・・・・・
ちなみに、前車のイプシロンが、いかに不似合だったかが分かります。(苦笑)

久々に五感に訴えるツインエア・エンジンの楽しさに、完全にノックアウトされた私でしたが、先に記した様に
ペダル・レイアウトが全く我慢できない。自分を納得させようと思って3回も試乗したのですが、どうしても
我慢できませんでした。ATから乗り換える人だったら受け入れられるのかもしれませんが、私のように
30年もMTを乗り続けていると、これで、よく売れるなぁ・・・と思ってしまう。 このツインエア・エンジンは
MTで思いっきり回してやるのが気持ち良いのに、本当に残念。

写真は500Sの特別仕様車。レザーシートにアバルト用のガンメタの外装が、「男のチンク」 と訴えている
ようで、大いに気に入りました。

1603109.jpg

1603102.jpg


冒頭の写真だと、手前が500S、奥2台がアバルトです。色が同じだと違いも目立たないですね。
ホント、楽しい車で、ペダルの問題さえなければ即決だったのに、惜しいなぁ・・・・・

アバルトは、エンジンの楽しさはツインエアに譲るものの、走行時のフィーリングは実に良かった。こちらは
LHDが選択でき、ペダル・レイアウトは多少改善されます。エグゾーストノートもその気にさせてくれます。
ルックスも良いしね。

1603103.jpg
 

こちらも試乗を繰り返しました。500Sが落選した為、80%はアバルトに決めかけていました。
が・・・・・

どうしてもツインエア・エンジンが忘れられず、ハッと閃いたのが並行輸入のLHD仕様。もうここまで来ると
一種の病気ですね。ネットで探し1台見つけました。これが何とカブリオレ。もう付加価値の付いたツインエア
に私は完全にノックアウトされました。

1603106.jpg

1603107.jpg


プライベートに使う車だったら、もう即決でした。しかしながら、このミントグリーンというパステルカラーに
アーモンド・トップの幌というコンビネーションが・・・・・

仕事帰りの夜に立ち寄ったので、写真だと分かり辛いのだけど、もうこの色、目立ちまくりです。
イイ歳こいたオッサンが、このパステルカラーのキュートな車でクライアントの事務所に乗り付けたら・・・・・
考えただけで顔から火が出ました。 随分悩んだのですけどね。 泣く泣く断念しました。

以上、3種類の同型車で心が揺れ動いた訳です。

1603104.jpg

1603100.jpg

1603105.jpg


で、グレーのアバルトでほぼ決まりだったのですが、このミント・カブリオレに刺され、病気が発症してしまった。
そう、 「屋根剥ぎ病」 ってやつです。



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/11(金) 00:30:27|
  2. ランチア イプシロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

遂に朽ち果てた・・・・・ランチア・イプシロン 最後の夜

1603072.jpg

ブログ休止状態の3ヶ月間、色々な事があったけど、最大のトピックは、イプシロンを降りた事でしょう。
これを書かないと次のステップに進めないので・・・・・居なくなってから、もう3ヵ月近くになる。

16030791.jpg


朽ち果てるまで乗ると公言してきましたが、マフラー脱落事件から転げ落ちるように調子が悪くなりました。
多少の不具合であれば、手を入れて乗り続けるつもりでしたが、同時多発でコストもかなり掛かりそう。
色褪せも酷く、再塗装の見積をしてもらった矢先。修理を先送りすれば、間違いなく自走出来なくなるのは
分かっていました。

1603076.jpg


マフラーが脱落した時に思ったのですが、メインは仕事用であるが故、大事な用件の際に不動となって
業務に支障が出ると非常にまずい。分かっていたことだけど、実際に起こると、考えさせられました。
あまりに忙しくて、アルファGTの時と同じ病気が発症したのも要因か・・・・・

そして・・・・・悩んだ末、遂に乗り換える事にしたのです。

私のところに来てから、3年・7万キロ乗りましたが、遂に朽ち果てました。15年選手。よく持ったと思います。
今迄、何台も車を乗り継いできましたが、デザインという点では間違いなくNo.1の車でした。
フタを被せるようなボンネットとリアゲート。ボンネットのラインとグリルの納まり。絶妙な曲線を描きながら
微妙にホイールアーチを分断しフロントとリアのバンパーに繋がるサイドモール。

1603077.jpg

1603078.jpg


見れば見るほど、凝りに凝ったデザイン。エンリコ・フミアの秀作です。こんなデザインの車に乗れる事は
もう二度と無いでしょう。イタ車絡みのショップやディーラーでは、欲しいという人に何人も出会ってきました。
意外にも女性が多かった・・・・・

色々な車とのツーショットもありました。エリーゼ同様、駐車していると声を掛けられる事もしばしば。
何処に連れて行っても、負い目を感じる事の無い人気者でした。

1603074.jpg

1603075.jpg


希少なエレファンティーノ・ロッソのイプシロン・・・・・私の車遍歴の中で、忘れる事の出来ない一台となりました。

1603079.jpg


買取専門業者と商談がまとまったのは昨年12月下旬。暮れも押し迫った夜、後ろ髪を引かれる思いで
車を置いてきました。

1603071.jpg

1603073.jpg

1603070.jpg


正月明けには、大手中古車サイトに掲載されました。想定内のイタ車専門店からの出品でした。
オートオークションで買い取られたのでしょう。そして掲載から7日。アッと言う間にソールドアウトと
なりました。エレファンティーノ・ロッソは網を張っている人が多い。

それなりの治療は必要ですが、新オーナーから愛情を注いで貰い、復活する事でしょう。
絶滅危惧種の初代イプシロン・・・・・手放した事を後悔する日が来るのは、意外と早いかもしれません。




テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/08(火) 23:38:22|
  2. ランチア イプシロン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

3ヵ月ぶり・・・リハビリ・ツーリング

16030193.jpg

平日に更新するのは久々です。
ブランクが長かったけど、とりあえず直近の事から。

先週の金曜午後。やっと半日の代休を取得出来たので、エリーゼでのプチ・ツーリングに出かけました。
午後12時、逃げるように退社。(笑)
帰宅途中で行先をあれこれ思案・・・・・今の時期だと河津桜を絡めた伊豆が定番で、この日も出社時は
下田辺りで宿泊と決めていたけど、いざ休みが確定して帰宅となると、マンネリ過ぎて気が乗らない。
常に持ち歩いている、例の100円マップをバッグから取出して・・・・・

まだ2月でちょっとリスキーだけど、富士山周辺の快走路を含めたツーリングとしました。
今夜のターゲットはお初の下部温泉に決定。

1603019.jpg


以前から度々ネタにしているけど、平日は割安となる宿泊施設が多いので
(いや、休前日が高すぎるのか・・・)
帰宅するや否や、お得感満載のホテルを探し確保。山梨ふるさとクーポンなる特権も獲得できた為
同ホテルの明日の宿泊に比べ12,000円も安く泊まれます。いやぁ~~平日休みは最高ですね。

バタバタと一泊分の荷物をHALOのバッグに詰め、エリーゼの人になりました。
エリーゼのクラッチを踏むのは3ヶ月ぶりです。この3ヶ月間、仕事用のスカスカ・クラッチ車に習熟
していた為、エリーゼのクラッチの重さに 「壊れたか?」 と思ったほどです。
(実際も壊れたが・・・・・)
ノン・アシストのステアリング同様、全てがヘビーで、エリーゼ初心者に戻った気がしました。
相変わらず、乗り込む時からキツイしね。改めて 「乗用車では無い」 と認識。(苦笑)

今回のツーリング、午後出発なので、この日は温泉で体を労わる事に専念~新東名を使って
県道10号を北上。この道は身延線と富士川に沿って走る良い道だけど、並行する中部横断自動車道の
建設中で、工事車両が多めだったのが残念。可能な限りパスしたけどね。

下部温泉は鄙びた雰囲気 (というより、どの旅館も年季が入っている) が良い感じです。

16030190.jpg


宿泊したホテルは2本の泉源をもつ、下部温泉では大型のホテルでした。

1603018.jpg


接客もよく、広い部屋にグレードアップしてくれるなど、実に気分が良い。この手のレジャーランドのような
大型ホテルはファミリー層が多く、騒がしいのが常だけど、平日のこの日は宿泊客の年齢層も高く
静かに過ごせて快適。もう平日感満載です。(笑)
夕方4時から6時まで、ガラガラの温泉にノビノビ浸かっていました。

1603011.jpg

1603013.jpg

1603014.jpg


翌日。ノンビリとチェックアウト後はお楽しみのエリーゼ・タイム。
国道300号のワインディングでリハビリ開始です。いや、マジでリハビリ。
クラッチや回転合わせのタイミングがバラバラで痺れます。こんな車で箱根を走っていたとは思えない。

本栖湖に抜け、南下します。富士宮でヤキソバ・お好み焼きを楽しもう。
国道139号を使って朝霧高原を抜ければ早いし、人気スポットも多いけど、ちょっと遠回りして
県道71号を使います。 私は断然、県道71号が好き。この記事を読んでいる貴兄ならご納得頂けるかと。(笑)
周辺は積雪状態だけど、路面はクリア。交通量もほとんど無い快走路に頬が緩みます。

16030191.jpg

1603015.jpg

16030192.jpg

富士宮市街地に入る手前に例のノボリが目に入り、急停車。
「むめさん」 という店でヤキソバとお好み焼きをオーダー。

1603016.jpg

1603017.jpg


ヤキソバは良かったけど、お好み焼きは作り方が、私の好みでは無く、ちょっと残念。横着せず
市街地まで出れば良かったか。
腹が膨れた後は、ちょっと悩みました。国道か富士山スカイラインか・・・・・スカイラインは路面状況が心配。
何せエリーゼです。X1なら問答無用ですが。

結局、よりステアリング作業量の多い富士山スカイラインを選択。ダメなら引き返せばよい。
急ぐ理由は全く無い・・・・・で、問題無く走れました。もちろん屋根を剥いで。(笑)
この頃には順調にリハビリも進み、手足の様に操るレベルに復活。全く楽しい車です。

さて、この後はスーパーに立ち寄り、食材を買い込みました。明日は信じられない事に、まだ日曜。(笑)
宿泊費の浮いた分を、すき焼き用の肉に回し大奮発。明日もゆっくり休養し、すき焼きで栄養摂取しよう。
あぁ、3ヶ月ぶりの天国だ・・・・・

そしてレイトショーを見てゴキゲンで帰宅。
この後の顛末は前回のネタ。残念ながら天国から地獄となりました。



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/03/02(水) 23:41:07|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード