造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016夏 北海道ツーリング 3日目・・・・・北太平洋シーサイドラインで根室へ

16082700.jpg

早くもやる気の出ない天気になりました。しかしながら私の予測では快晴になるはず。自らを信じて
東へ進める事にします。出発前、私のエリーゼを見た旅館の女将さんに

「覆面が多いので気を付けなさい」
「先頭を走ったらダメよ」

と、まるで息子へ説教するかの如く浴びせられました。仰せの通り、慎重に出発。(苦笑)
天気は悪いけど、浦幌に泊まったので昆布刈石に立ち寄る事に。
冒頭の写真の通り、こんな天気でも、「オッ」 と思ったら脱線。何と、その先にはタンチョウが待っていました。

16082701.jpg


昆布刈石の展望台へのアクセスがダートとは思いませんでした。道を間違えたけど、それが幸い。

16082702.jpg


晴れたら絶景となることでしょう。 で、改めてダートを進めます。

16082703.jpg


う~ん・・・・・ダートを走る価値があるかは人それぞれか。
ちなみに、ココへ行くなら国道336号の東側からアプローチしましょう。西側からだとダートの距離が
長すぎます。

途中、上厚内駅にも立ち寄りました。昨年の北海道ツーリングは、テーマの一つに木造駅舎巡りが
あったのですが、上厚内駅はルートに乗らず行きそびれていたのです。で、結果として、この駅が
一番琴線に触れました。

16082704.jpg

16082705.jpg


昨年回った他の駅は、喫茶店やラーメン屋が入り込んでいてガッカリしたけど、この駅は俗化されていない
素朴さが良い。求めていたのはコレですね。

道道1038号をマッタリ流して釧路入りする頃には予想通り快晴に。読みは当たった。
これから北太平洋シーサイドラインへ舵を切ります。前回の天気はイマイチだったから、リベンジ。

ところで、エリーゼで旅をしていると色々な所で声を掛けられたり、写真を撮られます。今回も停める先々で
会話をしたのですが、釧路市内でビックリ。ちょっとヤンキーっぽい軽自動車が強引に私の後ろに張り付き
信号で停止すると、エリーゼに横付けしました。窓が開いて、女の子が・・・・・

「すみませ~ん。写メ撮らせてもらってもいいですか~」

オヤジの私は一瞬、写メの意味が分かりませんでしたが、スマホを手にしていたので理解。
ゆっくり走らせるという協力をしました。(苦笑)

その釧路のダウンタウンを過ぎるとリベンジの始まりです。
右へ・・・・・

16082707.jpg


左へ・・・・・

16082706.jpg


北太平洋シーサイドラインは、かなり長いのですが、その中でもセキネップPを中心とした、昆布森
(昆布盛ではない) から仙鳳趾までの区間が素晴らしい。アップダウンのワインディングは、私のように箱根を
愛する人の為にあるような道です。もう楽しくて楽しくて・・・・・この区間は1往復半しました。

もちろん、最後に脱線することも忘れません。天気が良いと箸が進む・・・じゃなくシャッターが進む。(笑)

16082708.jpg

16082709.jpg

16082710.jpg

16082711.jpg


厚岸に着いて、今回も岩牡蠣を食おうか悩みましたが、走りのリズムを崩したくなかったのでスルー。
大橋を渡り北太平洋シーサイドラインを続けます。

16082721.jpg


琵琶瀬では霧多布湿原を眺めます。

16082712.jpg


前回はスルーしたけど、ココは気に入りました。湾曲した川が釧路湿原より雰囲気を醸し出しているかも。

そして夕刻。霧多布岬に立ちました。

16082713.jpg

16082714.jpg

16082715.jpg


感動。夕暮れが近い事もあり、襟裳岬より最果て感が強い。
ちょっと離れた展望台からの眺めも良かった。

16082716.jpg


ここまで来たらアゼチ岬も・・・・・訪れた時間が良かったかも。

16082717.jpg


アプローチも悪くなかった。

16082718.jpg


今日も楽しかった。本当は落石岬も行くつもりだったけど時間切れ。宿泊は根室にしました。
寝床が決まると夕刻にも関わらず、貪欲に景色を求めて彷徨います。

16082719.jpg

16082720.jpg


エリーゼの影が長くなり、根室へ向け一直線。

16082722.jpg


日没ギリギリに到着しました。まだ間に合いそう・・・・・

16082723.jpg


何が私をこんなに駆り立てるのか・・・・・自分でもよく分からない。
ホテルにチェックインして小さな町を徘徊します。夕食はエスカロップ。

16082724.jpg


悪くないけど、やろうと思えば簡単に作れそう。(苦笑)
帰りは根室駅に寄ってみました。

16082725.jpg


最東端の駅は東根室駅ですが、根室駅も最果て感が漂っていました。

明日のルートは台風の影響次第です。




スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/31(水) 22:46:28|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2016夏 北海道ツーリング 2日目・・・・・日高を走って襟裳岬へ

16082602.jpg

苫小牧。実質初日の朝。薄日が差す、まぁまぁの天気。いつものセイコマに停め、道内の天気をチェックします。
予報通り全域で悪くない。天気が良ければ太平洋側を走ることに決めていました。
道東方面は2日後に台風の上陸が予想されていたので、今しかないと・・・・・
早くエリーゼを回したかったしね。この時は、まさか2個目が上陸するとは思っていませんでした。
うまくすれば釧路まで、行き着かなかったら晩成温泉あたりで泊まってチーズサーモン丼を食うのも悪くない。

我慢の国道235号を経て道道巡りの開始。遠軽から始まる北上ルートには及ばないが、日高エリアも
なかなかのモノ。延々高速道路を走ってきたので、やっと解き放たれた感じです。この地域は馬。

16082600.jpg


天気も急上昇。キタキタ~~

16082601.jpg

16082603.jpg

16082620.jpg


道道74~59~80~351~1026~208~71~1025号。 途中、良さげな分岐を見つけ急停止。

16082604.jpg

16082605.jpg


この道はちょっと短いけど路面も良く、適度なワインディングでオススメです。1往復して元のルートに復帰。
日高エリアの道道走破は3度目だけど、やっと晴れました。ホント、北海道の天気は難しい。何度か訪れて
少しずつ晴天の恩恵に与かるエリアが増えていく感じです。
ココは滋賀のメタセコイアに似ていますね。

16082606.jpg


道道巡りも1025号が国道235号にぶつかった所で終了。腹一杯になり海沿いの国道336号を流すという
理想的な展開です。もちろん行先は襟裳岬。前回はこんな状況だったので、正にリベンジです。
モチロン、いつもの様に脱線しまくり。 ツーリングは点が目的では無い。点を結ぶ線が楽しい訳です。

16082607.jpg

16082612.jpg


国道一直線で目的地に行くのは能が無い。まぁ、これをやるから時間が無くなるのだが・・・・・

16082611.jpg


この辺りは昆布漁が盛んで、昆布を干す風景があちらこちらで目にします。

16082608.jpg

16082610.jpg


そして襟裳岬。いやぁ~天気によって印象がこんなにも変わるものか。素晴らしい景色でした。

16082613.jpg

16082614.jpg

16082609.jpg

16082615.jpg


先端に行ってみました。

16082616.jpg


珍しく興奮してしまい・・・・・

「かぁなぁしぃみぃをぉぉぉぉぉ~~~だぁぁぁんろぉでぇぇぇぇぇ~~~」

と歌いながら写真を撮りまくっていたら、若いカップルが哀れそうな視線を投げかけていました。(苦笑)

襟裳岬を離れても、性懲りも無く脱線。

16082617.jpg

16082618.jpg

16082619.jpg


あぁ、いい時間になってしまった。夕刻の黄金道路~ナウマン国道で北上します。

16082621.jpg


大樹町で休憩し今夜の宿を探します。
もう夕刻。初日だしフェリー明けなので、釧路は諦め晩成温泉で泊まろうと・・・・・ゲゲゲ、何と満室。
こんなところの宿は楽勝と思っていたのに・・・・・ネットで調べまくっても、どこも満室。大樹町のホテルすら
確保できない。 ここで北海道ツーリングのバイブルを取り出します。その名も 「宿泊 北海道」。
 
私、これが無くては北海道の旅が出来ません。道内ほぼ全ての宿泊施設が掲載されており、道内の
コンビニで入手できます。楽天やじゃらんの検索だと、この時期は満室が多く融通が利かない事が多い。
翌日の出発地点は大事だしね。そもそも、ネットに掲載されないホテルなんてゴマンとあるのです。
ホテルを予約しないで旅をされる方にはオススメ。毎年更新されて発売されます。

という訳で、浦幌駅前のホテルを確保。エアコンがなくてビックリしましたが、夜は全く問題ありませんでした。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/28(日) 20:47:03|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2016夏 北海道ツーリング 1日目・・・・・北の大地へ

1608253.jpg

今週は休暇の反動で酷い一週間でした。 その、今年の夏季休暇も北海道。エリーゼで4度目です。
11日から20日までの10日間。これといって行きたい所も無く、道道主体に、ひたすらアクセルを踏み
快走するのが目的ですね。珍しくソロなので拍車が掛かるのは間違いない。ところが・・・・・
それに水を差すのが台風。ご存知の通り、何とこのツーリング中に2個も台風が北海道に上陸。
エリーゼの運命はいかに?

まぁ、出発時はそんな事、思いもしません。今年はタウシュベツ橋梁が完全水没中なので、あの林道を
走らなくて済むと思うと気が楽。(苦笑)
観る事が出来ない残念さとブレンドされ、微妙な気分でスタートです。

夜10時に出航し早朝に苫小牧に着くという、私にとってのゴールデン・フェリーの出航に合わせ
ユックリ目に出発しましたが、残念ながら何度か事故渋滞にハマってしまいました。

1608250.jpg


何とユニック車が出動しています。ブームを使って復旧しなければならないほど酷いのか・・・・・

1608251.jpg


このトラックが中央分離帯を根こそぎ破壊していました。どうせ居眠り運転でしょう。勘弁して・・・・・

1608252.jpg


予定をオーバーしましたが、無事に八戸に到着し、いつもの温泉で1時間ほど休めました。
フェリーの風呂に入る気はしないしね。早くターミナルに行っても意味が無い。
全高が1100mmのエリーゼは、どうせ最後の乗車です。

で、案の定、待たされてた訳ですが、この時に一人の男性が近寄ってきました。
色紙を手に、私にサインをくれと言う。きっと芸能人と間違えたのだろう。
気易く応じると、それは車を床にこすって破損させても文句を言わないという誓約書でした。
久々に低床車の表示をダッシュに施され、やっと乗船。

1608255.jpg


いつもの二等寝台ですが、今回はソロ。夜行便は二人部屋ですが、シルバーフェリーは相部屋に
させないという話を信じて予約。最も混むこの時期でも、やはり一人でした。良かった・・・・・

そして翌朝5時に起床。予定通り6時に到着しました。ワクワクする、この瞬間が大好きです。

1608254.jpg


今年も北の大地へ足を踏み入れます。気になる天気は・・・・・




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/27(土) 00:05:28|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さよなら 北の大地

201608192116222be.jpg

苫小牧を出航しました。
アルコールはアンコール。

20160819211720884.jpg

あぁ、電波が・・・




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/19(金) 21:20:23|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お世話になりました

20160818204903539.jpg


毎晩、愛飲しました。
稚内の今夜が最後です。
明日は一気に苫小牧。
いつものルート ~ 道道スペシャルです。







テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/18(木) 20:50:58|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

停電中

20160817205718f4a.jpg


剣淵温泉で台風避難。台風効果で広すぎる部屋を格安でGetも
何と停電中。10分経過しても復旧しません。
非常照明がいつまで保つか?



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/17(水) 21:04:10|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晴天も明日で終わり

20160813194056034.jpg

夕刻の霧多布。
明後日からは、さまよう旅になりそう。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/13(土) 19:45:39|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大地へ

20160811214012ccc.jpg

酷い事故渋滞に何度も巻き込まれましたが、これから乗船です。
いつもの船、いつもの時間。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/11(木) 21:45:55|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリーゼ エンジンヘッドカバー 再塗装

1608050.jpg

4年前、エリーゼにこんな事をやりました。
エリーゼは放熱の為、エンジンが露出してので、見た目はそれなりに満足感が高いDIYだったのですが
タッチペンの経年劣化が進み、かなり寂しい状況となってきました。

1608051.jpg


で、再塗装。

1608052.jpg

1608053.jpg


今週半ばからスタートする10日間のツーリングに向け、ちょっとしたお化粧。
何気に台風が気になりますが・・・・・まぁ、フェリーが欠航になったら東北か九州に切り替えかな。



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/07(日) 19:26:33|
  2. ロータス エリーゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

消えゆく6気筒エンジン

1310052.jpg

その昔。日産スカイラインの代名詞は直6エンジンでした。
私の今までの車人生で一番感動したのは、オヤジがコロナから鉄仮面に乗り換え、初めて6気筒エンジンを
運転した時でした。当時は学生。 いかにもシリンダーが往復運動しているというフィーリングや音。 
鈍感な私でも、大袈裟ですが世界が変わりましたね。横横道路で感動の涙を流した瞬間(笑)を
今でも覚えています。

昔はミドルクラスでも主流だった国産6気筒エンジンでしたが、今やハイクラスの部類で残っている程度。
切り替えは早かったと思いますが、ここにきて輸入車も脱・6気筒が目立つようになってきました。
低燃費かつラグも無いターボエンジンの台頭で、ダウンサイジング化は顕著です。

車のエンゲル係数が高いと自負?している我々庶民が背伸びして手に入れる事のできる
6気筒エンジンを搭載した欧州モデルを考えると・・・・・

アルファロメオ : 現行ラインアップでは全滅。今後のジュリアは恐らく手が届かない。(苦笑)
プジョー・ルノー・シトロエン : 全滅
BMW : 若いシリーズは消滅。 現実的にはM235?
メルセデス・アウディ・VW : ハイグレードには搭載されるけど・・・・・ゴルフRも4気筒に。
ロータス : エキシージ以上で入手できるが、ハッキリ言ってエンジンの魅力は希薄だし高い。
ケータハム : 無し。まぁ、エンジン云々の車では無いか・・・・・
フィアット/アバルト、ミニは言うに及ばず・・・・・

もう6気筒エンジンは高嶺の花になりつつありますね。

で、前振りが長くなったけど、この記事で書きたかったのはボクスターです。
ご存じの通り、何とか手の届く ? ポルシェの代表であるボクスターが、先日4気筒ターボになったのは
衝撃でした。以前試乗した時は、そのエンジンの気持ち良さに興奮し、それまで全く関心が無かった
ドイツ車を見直す切っ掛けとなったモデルでした。

718ボクスターは、カー雑誌でも話題になっていて、概ね好評のようですが、ことエンジンに関しては
本音を書けない評論家達が遠回しに 「残念」 と読み取れる表現をしているのが笑えます。
4気筒の新エンジンが車好きの御仁にどう評価されるか関心がありますね。生の声を聞いてみたい。

6気筒エンジンが好きで、4台乗り継いだアルファロメオは、クライスラーと提携した159/ブレラから
コケ始め、現行のジュリエッタでは遂に消滅。官能とは疎遠となった新しい4気筒が登場しました。
興味津々で私も試乗しましたが、エンジンについては正直言ってガッカリ。
ボクスターも是非、試乗してみたいですが、ガッカリするのも怖い。仮に気持ち良いエンジンだったとしても
以前の6気筒エンジンとは土俵が違うのでしょうか・・・・・

1608020.jpg


遠い?将来、ガソリンエンジンが無くなるは間違いないでしょうけど、その前に6気筒エンジンが汎用から
スペシャルとなり、更に消えつつあるのが残念です。




テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/04(木) 23:22:12|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プレイバック ~ 2015夏 北海道ツーリング 7・8日目

16080102.jpg

プレイバックシリーズ。 終わらないと始まらないので、中断したままの2015年 北海道ツーリングを
終わらせます。 あと10日後には2016年版が始まるので。(苦笑)

6日目まで紹介したので、7・8日を写真で一気に掲載。色々と書きたい事もあったはずだけど、何せ一年前。
ほとんど忘れてしまった・・・・・

オトンルイ発電所から北上し稚内の安ホテルで一泊した翌日。道北は早くも天気が悪化。晴れそうなエリアは
道東だったので、道北をアッサリ諦め南下します。 全く非効率なルートだけど、天気の悪いところに
居てもツマラナイ。モチベーションを上げるには晴天下のツーリングしか有りません。

予報通りの天気・・・・・この辺りが晴れていると最高なのですがね。

16080100.jpg

16080101.jpg


ここで失敗したのがルート取り。二度と通るまいと心に決めていたオホーツク国道だけど、道道120号も
食傷気味だったので、久々に選択。ダメなものは何年経ってもダメ。 流れが悪いし天気も悪い。
今年は絶対に通りません。

それにしても、モバイルツールのおかげで、ツーリングの幅が拡がりましたね。ライブカメラや読者投稿、
気象庁のHPなどから晴れているエリアを選択出来る。フリーだったら摩周湖なんか楽勝で拝めます。
網走に近づくにつれ、案の定、天気が回復。

16080113.jpg

16080103.jpg


この日は木造の駅舎を巡ります。初っ端がコレでガッカリでした。いつの間に・・・・・

16080104.jpg


良い雰囲気のココですが・・・・・

16080105.jpg


「軽食&喫茶 トロッコ」 が台無しに・・・・・

16080106.jpg


ココも喫茶店が・・・・・

16080107.jpg


それでも何とかツーショットで溜飲を下げました。

16080108.jpg


やむべつ駅に至ってはラーメン屋・・・・・掲載する気も起きません。
7日目も夕刻。明日は北海道を離れなければなりません。本来なら道南に向かわなければならないけど
泊まったのは上士幌町。観光客が宿泊するような所ではないから、逆に楽勝で確保できるというものあるけど
理由は・・・・・

16080109.jpg

16080110.jpg

16080111.jpg

16080112.jpg


8日目の早朝。北海道ツーリング最終日。誰もいないタウシュベツを見てサヨナラです。
実はタウシュベツ林道のゲートの鍵は、まだ保管していて、機会があれば、もう一度立ち寄りたいと
思っていたのです。

鍵を返却して、フェリーターミナルへ。いつもの苫小牧・・・・・でなく、今回は函館からの乗船です。
相変わらず余裕が無く、焦りながらエリーゼのアクセルを踏み込みます。それでも函館で塩ラーメンを
食べる時間は有りました。

16080114.jpg


お茶目なバス。すみません・・・って笑えます。

16080116.jpg


今回は苫小牧発のフェリーが確保出来ず、嫌いな青函フェリーに吸い込まれます。

16080117.jpg


何とか確保出来たのは、こんな部屋。

16080118.jpg


たった4時間弱の乗船、おまけに一人なので、全く無駄な投資。それにこの部屋、機関室の真横で
無茶苦茶うるさい。 複数人で考えれば意外と安いのだけど、その理由はコレか・・・・・(苦笑)
ウトウトする事も出来ず、本州着岸。立ち寄るところは無い。いざ自宅へ。

16080119.jpg


昨年のお盆時期の北海道はツーリスト泣かせの天気で、私も雨雲から逃げ回っていました。
ブログ上では割と晴天が多いのですが、ルートは無理無駄のオンパレードといった感じでしたね。

とりあえず2015年 北海道ツーリングのケリを付けました。 これで心置きなく今年も出発出来ます。(笑)
今年は10日間の予定。珍しくソロなので土産物屋に立ち寄るという足枷も有りませんし、苦手な予約も
苫小牧フェリーは何とか押えました。

相変わらずエンジン警告灯が点灯したままのエリーゼですが、いつもの様に本線から脇道に入って
ビューポイントを探したいと思います。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/02(火) 22:19:03|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。