造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

海も紅葉も・・・・・佐渡島ツーリング 3日目 ~ 2

16111817.jpg

事前に得ていた情報では、既に佐渡の紅葉はピーク過ぎとの事でしたが、この道を囲む山々は、まだまだ
綺麗でした。

16111814.jpg

16111815.jpg


ちょっと細道に入ると・・・・・

16111816.jpg

16111819.jpg

16111818.jpg


全く期待していなかっただけに、思いがけない紅葉とのコラボに嬉しさ倍増です。

16111820.jpg


この道は、スマートのオーナーから紹介してもらったガレージ・カフェ方面へ続いていたので、あまり余裕は
無かったけど寄ってみる事にしました。

16111821.jpg

コーヒーを飲みながら、カフェを観察。

16111822.jpg

16111823.jpg

16111824.jpg


このカフェのオーナーはポルシェ550レプリカや914、バーキンセブンやゴルフなど、何台所有しているのか
分からないほどの車好き。(笑)
残念ながらご本人は不在でしたが、奥様にはエリーゼが来訪した事をスマートのオーナーにお伝え頂くよう
お願いして店を後にしました。

20分も流すと両津港。大きな開口に吸い込まれます。

16111825.jpg


西日の中、新潟に向け出港。さよなら佐渡島。

16111826.jpg


2時間半の航海を終え、無事に新潟港着岸。ガソリンを補給し新潟を出たのは19時。
明日の仕事を考えれば、本来は1本前のフェリーに乗るべきだけど、限られた時間をフルに楽しみたかったから・・・・・
その代償は大きく、さすがに帰りの関越道は長く感じ、翌朝はキツかった。(苦笑)

初の離島ツーリングとなった佐渡島。元々ツーリングの対象としては全く頭に無かったのですが、紅葉マップを
眺めていたら目に留まり、調べてみると良さげなスカイラインもある。思い切って飛び込んでみたけど
マンネリ気味のツーリングに新しい風を吹き込んだ気がしましたね。久々にフレッシュな気分で走れました。

ツーリングが目的で、佐渡島へ渡る四輪オーナーはほとんど居ないと思うけど、全国を走り回るツーリング愛好家
には、選択肢の一つとしてリストに加えて欲しいですね。出来れば3泊はしたいところ。
4時間かかる青函フェリーより高い渡航費がもう少し安くなると助かるのですがね。
私の次回はあるか・・・・・少し走り残したので、再訪するとしたら緑の綺麗な夏かな?

エリーゼは佐渡で60,000km超え。これで長いツーリングはしばらくお休みです。
主役は四駆・・・・・今年も雪中ツーリングを楽しみたい。










テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/27(日) 22:47:26|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海も紅葉も・・・・・佐渡島ツーリング 3日目 ~ 1

16111801.jpg

佐渡も3日目。今日は16時のフェリーに乗らなければなりません。素泊まりなので朝風呂後すぐに出発です。
ガソリンは満タンで佐渡に乗り込んだけど、残念ながらガス欠になりそうだったので10Lほど補給。
気になる離島単価は思ったほど高くはなく、セルフで新潟の10円増し程度でした。

とりあえず、昔ながらの町並みである宿根木を目指し、名もない海沿いの道を南下します。

16111800.jpg

16111802.jpg


この日もオープンカーの為の一日と言える天気。途中の一コマ。

16111804.jpg


佐渡に来てから、何処かの写真で「キリン何とか?」と紹介されていた岩。

16111803.jpg


特に関心も無かったしどこにあるのかも知らなかったけど・・・・・遭遇するのは狭いエリアならでは。

宿根木が近くなり、エリーゼを路肩に寄せ地図を眺めていたら、背後から声を掛けられました。

16111805.jpg


スマート・ロードスターのオーナー。エリーゼを見て思わず停まってしまったとの事。(笑)
途中、NAロードスターとすれ違ったけど、やはりこんな日のオープンカー・オーナーは家に居られないのでしょう。
佐渡にもエリーゼは1台生息しているらしい。
スマートのオーナーから、車好きが集まるガレージ・カフェがある事を聞き、時間が有ったら立ち寄ってみようかと・・・・・

そして宿根木。生憎、団体ツアー客のバス2台と同着で、相変わらず皆から注目される。
ちなみに佐渡に来てから輸入車は殆ど見掛けない状況だから、エリーゼは走っていても停めていても
常に視線を浴びてます。さすがに3日目ともなれば、いちいち気にするのも億劫になってくるのですが
バスから降りたオジサマが

「あの車はマツダ?」

と言っていたのは衝撃的でした。(苦笑) 気を取り直して、ツアー客に交じり宿根木を散策。

16111806.jpg

16111807.jpg

16111808.jpg


なかなか情緒ある街並みでした。

16111809.jpg

16111810.jpg

16111811.jpg


対面の駐車場では、佐渡名物のたらい舟にも乗れます。団体ツアー客は小木海岸あたりで体験するはず。

16111812.jpg


私はスルー。限られた時間では、たらい舟に乗るよりエリーゼに乗っていたい。(苦笑)
先に進めますが、ここから先の海沿いが思ったより単調。走っていて飽きてきたので、遂に左折し内陸へ。
この時点で佐渡島一周は放棄となりました。
クネクネ道に惹かれて登るのが持って生まれた性なのか?(笑)

16111813.jpg


登り始めると、なかなか良さげな道。正解だったな・・・・・



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/25(金) 23:48:12|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海も紅葉も・・・・・佐渡島ツーリング 2日目 ~ 2

16111723.jpg

大佐渡スカイラインを降り、佐渡金山周辺を流します。
このあたりは産業遺構として世界遺産登録を目指しており、至る所に 「世界遺産」 の文字がチラホラ。
まずは搗鉱場跡。登録されたら、こんな写真は撮れなくなるはず。

16111713.jpg


最も有名な北沢選鉱場跡。逆光にもメゲず・・・・・

16111714.jpg

16111715.jpg


シックナー跡。鉄筋が剥き出しとなった部分も・・・・・いずれ保存が課題となりそう。

16111716.jpg


多くの観光客が訪れる宗太夫坑はスルー。マネキンが添付されていると、どうも・・・・・天邪鬼な私。(苦笑)
再び佐渡一周線を北上します。段々と道が細くなってきたけど、雰囲気は上昇気流。

16111717.jpg


大野亀が見えてきました。

16111718.jpg


こんな素掘りのトンネルが続きます。

16111719.jpg


更に進めると二ツ亀。遊歩道を散策しましたが、時間が無かったので海岸までは降りませんでした。

16111720.jpg


佐渡島では一応? 有名な観光地ですが、駐車場は・・・・・

16111721.jpg


二ツ亀が最北地。これから一周線東側を南下します。
佐渡の上半分は、西側の方が景色も良く、道そのものも楽しい。反対に東側は淡泊だけど、その分、走らせる事に
集中出来る・・・・・そんな感じです。アクセル開度も大きくなり、豪快・爽快。

そして両津港の手前で右折し、通行止め解除となったドンデン線へ。

16111722.jpg


登って行くと、思わず声を上げてしまいました。

16111724.jpg


これは凄かった。黄金に囲まれているような状況でクラクラしました。
その後も停車してはエリーゼの狭い開口部から這い擦り出てカシャカシャと。

16111725.jpg


ドンデン線で島を横断し再び西側の一周線。南下し出発地点に舞い戻ってきました。
これで佐渡島の上半身をほぼ一周です。単に一周するだけなら大して時間も掛からないはずだけど
大佐渡スカイラインやドンデン線で横断したりすると、これが限度ですね。

国道350号は佐渡唯一の賑やかな道。ケーズやヤマダなどの家電店や飲食店が並びます。
それでも本土に比べると圧倒的に少ない。マックやケンタッキーなどの有名ファーストフード店も
見掛けないし、コンビニも佐渡島全体でセーブ・オンが数店。予めどこに何があるかを、ある程度把握して
おかないと困る事になりそうです。

今夜は温泉旅館の素泊まりを予約。国道350号沿いで夜食とし、コンビニでビールを買ってチェックイン。
波音を聴きながら温泉を楽しみました。

16111726.jpg


明日は早くも最終日。南側半分を時間の許す限り走ります。







テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/20(日) 21:44:01|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海も紅葉も・・・・・佐渡島ツーリング 2日目 ~ 1

16111702.jpg

温泉宿に泊まると朝風呂が長引き、出発が遅くなってしまうのが玉に瑕。(苦笑)
今回のツーリングは佐渡ヶ島の外周を、ほぼ一周する県道45号、通称 「佐渡一周線」 をベースに
良さげな道へ脱線する事に。海も山も楽しもうという魂胆です。

16111701.jpg

まずはホテル大佐渡から海沿いを南下します。もう絶好のオープン日和。ナイスな景色の連続でペースが
上がらない。


16111703.jpg

16111704.jpg


こんな奇岩も発見。

16111705.jpg

16111706.jpg


ここで内地に入り北上。相変わらず、狭路にも遭遇。

16111707.jpg


海の後は山。大佐渡スカイラインに突入します。既に落葉との情報でしたが、登り口は見事な紅葉でした。

16111708.jpg

16111700.jpg

16111709.jpg

 
実は大佐渡スカイラインと後述するドンデン線、前日まで降雪による通行止めだったのです。
昨日の掲示を見て諦め掛けていたのですが、何とこの日から解除。今回のツーリングはラッキーが続きます。
遠慮無く楽しませてもらいました。

16111710.jpg

16111711.jpg


最高地点に到達。そのまま進んでも対岸に降りられるのですが、下りの道はコンリート表層が延々と続くので
走る気にならない。来た道を引き返し再び麓に降ります。

16111712.jpg


麓は佐渡金山。写真が多くなり過ぎたので、その様子は次回。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/18(金) 22:27:34|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海も紅葉も・・・・・佐渡島ツーリング 1日目

16111600.jpg

先週末、土日に代休を付けて2泊3日のツーリングに出ました。
天気が良い場所というのが最優先だったので、行先は直前まで決めかねていたけど、未踏の地である
佐渡島へ渡航する事にしました。予報だと初日の天気はイマイチだけど、残り2日間はバッチリ。
伊賀・奈良方面や北陸・能登も候補だったのですが、再訪で新鮮味も無い為、あまり乗り気がしない。
佐渡島の天気の見通しが立って良かった。自らの車を離島に持ち込むのは初めてなので久々にワクワク
しました。更にタイミング良く、渡航フェリーの佐渡汽船は秋割料金となっており、通常より5000円近く安い。
文字通り 「渡りに船」 ってやつです。(笑)

金曜の早朝4時に出発したものの、道中は生憎の雨。途中からは夕立のような豪雨となり、轍で冷や汗を
かく事もしばしば。握力全開~緊張感で肩が凝る。ペースも上がらず焦りも生じてきたけど、新潟港には
何とか時間に間に合いました。乗船時、エリーゼを見た誘導員に停められ、北海道同様の措置を。

16111601.jpg


大きな口を開けたフェリーに飲み込まれ、昇降しないで済むフラットなフロアに誘導されました。

16111602.jpg


陰鬱な空の新潟港を定刻通り出発です。

16111603.jpg


初の佐渡汽船フェリー。北海道のシルバーフェリーに比べ、内装がとても豪華でビックリしました。

16111604.jpg

16111605.jpg


たった2時間半の航路に、こんな仕様が必要だったのか疑問ですが・・・・・(苦笑)
そして無事に佐渡・両津港着。開口の先は信じられない事に快晴でした。

16111606.jpg


遂に佐渡・初上陸。走り出すと、今迄のツーリングとは異なり、いかにも離島を走っている・・・的な感覚が
実に心地良い。とても新鮮で、マンネリ化しつつある我がツーリング紀行に新しい風を吹き込んだ気が
しました。(笑)
元々この日の天気は期待していなかったので、窯元巡りに当てていました。全国の陶磁器産地は殆ど
制覇しており、残るは沖縄の読谷山焼と佐渡の無名異焼。今回、遂に無名異焼を攻略する訳です。
主な窯元は相川地区に集中。このエリアは風情があり癒されます。

16111608.jpg

16111607.jpg

16111609.jpg


訪問した窯元で工房を眺めたりして長居し過ぎたけど、成果物(苦笑)には満足できました。

16111610.jpg


夏と違い、17時には暗くなってしまうので、行動時間は短い。
日も暮れかけたけど、雲が綺麗だったのでカシャリと1枚。

16111611.jpg


恒例のホテル探し。この日は金曜。佐渡島は観光シーズンを過ぎているし、おまけに平日。10組限定の
信じられないバーゲンプライスを見つけ、ホテル大佐渡に宿泊。通常価格の半額・・・・・こんな掘り出し物
があるから平日泊は嬉しく楽しい。空いてるし。意外な事に佐渡は温泉地が多く、宿泊も楽しめる。朝ものんびり。

16111612.jpg


海を見ながらの温泉は最高でした。2日目からはメインのツーリング三昧。本流です。



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/16(水) 21:34:42|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正しく陥没地点じゃないか・・・・・

1611080.jpg

昨年の12月26日。未だブログではアップしていませんが、年末年始の九州ツーリング初日。早朝発ち、夜には
無事に博多に到着。駅前のイルミネーションを見る為に路上駐車しました。アパマンショップの前。
路面の進路表示はもちろん、左手のパーキングメーターや植栽は、もう有りません。

1611081.jpg


このニュースを見て、写真を掘り起こしたら・・・・・信じられない。正しくピンポイントでした。

熊本の震災は益城が震源だし、今回の博多といい、あまりに命中し過ぎる。

ツーリング記をサボったからなのか?





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/08(火) 22:17:03|
  2.   九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月3日 DS3カブリオで文化に触れる・・・・・

16110602.jpg

11月3日は文化の日。2年振りに益子陶器市に行って、アートに触れてきました。
前回同様、高速主体のルートなので3週連続・遠征中のエリーゼは休憩。久々に仕事メインのDS3カブリオを
引っ張り出しました。 

16110600.jpg


屋根が開くという付加価値を盛り込んだので、オフでも違和感が無い。たまにはMTを駆使して
ワインディングを楽しもうと思い、北関東自動車道を笠間ICで降り、JAFマップで良さげな道をチョイス。

16110601.jpg


良さげな道が、この有様。相変わらず狭路をヒタ走る事に。このブログはこんな写真ばかりです。(苦笑)
先週のエリーゼとは別の意味で手足を忙しく駆使し、それはそれで楽しかった。で、無事に益子着。
日頃の運動不足解消とばかりに、6時間歩き続けました。立ち寄ったギャラリー佳乃やは紅葉真っ盛り。
2年前と同じ岡本芳久さんの個展が開かれていました。

16110603.jpg


益子の里には数えきれないほど訪れているし、目が肥えた今では余程の事が無い限り財布のヒモを
緩めるつもりはありません。 が・・・・・緩めるどころか大開口。清水の舞台どころか、スカイタワーから
飛び降りるレベルの逸品と出会ってしまった。
ちなみに本日の主目的は、文化の日を祝うべく、人間国宝・島岡達三さんのコーヒーカップで珈琲を楽しむ事でした。

16110604.jpg


駄目モトで 「売って下さい」 とお願いしたけど、数も少ないので勘弁してくれと・・・・・もはや故人だしね。
最近多い、軽い器とは一線を画すドッシリした重みのある器。文化に触れた気がしました。
屋根を開けてステアリングとMTを駆使するのが文化とは思わないけど、ドライビングを含め祝日を楽しめました。

16110605.jpg


これで4週連続でプチ・ツーリング。我ながら、よく走ると思います。そろそろ家でノンビリ過ごす週末を送ろうかと
思うけど、冬も近いし今週末もまだ続きそう・・・・・



テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/06(日) 22:06:01|
  2.   関東・甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーフもハートも全開! 早朝のビーナスライン

16110102.jpg

この日曜は冬季クローズになる直前のビーナスラインを楽しんできました。
エリーゼ・怒涛の3週連続快走です。
午前6時に南諏訪IC近くで BBSを履いたS2000 と合流するので、起床は3時。
正に体育会系。オヤジの朝練です。(笑)

16110104.jpg


向かう道中、路面がウェットだったので心配でしたが、ビーナスラインはドライ。
霧で視界不良の区間や落葉等、ヒヤッとする事もありましたが、両手両足をフル稼働させながら
スポーツカーを操る楽しさを満喫しました。

景色を眺める余裕は全くありませんが、途中、雲海を撮影していた人に気付き、次のスティントで停車。
何とも言えぬ風景に、思わず見入ってしまいました。

16110100.jpg


箱根と違いビーナスラインは慣熟してないので、ホームコースであるS2000の後ろを走りました。
絶妙にセッティングされたスポーツカーのサスが、路面の起伏に応じて仕事をしているのを眺めるのが
実に楽しい。今回も綺麗な動きをしていました。
相変わらず人のケツを見て楽しむセクハラ・オヤジなのです。(笑)

16110101.jpg


追い上げる楽しさはもう一つ。
前方からはS2000の乾いた大人のエキゾーストノート、背後からはカムの切り替わった高回転サウンド。
ステアリングやペダルを真剣に操作をしつつも、耳からのインプットは後方を走るドライバーにとって最高の
ミュージック。 目は三角でも頬は緩むと言う、摩訶不思議な表情をしていたと思います。(笑)

シーズンオフが近い事もあり、気合の入った車は少なかったけど、目立ったのはロードスター。
NAからNDまで歴代のロードスターが走りに来ていました。珍しくS2000も2台ほど。
それを眺める 1059氏 の目が輝いていたと思うのは私に気のせいか?(笑)

氏とは西伊豆スカイラインの鍛練からほぼ一年ぶりだけど、ワインディングロードを走るだけでなく
車というテーマだけで延々と会話続くのは、今回も同様。愛車を眺めながらのカフェもナイスでした。
次回はイタフラ系のセカンドカーでマッタリ・ツーリング&ランチで再会かな?

16110105.jpg


そうそう、中央道を走っている時から、やたらフランス車を目撃すると思っていたら、この日はFBMの
開催日でした。アルファに乗っていた頃は何度かアルファロメオ・ディに参加したけど、いつかはフレンチの
祭典にも行ってみたいですね。
私が旧車で唯一、所有したいと思っているのは2CV。色とりどり・何台もすれ違い目の保養となりました。

久々の体育会系だったけど、ホント楽しい。慣れてないワインディングを手探り状態で走るのも新鮮だし
速い人の後ろを走るのも、ソロとは違った楽しさがありますね。

16110103.jpg
 

主なワインディングロードはそろそろクローズになりますが、冬も西伊豆あたりで頬を緩ませたいものです。






テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/11/01(火) 22:03:21|
  2. オフ会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード