造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

6発が懐かしい? でもアルファ

1310052_20131007235103ce1.jpg

この記事は、今月末に2度目の車検を迎えるティグアンとは全く関係ありません。(笑)

遅ればせながらアルファロメオのジュリエッタを試乗してきました。
もちろん、相方のティグアンの次期車候補などとは、これっぽっちも考えていません。(爆)
で、試乗したグレードはスポルティーバというもの。現行アルファにお乗りの方には申し訳ないけど、残念ながら
今迄ジュリエッタに関心がありませんでした。だから、グレードによってどんなエンジン構成になっているかなど
全く知りませんでした。このグレードは今時の小排気量ダーボエンジンです。

試乗は2周。私と相方が交互に試します。かなりゴツゴツした足回り。このグレードだとティグアンに慣れている
相方にとっては、慣れるまで辛いかもしれません。まぁ、そんな事は分からないと思いますが。156やGTも
こんな感じだったかなぁ? もう2年近く前なので忘れましたが、もう少しロールを感じた様な気がします。
ブレーキは普通によく効きます。降りて見たら、お約束の4ポッド。こんな市街地を軽く回っただけでフィール云々
言える技量はありません。

で、肝心のエンジン。カー雑誌は、その立場上、歯に衣着せぬ記事が書けるはずもないので、エンジンについては
かなり苦しい感想だったと記憶しています。乗った感想。低速からトルク感もあり、使い易いエンジンです。実用上
困る事は全く無いでしょう。ハッキリ言ってしまうと、回してどうのこうの言うエンジンでは無いと思います。
官能とか、回して気持ちイイとか、そういう世界とは無縁ですね。GMが絡んだモデルから、そうした傾向はあった
けど(私も159を2ヶ月借りていたので)、145のTSや155のV6のようなアレとは違います。
昔と違い、遮音もそれなりに施され、感覚的にはちょっと遠くからエンジン音が聞こえてくるイメージですかね。

無いものねだりしても仕方が無いし、これから先、私のようなサラリーマンの手が届く範囲で、回して楽しむような
エンジンはもう造られないでしょう。だから、ネガティブなコメントなどする気も全くありません。これが今の車の標準
なのだから。一部のエンジンオタク (私か?) は、「もうアルファは終わった」 などと思うかもしれませんがね。
この上のグレードのエンジンもあるそうですが、そちらはMT仕様。箱根あたりで回してみたいものです。

1310051_20131007235101cb4.jpg


エンジンだけではありませんが、最近のアルファロメオは新しいモデルが出る度にネガティブな話が必ず出ます。
159が出た時も、MITOがデビューした時も。 どこかのショップのコメントで  「あんなのアルファじゃない」
とか聞こえてきたし・・・・・ジュリエッタも同様ですね。それを否定する気もないし、そう思われる方は中古車を
探して好きな車種に乗れば良い訳です。ジュリエッタが気に入った方は、ガンガン乗り回して、他の車好きに教宣
してあげれば良い訳です。 「アルファロメオの落日」 なんて寂しいしね。
乗り込めば、包み込む空気は正しくアルファロメオだし、走り出しても、他のメーカーとは間違いなく違うワールド
を感じると思います。

あ、私? ゴメンナサイ。あまりトキメキませんでした。(笑)
相方はレザーシートが気に入ったようですが・・・・・まぁ、そんな感じでした。

ちょっとシニカルな記事になってしまったけど、あのシートに収まった時、何気に頬が緩んだのは事実です。
あの匂いにも・・・・・ね。





テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/10/08(火) 23:14:21|
  2. アルファロメオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鯖街道ツーリングは、またしても中止 | ホーム | やっぱり6発だよな・・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harrison.blog71.fc2.com/tb.php/1022-411b285c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード