造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

野毛の老舗

1609163.jpg

もうかなり前の事だけど、久々の野毛徘徊。前回からのペンディングとなっていた店に行ってきました。
その前にちょっとココに立ち寄り。

1609161.jpg

1609160.jpg

1609162.jpg


有名などらやき以外にも和菓子数点。私、和菓子とか全然食べないのだけど、この店の前を通ると
どうしてもフラフラっと中に入ってしまう・・・・・そんな雰囲気をもつ昭和感全開の老舗です。

そして念願の洋食屋。カキフライとチキンカツが乗ったオムライス。光り輝く(笑)プレートがレトロ感満載でした。

1609164.jpg

1609165.jpg


大粒のカキフライは絶品でしたね。デミグラスソースのオムライスはまぁまぁかな?
驚いたのは来客数。入れ替わり立ち替わり。いかにも常連といった感じのソロも多いですね。

この日は車だったけど、やはり野毛に来たら、酒を飲みながら細い路地を徘徊したい。
次回、洋食屋に立ち寄るのは当分先となりそうです。
ランドマークタワーの駐車場へ・・・・・歩く歩道は久々でした。

1609166.jpg


今月は忙しい。休日出勤も多く、エリーゼは北海道ツーリング以降、ガレージに眠ったままで一ヶ月経過。
明後日も仕事だから、明日は久々に箱根で回そうかと思ったけど天気がダメですね。
まぁ、10日間もリフレッシュしてきたから今月は忍耐の月。

その分、来月は食の秋、走り?の秋を満喫したいものです。





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/09/23(金) 22:40:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016夏 北海道ツーリング 9、10日目(最終日)・・・・・最後の快走

16091300.jpg

いよいよ北海道を離れる日。苫小牧から出航するのに、まだ稚内に滞在中なのです。我ながら無謀過ぎる。(笑)
天気は案の定、ドン曇りですが、今日は走るだけ。途中、寄り道もするけどね。グズグズしてられません。
昨日のルート変更により、今日は道道ゴールデンルートで南下です。準備運動で道道1119~121号。
時間も無いのに、いきなり寄り道です。

16091301.jpg

16091302.jpg


冴えない天気。青空だと映えるエリアだろうなぁ・・・・・また来年以降の宿題を持ち帰る事になった。
とにかく今日は走りに集中です。中頓別に向かう785~645~583号も引けを取らない快走道道。
ステアリングとアクセルワークを満喫します。そして120号に突入。直近に雨が降ったようで、路面はウェットに。
残念だが、明日は無いので仕方が無い。進めて行くと・・・・・

16091303.jpg


ガ~ン・・・・・何てこった・・・・・これは全くのノーマークでした。動揺した私、冷静な判断力を失い、フェリーに
乗れないのでは? とパニックに陥ったのが笑えます。 昨日は呪ったモバイルツールですが、今日は味方。
通行止め情報を確認してUターン。647号で小頓別、12号で性懲りも無く120号に向かい、快速特急の
再スタート。 ここからの路面は乾いていました。 いよいよ最後の快走です。

16091305.jpg


途中からは薄日も差してきました。道道ワールド炸裂です。

16091304.jpg


49~60~101号と繋ぎ、正午に愛別駅。満タンで出発したものの、ガソリンタンクは空っぽでした。(笑)

16091306.jpg

16091307.jpg


これで踏む楽しみは終わりかと思ったのですが、旭川周辺にも、ちょっと楽しいこんな道がありました。

16091308.jpg

16091309.jpg


思いがけないクールダウンの道となりました。で、美瑛には14時着。 こんなドン曇りの日に美瑛を周遊する
気は全く有りませんが、行きたかった所があったのです。

16091310.jpg

16091312.jpg

16091311.jpg


前回は美瑛で相方が熱中症となった為、スルーせざるを得なかったのですが、今回は立ち寄る事が出来ました。
この窯元は、昔、ドラマの舞台となり一躍有名となったようで、そのドラマを見た客も結構訪れるようです。
ほとんどテレビを見ない私はそんな事に関心がありません。純粋に器を吟味し、器によって土が異なる事に気付き
作家の奥さんに質問。 奥さんは私をドラマ系の客と思っていたようで (苦笑) ビックリしていました。
そこから話が盛り上がり、車ネタも。この奥さん、なんとプジョー307CCにお乗りで、東京まで自走するそうです。
素晴らしすぎる。 で、今までの私の趣味とは、ちょっと路線が異なるけど、2客も購入してしまった・・・・・

16091313.jpg


15時半。まずい。長話をし過ぎました。あわよくば夕張でメロンを買おうと思っていたけど、時間がありません。
道道135号で時間を稼げるかと思ったら、酷いペースメーカーのおかげでチンタラ走行。
三笠ICから道央自動車道に乗り、苫小牧に着いたのは19時過ぎでした。 何とかいつもの温泉施設で汗を
流し、21時発のフェリーに乗り込みます。

16091315.jpg


今年も素晴らしい道を堪能した北海道。 フェリーから眺める苫小牧港は、いつもながら感慨深い。
2時間後に出航するフェリーも接岸していました。

16091314.jpg


出航すると、船室へ。いつもの二等寝台ですが、今回はソロなので初のシングルルームです。

16091316.jpg


シルバーフェリーの二等寝台は他のフェリー会社と比べてもコストパフォーマンスが高いと思っているけど、それは
シングルも同様ですね。 そしてこちらも最後。今年もツーリングの黒子としてバックアップしてくれました。

16091317.jpg


台風の余波か分かりませんが、結構揺れました。船が苦手な人には辛い航海となったでしょう。
そして早朝、八戸に到着。あまり意味の無い快晴ですが、横浜に向け八戸ICのゲートを潜ります。

16091318.jpg


渋滞もせず、夕刻前に自宅着。今年の北海道ツーリングも10日間、無事故・無違反で終える事が出来ました。
ソロと言う事も有り、走行距離は初めて5000kmを超えました。

16091319.jpg


期間中、台風が2個も上陸するという信じられない展開でしたが、幸運にも屋根を閉じたのは一日だけ。
天気の読みが冴えまくったツーリングでした。改めて地図を見ると、右半分、特に帯広を中心としたエリアは
台風の影響で、ポッカリと穴。ほとんど周れなかった事がよく分かります。三国峠や糠平を通らなかったのは
冬を含め初めての事でした。

しかしながら、オープン走行はそろそろ限界。今後は、晴天クローズ走行も有り得ますね。我慢大会ではない。
それ位、北海道の温暖化も進んでいると思います。

まぁ、そんな事があっても、走る楽しさに満ち溢れているのが北海道・・・・・来年も素晴らしい道を探したいなぁ。






テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/19(月) 22:53:42|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2016夏 北海道ツーリング 8日目・・・・・反撃開始 ~ 道北風車三昧

16091202.jpg

台風一過の朝は、残念ながら快晴となりませんでした。でも、きっと晴れるはず。
期待を込めエリーゼに乗り込みます・・・・・って、TOP写真で結果が出ていますが。(苦笑)

あぁ、残念ながらエリーゼは台風の風雨に耐えられませんでした。運転席側は雨漏れを見越して対策を
施していたのですが、ノーマークの助手席側は浸水。バイブルの 「宿泊 北海道」 もズブ濡れです。
今迄、助手席側は雨漏りした事が無かったのですが、遂に限界を超えたようです。

剣淵温泉は最高の立地条件。 ルートを考える必要は全く有りません。岩尾内湖から101~60~49~120という
道道ゴールデンルートが待っています。 ところが走り出してスグにガッカリ。雨は早朝まで降ったらしく
路面は完全ウェット。これでは気分が未消化です。ここでスッパリと諦めUターン。国道239号でオロロンライン
に抜け、海沿いを北上する事にします。もちろん、北上するにつれ、天気が回復する事は計算済み。
きっと快晴でオトンルイ発電所の風車を目にする事が出来るだろう・・・・・

国道239号はなかなか良いワインディングロード。ウェットで無い時に走りたい道でした。
で、オロロンラインに繋がると、見事な快晴に。昨日の反撃開始。 急遽、ウインドファームで風車を拝みます。

16091200.jpg

16091201.jpg


コレを待っていました。モチベーションは最高潮。

16091204.jpg

16091203.jpg


このままオロロンラインを北上しますが、食傷気味なのでアレンジも忘れずに。遠くに、また風車が臨めます。

16091205.jpg

16091206.jpg


その風車のそばを通過。

16091207.jpg


そして・・・・・

16091208.jpg

16091209.jpg


晴れた日。ココだけは素通り出来ません。今回のツーリングもタイミング・バッチリでした。

16091211.jpg

16091210.jpg


ここでアクシデント。悲しかな、一番掛かってきて欲しくなかった人から電話が・・・・・
夏季休暇中に仕事をしている彼。 トラブルが発覚し、急遽クライアントに謝罪報告書を提出する事に。
それを聞いて、気分は道北の爽やかな青空とは全く異なる、ミッドナイト・ブルーに。モバイルツールを恨みました。
便利の裏返し。まぁ、仕事の成果でツーリングが出来るのだから、どんな時でも対応はしなければならない。

オープンだと、暑いし日射で画面が見えないので、止むを得ず防雪シェルター内の一時退避エリアにエリーゼを
滑り込ませました。 (屋根を閉めるのは、結構面倒なのです)
送られてきたエクセル文書をチェックし、電話とメールで何度もやり取りし収束させましたが、1時間のロス。
休み明けを考えると気が重いけど、今出来る事はやりきったので気を取り直しツーリング再開です。(笑)

今日も目的地が有りません。陽が暮れたら、どこかに泊まれば良い。時間の経過を気にする事無く、周辺の
景色にエリーゼを委ねます。

16091213.jpg

16091215.jpg


エサヌカ線に似ている道。 一車線である事が一味違う情緒を感じます。ツーリング誌に紹介されるような
メジャーな道に飽きても、探せば素晴らしい道を方々で発見できるのが北海道。

16091212.jpg


オロロンラインも夕刻。それまで雲が掛かっていた利尻富士が、シルエットを表しました。

16091214.jpg

16091216.jpg


この日も終盤。17時を過ぎましたが、まだ陽があるので道漁りを続けます。

16091217.jpg

16091218.jpg

16091219.jpg


よく走った・・・・・周囲も気分もそろそろ終着駅。

16091220.jpg


バイブルは使い物にならなくなったので、昨年稚内で泊まった所を探し、無事に宿を確保。
これからノンビリ稚内に向かいます。

・・・・・と思ったら大間違い。想定外のロスも有り、今日はまだ踏んでいません。811~616~138~121の
道道繋ぎでワインディングを満喫。そして最後の〆は宗谷を突き抜ける道道889号で、この日の封じ手。
ちなみに、この道は私の中でBEST道道です。コース・路面の状態・風景と合わせ、素晴らしい道ですが
日中は、道道の中では割と通行量が多目なので、自分のペースで走るなら早朝か夕刻の走行が理想ですね。
風景だけ楽しむなら真昼でも良いけど。

いよいよ最後。 オホーツク海沿いを走る国道238号は苦手な道ですが、夕刻に走る宗谷から稚内の区間は
大好きです。今回も上手く当てはまりました。

16091223.jpg


朝から晩まで道北を満喫。ツーリング当初の貴重な好天日を北太平洋シーサイドラインに充てた為、以降
ず~っと天気が悪かった道北だったけど、最後に回して本当に良かったです。
昨日の台風退避の鬱憤を晴らしました。

明日はいよいよ北海道を離れる日。 稚内から苫小牧へ戻るという大胆な計画となったけど、止むを得ない。
天気はイマイチみたいだけど、選択の余地は有りません。でも、最後まで貪欲にプレジャーを求めて走ります。

 


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/17(土) 21:29:24|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016夏 北海道ツーリング 7日目・・・・・台風直撃

16091100.jpg

木古内温泉の朝。 あまり良い条件でない駐車スペースでしたが、窓から見るエリーゼは無事のようです。
北海道新幹線の高架が感慨深いけど、そんな呑気な事を言ってる場合ではない。今日は本ツーリングで初の
雨中走行を覚悟しなければなりません。雨雲を避けながらツーリングを続けてきたけど、午後から台風が
北海道を縦断。どこかで早めに退避する予定です。
無駄と知りつつ、晴れているエリアを探しましたが・・・・・

16091101.jpg


ここまで酷いと諦めもつきます。フル・オープン走行の連勝記録を続けてきましたが、遂にストップでしょう。
風景も走りも楽しめない一日なので、ひたすら距離を稼ぎ、早めにチェックインして台風をやり過ごすしか無い。
但し、明日は台風一過の晴天が期待できるので、宿泊地点は重要です。とにかく北上あるのみ。

函館をスルーし、国道5号線を淡々と走ります。あまりの苦痛から、国道230号を案内するナビに逆らい
道道702号にスイッチ。ウェットコンディションに溝の無いタイヤの組み合わせながら、チンタラ国道を
走るよりも百万倍楽しい。水を得た魚とは、この事。

16091102.jpg


道は914号に繋がります。ところが・・・・・

16091103.jpg


あぁ、勘弁してくれ・・・・・何の前触れも無く、突如としてダートに変貌しました。既に、かなりの距離を走ってきた。
今更、雨雲に逆行して戻る気にはなれません。泣く泣く亀走行を続けました。
ダートを抜けると羊蹄山の姿がお目見え。

16091104.jpg


札幌近くになると、いよいよヤバくなってきた。

16091105.jpg


道内の飛行機はもちろん、鉄道も全域で麻痺状態。高速道路も閉鎖されるのは時間の問題でしょう。そうなる前に
迷わず道央自動車道に入りました。しかしながら雨雲から逃げようとするも、土砂降りに。あまりの凄さに溝の無い
タイヤはSOSを発信。危険を感じパーキングに退避。こんな日に観光バスに乗らざるを得ない人達も可哀想・・・・・

16091106.jpg


もう限界でしょう。頑張って道央自動車道の終点まで走り、周辺で泊まる事にします。
全く知らなかったけど、剣淵には温泉が有りました。早いチェックインになるから、温泉宿は有り難い。
さすがに台風直撃なので、宿泊客は少ないのでしょう。楽勝で確保出来ました。

一瞬、小康状態になったので走行開始。怪しい雲が先を急がせます。

16091107.jpg


また降り出した雨の中、剣淵IC着。周囲はまだ明るいものの、剣淵温泉のホテルに直行します。台風が襟裳岬に
上陸した時には、何とかホテルに逃げ込めました。この後、高速道路や主要国道は通行止め。ギリギリセーフです。
そして案内された部屋を見てビックリ。

16091108.jpg


ビジネスホテルと同等の金額でしたが、床面積は倍以上。ソロだけど、ベッドはセミダブルのツイン。
こんなところで台風効果を得られるとは思いませんでした。
温泉もガラガラです。

16091109.jpg


体がふやけるほど温泉を楽しみ、安堵感の中、風呂上りのビールで至極の喜びに浸っていると、何と停電。
長い人生、旅先で停電とは初めての事でした。外はもの凄い風雨。釧路では史上最大の風速を記録し
NHKのラジオ放送も中断するほどの凄まじさ。雨ざらしのエリーゼが心配ですが、出来る事は祈るだけ。(苦笑)

明日の天気予報を見ると、どこもパッとしなかったけど、もう残された時間は少ない。
きっと晴れると信じ、北上する事にします。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/15(木) 22:19:03|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そりゃぁ、歳をとるわけだ・・・・・

1609131.jpg

50周年か・・・・・歳をとる訳です。 あ、私の事。
初めてコンサートに行ったのは、中学生の時だったから・・・・・

平日の参戦は厳しいな。




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

  1. 2016/09/13(火) 22:49:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016夏 北海道ツーリング 6日目・・・・・マッタリ・シーサイド ~ 追分ソーランライン編

16091000.jpg

一夜明け、エリーゼは無事でした。(苦笑) 
この日も全域で天気が悪い。唯一日照が有ったのが積丹半島。小樽出発を選んだのは、コレを見越しての事でした。
ラッキーな事に道道913号はガラガラ。この道は空いていると最高です。

16091003.jpg


ローソク岩もバッチリでした。

16091001.jpg


積丹といえばウニ。奮発してバフンウニをオーダー。人生で最も贅沢な朝食となりました。
しかしながら、出てきたウニ丼は・・・・・見た目でガッカリ。まぁ、味は悪くなかったけどね。

16091002.jpg


満腹になった後は、雷電国道から追分ソーランラインをマッタリと流します。
途中、鰊御殿で小休止。

16091005.jpg

16091006.jpg

16091004.jpg


この日も海沿いを流す事に飽きると、内陸の道道に脱線しエンジンを回します。9、523、42号など、海と陸を
交互に繰り返しながらひたすら南下し、江差に到着。 風車が見えたので、フラフラっと・・・・・

16091007.jpg

16091008.jpg


今日も遅くまで走り回りました。最後は人気の無い、こんな道を探索して終了。

16091009.jpg


この辺りで泊まっても良かったけど、旅も半ば過ぎ。温泉に浸かって疲れを癒したかったので周辺の温泉宿を検索。
なかなか空きが見つからなかった為、木古内まで足を延ばしユックリと温泉を楽しみました。

明日は試練。本ツーリング2個目の台風が直撃します。さすがにコレからは逃れられません。





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/12(月) 23:05:11|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016夏 北海道ツーリング 5日目・・・・・マッタリ・シーサイド ~ オロロンライン編

16090900.jpg

この日は道東に台風が上陸。北海道のほぼ全域が雨模様の中、石狩方面の海沿いに僅かながら
希望の陽 (笑) が有りそうだったので、旭川から西へ移動します。
道道98~281号と繋ぎ、94号に入ると快晴・快走となりました。

16090911.jpg


増毛に入り、また曇ってきたけど、折角なので町並みを徘徊する事に。増毛駅からスタートです。

16090901.jpg


歴史的遺産郡は北海道遺産。

16090902.jpg

16090903.jpg

16090904.jpg


結構、時間を使ってしまった。もう正午過ぎ。上がるか下がるか悩んだけど、オロロンラインを南下。
晴れてきました。今回のツーリングは読みが冴える。ゴキゲンです。雄冬の展望台に立ち寄る余裕も。

16090905.jpg


今日はこのままマッタリとシーサイド・ツーリング。

16090912.jpg


・・・・・のはずだったけど、喉が渇いてきた。飢えた狼の如く、エサに有り付きたい。
アハハ・・・・・結局、内陸に進路を変え、道道中心に様々な道を走破しました。内に入り込むにつれ
道が変わっていくのが面白い。

16090913.jpg

16090914.jpg

16090915.jpg


海に飽きてきたので、草木が新鮮。

16090907.jpg

16090906.jpg


フラフラと脱線しながら楽しんできたけど、この日も夕刻。黄昏てきました。

16090916.jpg


ジンギスカンを食う為に、札幌で泊まる事も考えたけど、人も車も多くて煩わしいし、明日の事を考え
小樽まで進めました。 小樽はX1での冬のツーリング以来です。 あの時と違い夏の陽は長い。
まだ明るかったので、少し散策しました。

16090908.jpg

16090910.jpg

16090909.jpg


驚いたのは、観光客の多さ。冬の北海道と比較するのはナンセンスだけど、こんなに人が多いとは
思いませんでした。ホテル探しに難儀した理由が分かりました。
結局、前回泊まった 「グリーンホテル」 に電話し確保。 「スマイルホテル」 になっていたのは
ビックリしましたが・・・・・(苦笑)
で、問題は駐車場。案内された場所は、大通りの交差点の角。 とにかく人通りが多いし、立ち止まって
エリーゼをシゲシゲと眺める人も。 無事に一晩過ごせるのか心配です。

16090917.jpg


ジンギスカンを食いたいという欲求は収まらず、小樽の町でサーブする店を調べると・・・・・

16090918.jpg


初の松尾ジンギスカン。飢えを満たしたけど、味付肉よりコッチが好みでした。
帰り道。

16090919.jpg

どうか無事でいてくれ・・・・・





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/10(土) 21:54:56|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2016夏 北海道ツーリング 4日目・・・・・台風から逃げて快晴を探せ

16082911.jpg

この写真で、今回のエントリーの結果を出してしまったけど・・・・・


起床して窓から外を眺めるとドン曇り。根室にいても、これからは悪化する一方でしょう。
納沙布岬やノッカマップ岬へ行くつもりだったけど、天気の悪い日に再訪する意味が無い。
となれば、ココに長居は無用です。台風を待ってても仕方がないしね。

この台風の影響が計り知れない為、明日は臨機応変に対応出来る場所を起点としたい。いつも持参する
お手製の北海道全域地図を眺め、検討。

16082903.jpg


東と南はダメだろうから、北でも西でも逃げられる、北海道の中心エリアに向かう事にしました。
今日なら南東エリアから離れ、北へ西へ向かえば天気は期待出来るかもしれません。
気分が乗らないドン曇りの中、網走方面にエリーゼを走らせます。

16082900.jpg


網走方面に向かうルートは海沿いと内陸が選択できるけど、走りを楽しむなら、もちろんコッチ。
やはり予想した通り晴れてきました。

16082901.jpg

16082902.jpg


フフフッ・・・・・今回のルート取りは順調だぜ・・・・・心の中で自画自賛していました。(苦笑)
一気に気分も高揚。今、写真を見て気付いたけど、この風景はロータス・カラー

16082904.jpg


ところで、このエリアで気を付けなければいけないのがコレ。
特に卸したては要注意。(笑) 今回は昼間なので、問題なく回避できました。
途中、対向車のパッシングを浴びたので徐行して様子を伺うと、案の定、公務員が単車と会話していました。
彼らの勲章(?)であるホクレンのフラッグが悲しそうになびいていました。

ちなみに今回のツーリングでもレーダー搭載のパトカー待ち伏せなど何度かピンチに遭遇。
都度、レーダー探知機に助けられました。 私が選ぶ道は、誤作動を起こすような街中では無いから
探知機は常時稼働させていても煩わしくない。北海道では必須ですね。

斜里町で国道244号に出る。今回のツーリングはタウシュベツ橋梁を見る事が出来ないので代替でコレ。

16082905.jpg


10連の橋だけど、国道拡幅の為に中2橋だけブッコ抜かれている。国の登録有形文化財です。
こちらは残った反対側。

16082906.jpg


どちらも写真が撮り辛い為、上手く紹介出来ないのが残念だけど、私のような橋フェチでなくても、この上を
鉄道が走る(予定だった)事を考えれば、きっとロマンを感じるはず。是非訪れて下さい。

気分良く走らせているうちに大空町に到着。道の駅では、季節限定のコイツでブランチ。美味かった。

16082907.jpg


早々に出発。ベタだけど、天気が良いのでつい立ち寄ってしまった・・・・・

16082910.jpg

16082912.jpg


こちらもベタだけど、つい・・・・・

16082908.jpg

16082909.jpg


快晴ですが、オープン走行も忍耐が必要になりつつある。北海道の夏も、間違いなく年々暑くなっていますね。
この時期に、常時屋根を開けて走るというドライビング・プレジャーを唯一叶えてくれる地として
毎年来ているけど、そろそろ限界に近くなってきました。今年は雨天以外、オールウェイズ・オープンを
通したけれど、我慢比べ大会に出場している訳ではない・・・・・

で、峠を登り涼もうと欲を出してしまい失敗。あまりの快晴故、美幌峠へ足を延ばしたけど、登り始めて
霧が立ち込める。峠は何と小雨・・・・・ライブビューカメラでチェックすればこんな事は分かったのに・・・・・
やはり峠を甘く見てはいけない。

さて、この鬱憤を晴らすには、いつものをやるしかない。(笑)
お待ちかねの道道巡りです。4度のエリーゼ・ツーリングで最も豪快に走りを楽しめると思う道道ルートは
遠軽からの137号~61号で岩尾内湖へ着くルートです。
ここから北上する101号~60号~49号~120号も毎回走るゴールデンルートだけど、路面状況なども
踏まえてトータルで考えると、私は137号が好きですね。 もちろん車にもよるし、ドライバーの運転の仕方で
適・不適もあるかと思いますが・・・・・
あ、風景は+ポイントしていません。純粋に車を走らせる楽しさです。風景も加味したBEST道道は
後に登場します。

前置きが長くなったけど、とんだ寄り道のおかげで、遠軽入線は遅めの16:00。
137号、前半は2~3速、後半は3~4速主体でワインディングにエリーゼを這わせます。
61号に切り替わり、ちょっと肩の力を抜く・・・・・

16082914.jpg

16082913.jpg


今回はソロなので、真剣にペダルとステアリングを操作。集中度は過去の比ではありません。
ソコソコ距離もあるので、岩尾内湖に着いた時は疲労感タップリでした。
小休止し、旭川か名寄で宿を探します。どちらも余裕があったけど、明日の天気は西側の方がマシな感じ
なので、アクセスし易い旭川を選択。 理由はコレもありました。

16082915.jpg


2度目の旭川ラーメン。塩の函館、味噌の札幌と並んで醤油の旭川ラーメンですが、醤油を食べる気分では
無かったので塩をオーダー。なかなか美味かったです。

話が前後しますが、岩尾内湖から旭川への道道101号は初めて走行。非常に楽しみだったのですが
期待が大きかった分、ガッカリ度も大きかった。(苦笑)・・・・・最終日に再度走る事になるとは
思わなかったけどね。

明日は台風が十勝~根室付近に上陸するので厳しい天気でしょう。 まぁ、これまでの3日間は運良く
最高の天気だったので、贅沢は言えない。 取りあえずスタートは、どう転んでも対応できる地点にしたけど
台風の影響を受けないエリアがあれば嬉しいなぁ・・・・・




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/02(金) 22:58:00|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード