造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も赤い・・・・・新潟・長野 紅葉ツーリング 2日目

16103000.jpg

妙高の紅葉を堪能した後は、オプションの奥志賀スーパー林道へ向かいます。
野沢温泉から入ろうと思い、ナビをセットしたら、高速経由で国道117号を北上するルートを表示。
こんなつまらないルートを誰が走るのか・・・・・ここは斑尾経由の県道97号を選択します。
ナビも曲道優先モードなんかを選択できれば面白いのに・・・・・(笑)

飯山で軽く腹ごしらえしたので、野沢温泉に着いたのは14時。温泉街特有の激細の道を登り
奥志賀林道をスタート。

16103007.jpg


正直言って、ココでは紅葉は求めていなかったのですが、意に反して真っ赤。
またもやカシャカシャを始めます。

16103002.jpg

16103001.jpg


紅葉真っ盛りの景色に、エリーゼのペースは上がりません。

16103003.jpg


で、志賀高原の温泉宿に着いたのは16時半。既に薄暗くなってしまった。
この日は熊の湯ホテルに宿泊。温泉が楽しみでした。

16103008.jpg

16103010.jpg


バスクリンを入れている訳では有りません。湯の花も凄いし、久々に嬉しい温泉でした。
個人的には無色・無臭の伊豆や箱根の温泉よりも好きですね。

16103009.jpg


翌日。朝風呂が長かった為、遅めの出発。既に志賀草津道路は車が多いけど、相変わらずココの風景は
素晴らしい。車を停めて眺める場所がほとんど無いのが残念。

16103011.jpg

16103005.jpg


今日は赤でなく、青が主体ですね。

16103004.jpg


関越の渋滞を避けたいので、このまま南下し帰宅しますが、そのルート取りが単なる移動か旅になるかの
分岐点。白根山からは万座ハイウェイ ~ 鬼押ハイウェイを選択する人も多いかと思うけど、今回は
草津経由を選択。万座ハイウェイは好きだけど、鬼押ハイウェイは直線基調で、エリーゼで走っても全く楽しくない。
風景は良いから屋根を開けたDS3なら気持ちが良いかもしれないけど・・・・・
と言うわけで、草津から嬬恋パノラマラインを流します。

今回のツーリングの〆はチェリーパークラインにしました。道中、またもや遭遇。

16103006.jpg


今日は青の日と思っていたけど、やはり赤で終わりました。(笑)
そしてチェリーパークラインをジェットコースターのように転げ落ちます。

16103012.jpg


それにしても凄いブラックマーク。まぁ、例年、浅間ヒルクライムのメイン会場にもなる道なので公認ですかね。

佐久に降り、ランチで時間を費やしたのが運の尽き。関越の激渋滞にドップリ浸かりました。
それでも鶴ヶ島からは圏央道に逸れ、厚木経由で帰宅。練馬まで延々と渋滞に付き合い、日曜夕方の
環八渋滞に嵌るルートより1時間近く早いと思います。これまでは関越~環八という、気が重くなるルートしか
選択肢がなかったけど、新たな帰宅ルートが構築出来て助かります。

今回も良く走りました。9月の鬱憤を晴らすかの如く、2週連続でのプチ・ツーリングでしたが、これでは終わらない。
実は今日も・・・・・BBSを履いた方とシーズンオフ前のビーナスラインを楽しんできました。
それは次回。



スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/30(日) 23:13:18|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も赤い・・・・・新潟・長野 紅葉ツーリング 1日目

16102700.jpg

先週は御多分に漏れず、一泊二日の紅葉ツーリング。伊豆に引続きエリーゼで二週連チャンです。
毎年、どこに行くかで楽しく悩みますが、今年は新潟・長野方面。言わずと知れた妙高・赤倉エリアです。
折角、エリーゼで行くので、付加価値として奥志賀スーパー林道を延々と南下するというオプションを
盛り込みました。
昨年は京都。徒歩での散策が主体でしたが、今年は紅葉に囲まれた細道を、オープンで走ります。

最初の目的地・赤倉には朝9時着。燕温泉方面へ北上します。ピークとあって、こんなビュースポットでは
三脚を構えたカメラマンを多く見掛けました。

16102702.jpg


紅葉はほぼピーク。山は燃え上がるようです。

16102704_201610272353142bf.jpg


ツーリングも序盤というのに、私も舞い上がってしまい、所々でカシャカシャと・・・・・

16102701.jpg

16102703.jpg


今から考えれば、こんなのは序の口でした。ココから先は、エリーゼと紅葉がウンザリするほど出てきます。
書いてる本人がそう思うので、飽きたらスルーして下さい。(苦笑)

赤倉を堪能した後は妙高・笹ヶ峰へ向かいます。ココもピーク。

16102707.jpg


細い県道は赤・黄・緑に囲まれクラクラするほど・・・・・

16102708.jpg

16102706.jpg


果てしなく紅葉が続きます。

16102705.jpg


グリーンハウスで小休止。ここも真っ赤でした。

16102709.jpg


通り抜けせず、乙見湖で折り返し。

16102710.jpg


同じ道ですが、行きと帰りでは違った風景で、飽きもせずカシャカシャ。

16102711.jpg

16102712.jpg


時折、青空も・・・・・

16102713.jpg


本当は一日完結にしたかったけど、この後のスーパー林道も紅葉の嵐。写真をチョイスしているだけで
ウンザリしてきたので(苦笑)、初日はここまで ~ 以降は次回にします。






テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/28(金) 00:12:43|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マンネリ打破! 最強?の伊豆ツーリング 2日目

16101720.jpg

この週末もエリーゼでプチ・ツーリングに出かけたのですが、取り急ぎ先週の伊豆を終わらせます。
前回の翌日。朝風呂に浸かり過ぎ、朝9時に出発。こちらもマンネリの弓ヶ浜を眺めながら、本日のルートを
考える。

16101721.jpg


渋滞は避けたいから欲張らず早めに切り上げよう。東の選択は無いから、とりあえず県道16号~国道136号で
西側を北上する事に。
この時間だから、前を走る車は皆、石廊崎に立ち寄ります。つまり、その先は踏めるという事。(笑)
前方オールクリア状態で今日もエリーゼを解き放します。あぁ、気持ちイイ・・・・・
天気も最高、海も綺麗。絶好のオープン日和と言うより、チト暑い。

16101722.jpg


松崎は分岐点。このまま海風を浴びるか、険道59号で森林浴にするか・・・・・暑い。日陰を選択。

16101723.jpg


リトルハートは素通り。しかしながら、この日の59号は今迄に無いほど対向車が多く、離合出来ず
バックする事もしばしば。この道は当分イイヤ。

ブツブツ言いながらも仁科峠に着き再考。59号を継続して北上し西伊豆スカイラインで踏むのもイイけど
昨日走ったしなぁ・・・・・結局、ステアリングを左に切りました。

16101724.jpg


石が坂を転げ落ちる。県道410号~究極のダウンヒル。(苦笑)
麓に転げ落ち、やっと止まった先は、やっぱりコレ。

16101725.jpg


客が多かったようで、鯵は早々に品切れ。ギリギリセーフ。13時には暖簾を下げてしまいましたが
その後も小鯵寿司を求め、ひっきりなしに客が来ていました。
ちなみに、オーダーしてからサーブされるまでに要した時間は40分。ココに1時間費やしたのは大誤算でした。

食後は再び海沿いの国道136号を走り、土肥で右折し再び山へ向かいましたが、交通量も多い。
西伊豆スカイラインに舵を切る欲望を抑え、天城ドーム手前の林道で北上しました。
この林道、車は一台も見なけなかったけど、落石(!)や倒木もあり路面状態は悪い。
そもそも北上するには、そのまま136号を走っても良いし、西伊豆スカイラインもあるので
普通のドライバーがこの林道を選択する理由は全く無い。だから、空いてはいるけど、この路面では
エリーゼを走らせる楽しさは希薄でした。再度走る事は無いなぁ。

16101726.jpg


県道18号に出てから修善寺へ。既に15時。流れは悪い。沼津~東名は避け、国道1号で再び箱根へ。
単に帰る為に720円払って峠を降りるのは馬鹿馬鹿しいので、箱根新道の山下りを選択。これが失敗。
半分も降りないうちから渋滞に突入。ターンパイクの存在理由が分かりました。
早朝、走る為に有る訳ではない。(苦笑)
西湘バイパス出口と原宿交差点前の渋滞もお約束。結局、自宅に着いたのは18時でした。

今回の走行ルート。

16101718.jpg


結構走ったけど、西湘バイパス以降、重複した道は有りませんでした。
数えきれないほど伊豆を走ってきたけど、今回は海あり山あり、踏んだり流したりで、過去最強のルート取りに
なったと思います。もう嫌になるほどステアリングを回し続けるコース。(苦笑)
伊豆を走ると言うと、伊豆スカや西伊豆スカイラインが頭に浮かびますが、それだけでなく
たまには欲張って、こんなルートも良いかと・・・・・


余談ですが、8月の北海道ツーリングで5000kmを走り、フロントタイヤは限界を超えていました。
今回のツーリングで駄目押し。変わり果てたネオバの姿。(苦笑)

16101719.jpg

16101727.jpg


北海道に向けて発つ前は、まだ余命があったのですが・・・・・
エリーゼは当然ながらリアの消耗が早いので、前回のタイヤ交換はリアのみ。フロントタイヤはスルーし
次のリア交換と一緒に行う計画だったけど、ちょっと無理がありました。ほとんどスリック化。
もはやグリップが無い、などというレベルではありません。

車好きにとって絶好の季節が到来したのに、この有様。9月は忙しくて、車に全く気が向かず、タイヤの事を
完全に忘れていました。

安倍総理の決まり文句ですが、正に 「痛恨の極み」 です。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/23(日) 22:55:56|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マンネリ打破! 最強?の伊豆ツーリング 1日目

16101700.jpg

8月の北海道ツーリング以来、2ヵ月もガレージに眠ったままのエリーゼを、先週末、復活させました。
10月になり、やっと休めるようになったものの、週末は常に天気が悪く、引っ張り出す機会を窺っていましたが
遂にこの日が来た・・・・・という感じ。

行先は超マンネリの伊豆。伊豆ツーリングというだけで、ネタは終わったと思われるかもしれませんが
あまりにマンネリ過ぎる為、今回は南伊豆で一泊するという事だけ決め、あとは気分次第のルート取り。
結果的に、過去最強のルートとなりました。

土曜の朝6時に出発し、西湘バイパスから箱根へ。何と言っても2ヵ月振りのエリーゼです。
迷わずターンパイクに突入。一往復半楽しみ、溜りに溜まったストレスを大放出しました。
それにしても、このブラックマーク・・・・・取締が強化されるような事はマジで止めて欲しい。

16101701.jpg


久々の大観山。相変わらずポルシェが多いけど、コペンもオフ会をやっていましたね。

16101702.jpg


レストハウスを早々に後にし、県道20号へ。伊豆スカの入り口で突入するか悩んだけど、今回はスルーし
県道11号で中伊豆へ。

16101703.jpg


伊豆半島のセンターを縦断しようかと思いましたが、早くも流れが悪い為、西へ避難する事にしました。
海沿いの県道17号も定番。

16101704.jpg

16101705.jpg


西側の県道17号は好きな道だけど、エンジンを回す道ではない。久々のエリーゼ、右足が疼いているので
戸田から県道18号で戸田峠に登る事にしました。ここから先は説明不要。西伊豆スカイライン。
マンネリでもいい。アクセルを踏めれば・・・・・で、この絵も超マンネリ。スルーして下さい。(苦笑)

16101730.jpg


さて、ランチタイムが近づいてきた。 最初は小鯵寿司を食いに県道410号で宇久須に降りようと思ったけど
考えてみれば夜は旅館の和食。刺身も出るだろうから、ランチは寿司を避けた方が良い。
悩んだ挙句、この時以来となる伊豆高原のカレーを食す事にしました。
おいおい、折角、ワインディング宝庫の西伊豆に居るのに、東に出るのかよ? と言われそうですが・・・・・

大胆にも進路を東に取り、伊豆半島を縦断から横断へ。海から山。県道59号にスイッチです。
あまり好きな道では無いけどワインディングには違いない。途中の狭路でGWに走った酷道439を
思い出しました。

16101707.jpg


わさび畑を通過。

16101708.jpg

16101709.jpg


低速コーナーにも飽き、最後は伊豆スカで味付けし、伊豆高原に到着。昼時なので駐車出来ないかと
心配していましたが、客は誰も居ませんでした。(苦笑)

16101710.jpg


ここは独自の作り方。カレー粉、小麦粉を使わずスパイスだけで作るので、好みは分かれそう。
辛いけど、カレーっぽく無いという感じです。

16101711.jpg

16101712.jpg


店のインテリアもカレー屋とは思えません。

16101713.jpg


この後はのんびりと東側の国道135号を南下。ここに至るまでステアリングを回し過ぎたので
ここからはノンビリ海風と戯れる・・・・・と言えば聞こえは良い。(笑)

16101714.jpg


下田を過ぎ、16時前に下賀茂温泉に到着。今日はよく踏み、よく回しました。
この日はラッキーなことに客数が少なく、人生二度目の一番風呂。

16101715.jpg

16101716.jpg


異常だった9月を乗り切った体を労わってやりました。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/19(水) 21:54:50|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心が萎える一通のDM

1610151.jpg

車関係のDMは、よく届きます。先日は欲望との戦い。今回は・・・・・あぁ、やはりウチもでした。

1610152.jpg


例のT社製エアバッグ問題。BMWが該当各車にDMを送っているのは知っていました。
現有車のリコールはエリーゼに続き2台目です。

勘弁して欲しい・・・・・





テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/16(日) 23:10:58|
  2. BMW X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心を揺さぶる一通のDM

16100700.jpg

終の車と言うには早すぎますが・・・・・いつかは超セブンと思っています。実は8月の北海道ツーリングでも
ナウマン国道で、何とリアに荷物を積載したツーリング中のセブンに出会い、セブンへの思いが再燃していた
ところです。しかしながら、以前試乗した時の印象から160は選択肢にありません。

ところが・・・・・先日届いたディーラーからのDMを見て、その気持ちは脆くも崩れ去りました。(苦笑)
その名も 「Seven Sprint」 ~ これは凄い。外観だけですが、こんなに琴線に触れる車は久々です。
クラシカルな塗装色や赤革の内装、丸目のテールランプもソソりますが、何と言ってもクラムシェルフェンダーが
心を串刺しに。(笑) これは欲しい・・・・・DS3カブリオをボロいイタ車に替え、エリーゼを下取りにすれば
何とか手が届きそうです。

しかしながら、「待った」 を掛ける要素が一点。160ベース故、軽自動車である事です。試乗時にも書いたけど
悩ましいのはそのエンジンパワー。軽自動車の自主規制である64PSをアッサリ無視しているのは嬉しいし
当たり前だけど日本の軽自動車よりは遥かに速い。でも、コイツでターンパイクや芦スカを走る事を想像すると
2年目位からは物足りなくなってくると思うのです。この歳になると絶対的な速度とか加速は全く興味が無く
いかに気持ち良く走るかがポイントとなっているのですが、それでも欲求不満になるレベルでは FAN TO DRIVE
にならない。あとはエンジンの音と特性。この160のエンジンは、好きでないターボだし回転落ちもルーズ。
音はジムニーそのものだしなぁ・・・・・これが270ベースであれば、問答無用でオーダーするのですがね。
下取車があるとは言え、やはり黄色いナンバープレートに400万超えの投資は慎重にならざるを得ない。

悩ましい車が登場したものです。



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/09(日) 19:24:53|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プレイバック ~ 2014秋 京都・滋賀・福井 鯖ツーリング 9 ・・・・・鯖街道の鯖寿司

16100400.jpg

伊根の舟屋の後は天橋立へ。有名なビューポイントは色々ありますが、出来れば人ゴミは避けたかったので
ちょっとマイナーな成相寺 (だったと思う・・・) へ。夕刻という事もあり、結構空いていました。
確か17時で登れなくなるので、最後は人も捌け、のんびりと写真を撮れました。

16100401.jpg


この後はエリーゼを京都まで走らせ、宿泊。正直言って泊まった所は全然記憶が無い。(苦笑)
翌日は毎度の京都散策。渡月橋やマンネリ感漂う茶わん坂をフラフラと。

16100402.jpg

16100403.jpg

16100404.jpg


何気ない行燈も京都の一コマ。

16100406.jpg


古都にひっそりと溶け込む消火栓。(笑)

16100405.jpg


いつ来てもユニバーサルな街です。

16100407.jpg


散財する事もなく、再びエリーゼの人となり鯖街道で北上します。いかにも街道と言った趣ですが、交通量も
そこそこ多く、センターラインが白線でもエリーゼ乗りとしてはちょっと辛かった。

16100408.jpg


そしてラスマエ。今回の旅で唯一、立ち寄ると決めていた店に到着。

16100409.jpg


ツーリングのテーマを遂行。確かグレードが3段階位あったのですが、ココはケチらず特上をオーダー。

16100410.jpg

16100411.jpg


焼鯖寿司も。

16100412.jpg


ウ~ン・・・・・悪くないけど、初日の寿司屋で食った鯖寿司の方が美味かったなぁ・・・・・
シャリも鯖自体も初日の方が舌に馴染んだ気がする。期待が大き過ぎたかな。

腹も膨れ、鯖街道を更に北上。

16100413.jpg


今回の鯖街道ツーリングもいよいよ終着。時刻は17時。いい加減、帰らなければならないけど、ココは
立ち寄りたかった。

16100414.jpg


日が暮れる前で人影もまばらだったけど、逆にそれが良かったか。

16100415.jpg


なかなか情緒あるエリアでした。

16100416.jpg

そのまま北上し、メタセコイア並木に戻ってきました。これで三方五湖~丹後半島~京都を結ぶ逆三角形を
一周した事になる。初日に降りた木之本ICから名神へ入り、無事帰宅しました。

鯖街道を走り鯖寿司を食うというテーマで、メタセコイア並木からスタートした鯖街道ツーリング。
横浜からだと大した距離も無いけど、何度企画しても出発時にエリーゼが故障したり、直前になって
休日出勤になったりで、何故かココだけは常に企画倒れとなっていました。
やり遂げた感はあったけど、今から思えば鯖寿司のコストパフォーマンスは悪かったですね。
鯖街道でなければ鯖寿司なんて何処でも安価で食える。

でも、それを言ったら身も蓋もない。限りなく自己満足だけど、旅先で得て、旅先で楽しむ。
それがツーリングの醍醐味・・・・・と自分を納得させよう。(苦笑)


次は年末年始の九州ツーリングをネタにします。




テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/04(火) 21:36:19|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレイバック ~ 2014秋 京都・滋賀・福井 鯖ツーリング 8 ・・・・・伊根の舟屋

16100105.jpg

やっと9月の山を乗り切り、この土日はまともに休めました。今月はエリーゼで何処かに行きたいなぁ。
そんな訳でネタも無いので、放置状態や未着手のツーリング記を再開させます。まずは中断したままの
鯖ツーリング記を片付けます。
それにしても2年前・・・・・既に記憶は薄れているので、写真で流します。(苦笑)

前回の丹後半島の翌日。伊根の舟屋を訪れました。

16100101.jpg

16100104.jpg


ココはミシュラン・グリーンガイドにも掲載されていて、舟屋を改装したホテルで泊まるのが人気ですが
観光客でごった返すような状況ではなく、落ち着いて散策できました。

16100103.jpg

16100102.jpg

16100100.jpg


舟屋・・・・・一言で言うと、舟のビルトイン・ガレージです。家の中まで海が入り込んでいるのが
非常に興味深い。

16100108.jpg

16100109.jpg

16100110.jpg

16100111.jpg


建屋外にも係留している舟屋もあり、この街が深く海と共存している事がよく分かります。

16100112.jpg


意外にも陶器の工房があり、喫茶も併設されていたので立ち寄ってみました。

16100114.jpg

16100116.jpg


既に舟屋としては機能していませんが、その面影は残っていました。

16100113.jpg


ここの女性オーナーはリクエストすれば舟屋の説明もしてくれます。

「台風とか津波とか大丈夫ですか?」

16100106.jpg

16100107.jpg


誰もが思う素朴な疑問ですが、なるほど。分かりやすく教えてくれます。
器の話で意気投合した私は、舟屋に対する伊根町の取り組み方針についても、かなり深い所まで教えて
もらいました。いやぁ~大人の複雑な事情もあるようです。(苦笑) 

ここで2時間近く居座ってしまったので、先を急ぎます・・・・・って、相変わらず変な道を選択してますが。

16100115.jpg


目指すは天橋立。ベタですが・・・・・



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/10/02(日) 20:17:17|
  2.   中部・北陸・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。