造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

プレイバック ~ 2015年 秋 京都弾丸ツーリング

紅葉 エリーゼ

10年経過して、ボケてきたか・・・・・と思われかねないTOP写真。 何を今更・・・・・って感じですが。(笑) 
実は、こんな未紹介のツーリング・ネタが結構あるのです。いかんせんブログ更新ペースがトロいので
ネタとして登場する機会を逸してしまうのです。 写真は残っているので、無期限停止中のツーリング記も
含め、プレイバック・シリーズとして、気が向いたときにチンタラ紹介して行きます。

昨年12月から3ヶ月間。ブログを休止せざるを得ないほど忙しかったのですが、その要因というか
発端となったのが、このツーリングでした。一泊二日で京都に行くという強行軍。絶対に休めない週末
だったのですが、ココを外すと紅葉ツーリングは来年までお預けという状況。何とかなるだろうという安易な
考えが地獄を招いてしまった・・・・・
そんな京都弾丸ツーリング、もう半年以上も前の事なので、ほとんど写真で誤魔化します。(苦笑)

2015年11月27日 金曜日。帰宅後、バタバタと出発しました。年甲斐も無く、久々の徹夜走行ですが
余力があったら清水寺のライトアップも見てみたい。で、翌28日の土曜日 早朝5時に京都の人になりました。
あ、今回エリーゼの写真は2枚だけです。

エリーゼ 京都


この到着時間は予定通り。 紅葉時期の京都は初めてですが、調べれば調べるほど、その混雑は
尋常ではない。最初のミッションは、一日の上限金額が決まっている駐車場の確保です。
京都は何度か訪れており、いつも停める駐車場は決まっています。五条交差点から歩いて5分くらいですが
上限は2000円もしない。この時間だと楽勝でしたが、朝7時前には満車となりました。
この努力を怠ると、最悪は、こんな条件になってしまう。

16060403.jpg


まぁ、駐車出来ず、あぶれる車も大勢いるので、料金より確保する事が重大ですが・・・・・
さて、まずは清水寺で紅葉鑑賞。ピークの一週間前でしたが、まずまず。

16060404.jpg

16060405.jpg

16060406.jpg

16060407.jpg


この後は五条坂や茶碗坂沿いの店をひやかします。もちろん清水焼の器がメイン。そのまま東山方面まで
散策します。

16060408.jpg


徹夜走行にも関わらず、気力・体力とも好調を維持。これなら清水寺のライトアップも周れそうです。
途中、カフェでエネルギーをチャージして、清水寺に舞い戻りました。参拝の列に並び、18時開門。

16060400_201606042319276cc.jpg

16060410.jpg

16060411.jpg

16060412.jpg

思ったより綺麗で、眠さや疲労は全く感じません。ガンガン歩き回ります。

紅葉 清水寺

16060414.jpg

16060415.jpg


一通り周回し戻ってきても、まだメインの五条坂は参拝する人の長蛇の列。とにかく凄い混雑振りでした。

16060416.jpg


なお、ライトアップは五条坂とは別に茶碗坂からも入れます。茶碗坂の方が確実に空いているのでオススメ。 
駐車場に戻ると、まだ7割くらいが残っていました。朝から駐車していた車ばかり。考える事は、皆同じです。

翌日。清水寺の混雑に辟易し、この日は郊外の寺でヒッソリと紅葉を楽しむ事にしました。

紅葉 京都

16060418.jpg

16060419.jpg


ライトアップも良いけど、個人的にはマイナーな寺で落ち着いて鑑賞する方が好きだなぁ。

京都 紅葉

16060421.jpg

エリーゼ 紅葉

16060423.jpg


午後からは、清水焼を求めて・・・・・

16060424.jpg


で、夕方前には京都を出発。京都弾丸ツーリング、ブログの記事もテキトーでした。(笑)

しかしながら、この時はエリーゼを3ヶ月も放置する事になるとは思ってもいなかった・・・・・





テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/29(水) 21:44:23|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・後編

160622000.jpg

やっと後編です。 10年を振り返るって、やはり長い。(笑)

前編で記した通り、私のツーリングのベースは窯元巡りが多かったのですが、併せて宿泊に温泉地を
選ぶパターンが定番。 最近はレジャーというより体を癒すのが目的ってところが悲しいけど。
温泉も選び方で全然違ってくる。 例えば、こんなメジャーな温泉とか・・・・・

1603143_20160622210527492.jpg

1501049[1]


話題性とか・・・・・

1305053[1]


色々な泉質を浴びてきましたが、何と言っても濁った薬湯が好きだなぁ・・・・・

1307056[1]

1603131[1]


ツーリング中の宿泊施設はメリハリを付けています。ビジネスホテルや民宿に毛が生えたような旅館が
主体だけど、その中にクラシックホテルを混ぜると際立って効果的。ココはもう一度泊まりたい。

1208202[1]


ココは、まさかサミットの舞台になるとは思いませんでした。 今だと割高なんだろうなぁ。

1206201[1]


一方、4年を経過したティグアンですが、不具合も散見されるようになってきました。
「優等生」 という言葉がピッタリな、この車。 とにかく出来が良く、全て80点といった感じですが
裏を返せば突出したところが無い。ファミリーカーなら最高でしょうが、私のような使い方だと、ちょっと
物足りない点も・・・・・そして車検が近づき、思いもよらぬ好査定に背中を押されてしまいました。

140101_20160622000119f8e.jpg


何が物足りないって、それはエンジン。アルファのV6を手放した今、私に必要なのはコレでした。

1310052[1]


時代に逆行する縦置きの3リッター直列6気筒エンジン。 この車にこんなエンジンが載っているとは
お釈迦様でも気付くまい。 エンジンを点火した直後から、トロけるようなサウンドにイチコロでした。
そして後押しするように、年末年始の暦が良くなる。真冬の北海道や東北で、豪雪走行を存分に楽しみました。

1401234[1]

1401306_201402032257098f2[1]

16030195.jpg

15020191_20160624234314198.jpg

140100[1]

一泊しただけで雪ダルマ。恐るべし北海道。(笑)
今から思えば、糠平湖から大雪湖へ向かう時の、猛吹雪の三国峠越えは、かなりヤバかったけど。(苦笑)

1401304.jpg

1401305.jpg


FFベースの新型も登場したX1ですが、冬の主役として、この直6NAを当分乗るつもりです。

さて、仕事車のイプシロン。走行中のマフラー脱落事件を機に、坂を転げ落ちるように不調になりました。

1506154.jpg


今迄所有してきた車の中では、最も美しいデザインのイタ車でしたが、業務に支障をきたすレベルに
なってきたので、泣く泣く手放す事を決意。 エリーゼは屋根が開きますが、なんと仕事車も・・・・・

1603275[1]

1603276.jpg


多少、身銭を切る事になったけど、スイフトやイプシロンで利益が出たから・・・・・(苦笑)
やはり私に宿る、車のDNAは、初めて買ったコレなのでしょう。

IMG_1299[1]

私と同世代の方なら一目見てお分かりかと。 あまりの懐かさに、中古車を検索してみたら、まだ存在して
いました。 欲しいなぁ。(笑)


長々と写真を掲載してきましたが、これからも春夏秋冬、旅まくります。 
海も・・・・・

1411161_201606222105241b2.jpg


山も・・・・・

1501308[1]


コヤツも10年、変わりなし。

1305071[1]


私より長く生きるかも。(爆)





テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/24(金) 23:49:24|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・中編

16062005.jpg

アルファGT & ミニ・コンバーチブル・・・・・ダブルでMT・2ドアという、遊び以外の事を全く考えていない
組み合わせでしたが、さすがに人を乗せる機会もあるので、1台は4枚ドアにすべきか・・・・・

というのは表向きの理由。カーライフをもっと充実させる切り口を考えた結果が、四駆SUVの導入でした。
VWティグアンが日本デビューした時に、いつかはアルファGTと組み合わせたい、と思ったのですが
それを実現させた訳です。
真冬にあえて積雪地帯へ向かうツーリングは、私のカーライフに新しい風を吹き込んでくれました。

16062007.jpg

16062006.jpg


もう一つの決断が、仕事用の車。会社から支給される月々の金額が、購入費とトントンになるように車種を
選ぶのが基本。 新車で購入し12万キロ乗ったスイフトはモトを取るどころか利益を生み出してくれました。

1205221_20120525215244[1]


しかしながら、長距離を乗るにも関わらず楽しさは皆無。かなりくたびれてきたので、車検を機に
乗り換えを考え始めた矢先、車仲間のO氏が古いイタ車を手放すと聞きました。
そして熟考の末、私が飼う事に決めたのです。 もちろん写真の右側がその車。(笑)

1206027[1]


ウチに来た時は12年経過・走行4万キロというコンディションで、はっきり言って過酷な業務に
耐えられるか心配でした。 安く入手したので、駄目だったら買い直そうと割り切ったのが功を奏したのか
3年間・トータル12万キロ弱を耐えてくれました。


セカンド・カーや業務用の車のおかげで、カーライフが充実してきた一方、海外への渡航は激減。
独身時代はネパールやペルー、ガラパゴス島など秘境を主体に旅をしてきましたが、この10年では
バリ島、タイ、イタリアのみ。

04113[1]

 
タイは2度目だったけど、前回同様、チェンマイの山奥でのミニ・トレッキング。
象に乗ってのツーリングです。ブッシュの中を潜ったり、川を渡ったり・・・・・

IMGP7893[1]

IMGP7917.jpg

個人旅行でタイに行かれる方にはオススメです。


そして10年間で最も大きな出来事は、2011年11月。
自宅を建てる際、建蔽率40%の悪条件にも関わらずガレージを構築した理由は、このエンジンを
収納する為だったし、V6アルファ以外の車が入る事は当分無いと思っていましたが・・・・・

1112018[1]

09223_20100925230624[1]

1112022.jpg


追い込まれた人間は理性を失うと、衝動的な行動に出るという事を、身を持って体験しました。
絶滅したと思われた、2ZZエンジンを積んだエリーゼの新車が名古屋で奇跡的に2台発掘され
連日徹夜の私は夢遊病者のようにボタンを押してしまいました。

正気に戻ると (爆) アルファロメオを喪失するという現実に愕然・・・・・そして何とか休みを取り、GTが
居なくなる前日、最後の箱根で別れを告げました。 大観山では、奇しくも次期車とランデブー。

1202021[1]


ディーラーでピカピカの155を見て呻き、V6を試乗してノックアウトされた日から15年。
4台に渡り慣れ親しんできた芦スカの富士山も、これが最後。

16062200.jpg


そして、初めてアルファ以外の車がガレージに収まったのです。

1207241[1]


正直言って、エリーゼは長いツーリングを楽しむ車ではありません。 車というよりカート。
MINI はゴーカート感覚などと言われますが、とんでもない。エリーゼこそがカート感覚です。
パワーアシストの無いステアリングを駆使してワインディングを走る歓びは、 「駆け抜ける歓び」 などという
フレーズでは役不足。

1208148[1]

15070496[1]


こんな楽しい車を近場のワインディングだけで走らせるのは余りに勿体無い・・・・・という事で
北から南まで自走で連れ出しています。 変態と言われてもいい。 (爆)

1309314[1]

1209157[1]

1209146[1]


4年で早くも5万キロを突破。 本来、こんなペースで距離を増やす車ではないのですが・・・・・

歳を重ねるにつて、ツーリングのスタイルも変わってきました。
昔はツーリングに出る前に、雑誌やブログで情報収集を行い、行ってみたい所をピックアップしていたけど
3年前くらい前からは、ツーリングに限らず物事を計画する事自体が億劫になってきました。

もともと律儀に計画するのが苦手で、学生の頃から旅行の宿泊先は国内外問わず決めないスタイルを
通してきましたが、今では行先すら直前になって決めたり変更したり・・・・・最近は天気が重要なファクター
となっており、晴天を求めて行先を東北から四国にしたり、ルート取りを決める事がほとんどです。
この為、無駄なルート取りも多く、旅先で自己嫌悪に陥る事も。(苦笑)

こんなツーリング・スタイルなので、思いがけず素晴らしい風景に出会ったり・・・・・

14081032[1]


目玉が飛び出るようなショックを受けたり・・・・・

14090132[1]


波乱万丈なツーリングになっています。南紀ツーリングでは、途中の道の駅で奇跡が・・・・・

1305063[1]


エリーゼ、ティグアンと共に、絶滅危惧種のイプシロンが揃い踏み。どの車も滅多に目にする事が無いのに
3台揃うなんてビックリ仰天でした。 こんな事があるからツーリングは止められないのです。

あまりに長くなったので (苦笑) 今回を中編とし、次回を最後とします。




テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/22(水) 22:16:23|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ開設 10周年記念 懐かしの一枚・・・・・前編 

20060829235129[1]

「 何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです 」

などとプロフィールに記載して始めた当ブログ。一昨日で開設10年となりました。
そのテーマ故、自らニッチな駄ブログと公言してきましたが、それでも10年も続いたのは、情報の発信源
という大それた意識が全く無くなり、単なる備忘録と割り切って更新してきたのが理由かと思っています。

人によっては鼻につく記事も多かったはずだし、ネガなコメントを頂く事もありました。 だからと言って
媚び諂う気はサラサラ無かったし、私に万人に受けるような記事など書ける訳がありません。
欲望と成果をツラツラ書くだけでした。(苦笑)

そんな駄ブログ、メインテーマのツーリングを主体に10年を振り返ってみます。
写真の大きさがバラバラですが、改めて統一させよう・・・などと言う気は全くありません。
そもそも、ブログのテンプレートも10年で一度も変更していません。 このいい加減さが長寿の秘訣。(爆)
 

発足時の相棒は、冒頭の写真の通り、ロッソのアルファGTとゲタのパジェロ・ミニでした。
とにかくアルファのV6エンジンが好きで、3台目。ターンパイクでエンジンを歌わせるのがルーティーンでした。
それでもアルファ同志で集まったりするのは、この車まで。
箱根は純粋に走りを楽しむソロ活動主体になって行きました。

P1030368[1]


4台目のアルファも同じV6GT。色はネロとなりました。この切り替え時のブログ(2006年)を振り返ると
早くもエリーゼの購入を検討していました。(笑) ディーラーでネチネチ見たけど、ツーリングには厳しいとの
結論に達して、見送っていました。 で、こんな組み合わせに。

20070211221835[1]


大きな転機となったのがセカンド・カーの変更。メインユーザーは相方ですが、オープン & MTという付加価値を
盛り込んだのです。 今から思えば、この決断がその後の車人生を大きく変えたと言っても過言ではない。
ナイト & デイ 何時でも楽しかったと記憶しています。

2IMGP1762[1]

IMGP4567[1]


ブログを開設してから半年、「ストマック」 というオフ会を立ち上げました。ドライブを楽しみながら旬の食材や
ご当地グルメも満喫するという、今ではどこにでもある企画ですが、発足当時はまだ少数で、それなりに
自負はありました。

IMGP6721[1]

16062001.jpg

2IMGP1843[1]

10062[1]

100613[1]

16062000.jpg


最近はすっかりご無沙汰ですが、10周年を機に、久々企画してみようかな・・・・・ってオオカミ老人か。(笑)


私のツーリングのベースは窯元巡り。 この趣味はとにかく情報が少なく、増してや欧州車で自走して全国の
窯元を訪ね歩くという、酔狂なテーマを掲げるツーリストなど皆無でした。 自ら道を切り開くつもりで探索して
きましたが、沖縄の壺屋焼を除くと、残念ながらほとんど制覇してしまいました。既に2度目・3度目の巡回と
なっていますが、それでも建築同様、同じ器は存在しないとの信念を持って、この趣味を継続しています。

そんな私の旅スタイルでしたが、21インチのグローブトロッターを飲み込み、器をゴッソリ持ち帰る事の出来る
アルファGTは、ツーリングの相棒として大活躍してくれました。

1109047[1]

1108201[1]


もともと器の基本は土モノですが・・・・・

16061900.jpg

16061901.jpg


この10年で絵付の素晴らしさが分かる様になり、磁器に開眼したのが運の尽き。 散在理由が激増。

1107155[1]


このブログのタイトルとなっている、吹き抜けに面した壁をブチ抜いた 「造り付けのカップボード」。
6年前はまだ若干余裕があったのですが・・・・・

04078[1]


今ではパンパン。気に入らないモノから順に退場させている状況です。もう買ってはいけない。
皿も食器棚から溢れつつあり、今はやりの 「モノを持たない」 生活を考慮していかないとまずいかも。(苦笑)


最近はご無沙汰だけど、ブログはエンターテイメント・ネタも度々登場。 映画は今でも月1本ペースで鑑賞
しています。 フェイバリットはボンド・シリーズですが、この作品はなかなか超えられないですね。

IMGP3303[1]


音楽は相変わらずギタリスト中心。 来日が決まったようです。

IMGP6420[1]

20090222235718[1]


こだわりの一つに珈琲の自家焙煎がありますが・・・・・

IMGP5400[1]

16062003.jpg


最近は相方が買った、挽いてあるコーヒーをドリップする事も多い。 堕落したものです。(苦笑)
以降、後編へ・・・・・






テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/20(月) 23:46:30|
  2. 造り付けのcupboard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BMW X1 タイヤ交換

1606110.jpg

金曜の午後を休むと、週末が実に充実します。ピッツァを飽食して、宮ケ瀬を楽しんで、まだ翌日も休み。
さすがに日曜は町内会の仕事や家事をこなし、午後から延び延びになっていたX1のタイヤ交換を実施。
6月までスノータイヤを引っ張ってしまいました。 あ、もちろんショップへ持ち込みです。(苦笑)
一時期、セルフでやろうと思ったけど、18インチ 255のランフラットタイヤの尋常ではない重さにアッサリ放棄。
荷室に積むのも苦労します。今後、ランフラットタイヤを購入する事は無いでしょう。

交換後はマットブラックのホイールをしっかり洗い、艶消しのコーティング剤を塗布して収納しました。

1606111.jpg


タイヤをチェックしたら、プラットフォームまで、残り1mm弱。来年で4期目なので、性能的にもギリギリですね。
3年前の北海道ツーリングのような、厳しい積雪地は無理でしょう。特にアイスバーンはアウト。
まぁ、年末年始は暦も悪いので遠出は無いから良いか・・・・・



テーマ:車検・点検 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/16(木) 22:14:16|
  2. BMW X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の宮ケ瀬

16061105.jpg

ピッツァを飽食した翌日。川崎に所用があったのですが、その前に若干余裕があったので、オイル交換後の
エリーゼをちょっと楽しんでみました。久々に宮ケ瀬を周回。

相変わらずペトロナスはいい仕事をしてくれます。 エンジンがトロトロトロ~~~っと、とろける感じ。
高回転時は音が全然違います。 鈍い男でも違いが分かるオイル。(笑)

それにしても宮ケ瀬は、どんどん走り辛くなっていますね。156に乗っていた頃は、減速帯なんてほとんど
無かったと思いますが、今回、また新規に増えてましたね。以前は、アルファ仲間と集まって軽く走るのには
丁度良かったのですが、センターポールや減速帯の設置で、もはや走りを楽しむ為のスポットでは
無くなりました。

宮ケ瀬や伊豆スカのように、楽しい道が年々スポイルされるのが非常に残念。技量を過信した運転による
事故が多いのでしょう。 最近ではターンパイクも話題になりましたね。

人の事は言えない? 
いえいえ、私はチキンですから・・・・・ターンパイクの下りなんて、怖くて踏めません。(苦笑)





テーマ:英国・イギリス車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/14(火) 22:16:29|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪でもないのに、食い倒れ

16061101.jpg

一応、クルマがテーマのブログですが、ショート ブレイク。
先週の金曜日。午後から仕事をトンズラして直行しました。

1枚目。

16061102.jpg


2枚目。

16061103.jpg


満席ですが、こんなペースでオーダーしている席はありません。 皆、ワイングラスを片手に
アンティパストを楽しんでいます。 この店は基本的にカウンターなので、他の客が嫌でも視界に入ってくる。
実に様々な客層です。見ているだけで興味深い。私のアンティパストは近隣様の人間ウォッチングか・・・・・(苦笑)

で、3枚目。

16061104.jpg


所要時間55分。会話を楽しむ為に来たのではなく、ピッツァを食うのが目的。
風のように現れて、バクバク食って、風のように去っていく。

月光仮面になった気がした週末の一コマでした。


テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/06/12(日) 23:11:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エリーゼ オイル交換

1606100.jpg

タイトルを見ただけで終ってしまいますが・・・・・

相変わらず手抜きの上抜き。エリーゼ購入当初は銘柄にこだわりも無く、昔のディーラーが推奨していた
モチュールを入れたり、エステルベースのオイルだったり。
ところが最近はペトロナスがお気に入り。車検時に勧められたのがきっかけでしたが、すこぶる調子が良い。
珍しく使い続けています。ちょっと高いけどね。

どんな車でもオイル交換を終えた直後は最高です。今週末、箱根で感動の涙を流そうと思ったけど
残念ながら所用 (といっても遊びだけど) で延期。 市街地走行で我慢です。



テーマ:英国・イギリス車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/10(金) 21:40:19|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイミング良く 「酷道439 ヨサク」 特集

京柱峠

先週の金曜日。 夜のNHK放送で 「酷道439 ヨサク」 のドキュメンタリー番組がありましたね。
あまりのタイミングの良さにビックリ。何でも、このGW中に走行・撮影したそうです。離合しなくて良かった。
あいにく会食が入っていたので録画しておき、週末に見ました。

ルートは私と逆でした。徳島から高知へ・・・・・かかしの里あたりから京柱峠に至る区間を 「最も酷い区間」と
称していましたね。 これには異論があるけど、京柱峠が映し出された時は、あの素晴らしい眺望を思い出し
ちょっと感動しました。

1606050.jpg

NHK、なかなかやるじゃん。(笑)




話は変わり、その日は銀座で所用があったのですが、免税店の前に大型バスが横付けされていました。

16060426.jpg

おお、これが噂の 「爆買いツアー」 か。 中国語が飛び交っています。
こちらもちょっと感動。(苦笑)

皆さん、また来てね。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/08(水) 22:12:57|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW明け・・・・・穴場の熱海 温泉ドライブ

伊豆 エリーゼ

ご存知でしょうか? 大型連休の次の土日が行楽の穴場だと言う事を。 盆休みの翌週、正月休みの翌週。
そしてGWの翌週。 道も空いているし、宿泊施設も余裕がある。直前になると、信じられないプライスで
空室を放出する事も多いのです。しばしば、このタイミングで宿泊情報をチェックしているのですが、今回も
GWに四国ツーリングを堪能した翌週、リゾートホテルの超大穴を見つけ、熱海の温泉を着地点とした
伊豆プチ・ドライブに出かけました。

ルートは、いつものターンパイクを駆け上がり国道1号で山下り。県道17号で戸田へ向かい、そこから
18号で戸田峠~修善寺。80号で山伏峠をスルーし熱海に抜けました。 この横断ルートは久々。
何処も空いていて、四国と異なり踏める二車線を快走しました。

エリーゼ 温泉


今回のプチ・ドライブは基本的に相方向け。リゾートホテルでノンビリ・マッタリすると言う、私にとって
最も苦手なシチュエーションです。しかしながら、金を払って時間を使う訳なので、精一杯リラックスしようと思います。
無理にリラックスするというのも本末転倒な気がしますが・・・・・

駐車場は敷地の手前にあったのですが、全く気付かずエントランスへのアプローチ階段まで乗り付けて
しまいました。 ココは正規の駐車場では無く、恐らくは障害者等用のスペースか、常連様向けかと
思いますが、きっと宿泊も少数なのでしょう。エリーゼからの乗り降りに難儀する私を見たホテルマンが
ココに誘導してくれました。 見上げると温泉タンク。 

リラックス リゾート ホテル


このホテルは自家泉源を持っているのです。温泉タンクが湯気を上げており、期待が膨らみます。

1606012.jpg


エントランスは、鴨が我が物顔で横断していました。

リラックスリゾートホテル


庭にはアヒル。

1606015.jpg


どちらも放し飼いだそう。よく猫に襲われないなぁ・・・・・

チェックインは驚愕の15時30分。未だかつて、こんなに早くホテルに入った事はありません。(苦笑)
それでもリゾートホテルを謳っているだけあって、備え付けの本や雑誌は好み。車系の書物も多く
オーナーの趣味が見えてきます。こんな海外雑誌もあり、ビックリです。

1606016.jpg


部屋にはジャクジー風呂も備え付けてありました。

1606017.jpg


ハッキリ言って、読書をするか温泉に入るかの二者一択。こんな時間の使い方が贅沢なのか無駄なのかは
人それぞれでしょう。 私? 最初で最後かもしれません。(苦笑) 
そもそも、普段の値段では泊まれないし、泊まるつもりも無い。格安 (半額です) が成せる技ですね。

夜はイタリアンを飽食。酔い覚ましに浴場へ。

1606019.jpg


露天風呂は無いけど、外に出られます。あぁ、アイツらがこんな所に居ました。

16060192.jpg

16060191.jpg


月明かりの下、部屋から見る熱海の夜景もなかなか。

1606018.jpg


翌日は11時まで居座り、チェックアウト後はダイレクトに帰宅。
こんなドライブは初めてでしたが、疲れは取れたようです。ドライブとしては物足りなさが残りましたが・・・・・


テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/06(月) 21:41:16|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DS3 カブリオ 快晴のち雨

DS3カブリオ

四国ツーリングから帰宅した翌日は日曜だけど、半日の仕事でした。ところが、アッと言う間に
済んでしまったので、快晴の下、ちょっと足を延ばしてカントリーロードを楽しみました。

DS3 CABRIO


DS3 カブリオを選択したのは、ちょっとした隙間でも、すぐにONからOFFに切り替えられるから。

DS3 カブリオ


ウチのDSは内装がブルー。ボディカラーと内装が同色というコーディネートの車は結構あるけど
屋根の色と内装を合わせる所が、いかにもフレンチって感じです。

1605311.jpg

1605312.jpg


他にも、細かいディテールが洒落ている。リアランプのサイドはDSマークが浮かび上がったり・・・・・

1605315.jpg


点灯させると、3D・・・・・

DS3 カブリオ


人生・初のフランス車だけど、やはり独特のモノがありますね。イタ車とも明らかに違う。
輸入車に乗り続けているのは、車を通じて異文化に触れるという事が最大の理由ですが、今回も良い刺激に
なっています。 エリーゼからは180度、逆に振った軟派な車と思いきや、スポーツシックという名のグレードに
偽りは無く、MTという事もあり、走りも結構楽しめます。 テンロク・ターボだけあって、低速からのトルク感は
エリーゼより強く感じます。 但し、最近の車と異なりターボラグがあるのが不快。NA派なので・・・・・


ゴキゲンドライブが一転したのは高速道路での帰宅途中。

1605317.jpg

1605318.jpg


ピシッと鳴ったときは、たった2cmだったけど、走っているうちに大成長。アッと言う間に
20cmを超えました。もうリペアでは済まないでしょう。

と、言う事で、納車5ヶ月目にして早くもガラス交換。ディーラーに頼むと思いっきり高いので
自らガラス専門店を探しました。ディーラーに出したところで、専門店に外注するだけだしね。
最近のフロントガラスは付加価値が付いている事が多く、とても割高ですが、査定を下げたく
なかったので、純正を探してもらいました。痛い出費ですが、それでも良心的な店で、なんとか10万円で
済みました。ちなみに最新のプリウスではガラス代だけで10数万とか・・・・・

なお、四国ツーリング中にスマホを落とし、車に轢かれてディスプレイが粉々というアクシデントがあり
ツーリング中は情報収集に不都合が生じていました。こちらも修復不可能で痛い出費。

当分、謹慎しなければならない立場ですが、翌週もプチ・ドライブ。 これは外せない理由があるのです。
内容は次回。 



テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/06/04(土) 20:13:31|
  2. シトロエン DS3カブリオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード