造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , AUDI S3 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ,アウディ S3,DS3 カブリオでのツーリングを中心に、こだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

こ、これは・・・・・何て楽しいエンジンなんだ!!

1510303.jpg

昨日は久々に試乗をしてきました。フィアット500とアバルト500の乗り比べ。もちろん楽しみなのは
アバルトです。まずはフィアットから。ツインエアーエンジンの500S。
いまさらフィアット500かよ? などと言われそうだけど、このツインエアーエンジンに乗るのは初めて。
マニュアルの設定があるのが嬉しい。信じられない事に、アルファなんか設定が無くなってしまったしね。
で、発進。


ブロロロロ~グワァァァァ~

こ、これは・・・・・な、な、何て楽しいエンジンなんだぁぁぁぁ~~~


いや、言葉を失ってしまいました。もう頬が緩みっぱなし。エンジンに感動したのは久しぶりです。
アルファV6、BMW直6に匹敵しますね。これらは3000CC級のエンジンだけど、このツインエアーは
なんと2気筒900CC。これでこんなに楽しいなんて・・・・・
この車、ダメな人は徹底的にダメでしょう。楽しいと感じるか究極のチープと感じるか。このエンジンを
マニュアルで楽しめるのは今のうちか? フィアット、やるじゃん。

この後に乗ったアバルトの方がフツーの車に思えました。全然フツー。乗用車っぽい。
アバルトで印象に残った点は、特に無かったですね。もちろん悪くないし、よく走る。
あまりにツインエアーエンジンが楽しすぎて、アバルトが霞んでしまいました。

でもね、この500S、一つだけダメな点があります。もうペダルレイアウトが最悪。左側にオフセットしすぎ。
クラッチ操作を完了させてフットレスト位置に戻そうとしても、その空間が狭くて必ず左足にパーツが
ぶつかります。これはダメですね。ストレスが溜まります。
ディーラーの担当は、乗っているうちに慣れると言うし、実際オーナーもたくさん居るわけですが
私は我慢できないなぁ。慣れるというレベルではない。

ちなみに試乗したアバルトはLHD。特に秀逸では無いけど、RHDよりは遥かに操作し易い。
LHDの輸入車をRHD仕様にする事でペダルレイアウトの弊害が起きるのはよくある話ですが
ちょっと酷すぎ。これだけが残念でした。

ジュリエッタを試乗した時も感じたけど、製品のクオリティは昔に比べて大幅に向上していますが
イタ車独特の “濃厚さ” が希薄になってきた感じがするのは気のせいか?
そもそも匂いからして、違う気がします。

155が納車された時の匂いが懐かしい・・・・・



テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/11/01(日) 22:55:59|
  2. その他の車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マグロでも食いに行くか・・・・・ | ホーム | 「本日でしたら、5時から6時20分までなら大丈夫です」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harrison.blog71.fc2.com/tb.php/1273-7d423dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード