造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

消えゆく6気筒エンジン

1310052.jpg

その昔。日産スカイラインの代名詞は直6エンジンでした。
私の今までの車人生で一番感動したのは、オヤジがコロナから鉄仮面に乗り換え、初めて6気筒エンジンを
運転した時でした。当時は学生。 いかにもシリンダーが往復運動しているというフィーリングや音。 
鈍感な私でも、大袈裟ですが世界が変わりましたね。横横道路で感動の涙を流した瞬間(笑)を
今でも覚えています。

昔はミドルクラスでも主流だった国産6気筒エンジンでしたが、今やハイクラスの部類で残っている程度。
切り替えは早かったと思いますが、ここにきて輸入車も脱・6気筒が目立つようになってきました。
低燃費かつラグも無いターボエンジンの台頭で、ダウンサイジング化は顕著です。

車のエンゲル係数が高いと自負?している我々庶民が背伸びして手に入れる事のできる
6気筒エンジンを搭載した欧州モデルを考えると・・・・・

アルファロメオ : 現行ラインアップでは全滅。今後のジュリアは恐らく手が届かない。(苦笑)
プジョー・ルノー・シトロエン : 全滅
BMW : 若いシリーズは消滅。 現実的にはM235?
メルセデス・アウディ・VW : ハイグレードには搭載されるけど・・・・・ゴルフRも4気筒に。
ロータス : エキシージ以上で入手できるが、ハッキリ言ってエンジンの魅力は希薄だし高い。
ケータハム : 無し。まぁ、エンジン云々の車では無いか・・・・・
フィアット/アバルト、ミニは言うに及ばず・・・・・

もう6気筒エンジンは高嶺の花になりつつありますね。

で、前振りが長くなったけど、この記事で書きたかったのはボクスターです。
ご存じの通り、何とか手の届く ? ポルシェの代表であるボクスターが、先日4気筒ターボになったのは
衝撃でした。以前試乗した時は、そのエンジンの気持ち良さに興奮し、それまで全く関心が無かった
ドイツ車を見直す切っ掛けとなったモデルでした。

718ボクスターは、カー雑誌でも話題になっていて、概ね好評のようですが、ことエンジンに関しては
本音を書けない評論家達が遠回しに 「残念」 と読み取れる表現をしているのが笑えます。
4気筒の新エンジンが車好きの御仁にどう評価されるか関心がありますね。生の声を聞いてみたい。

6気筒エンジンが好きで、4台乗り継いだアルファロメオは、クライスラーと提携した159/ブレラから
コケ始め、現行のジュリエッタでは遂に消滅。官能とは疎遠となった新しい4気筒が登場しました。
興味津々で私も試乗しましたが、エンジンについては正直言ってガッカリ。
ボクスターも是非、試乗してみたいですが、ガッカリするのも怖い。仮に気持ち良いエンジンだったとしても
以前の6気筒エンジンとは土俵が違うのでしょうか・・・・・

1608020.jpg


遠い?将来、ガソリンエンジンが無くなるは間違いないでしょうけど、その前に6気筒エンジンが汎用から
スペシャルとなり、更に消えつつあるのが残念です。




テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/04(木) 23:22:12|
  2. 車 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エリーゼ エンジンヘッドカバー 再塗装 | ホーム | プレイバック ~ 2015夏 北海道ツーリング 7・8日目>>

コメント

気筒数の違い、直列・V型の違いは、エンジンの個性のみならず、クルマそのものの個性でもあった気がします。
それがどんどん薄れていっているような気がして、とても残念な傾向です。
ボクスター/ケイマンの4気筒化の件も同感です。ポルシェよお前もか、って。
記事では肯定するけど、実際はイマイチで褒められない、でも書けないというレビューに溢れてますけど(苦笑

自分はずっと直4ばかりで、つい1年前に初めてV型6気筒の世界に足を踏み入れたばかりです。
完全に世の中の潮流に逆行してますが、こういう状況だからこそ、所有し維持して楽しめればなと思っています。一種の文化財保全の取り組みみたいな感じですね(笑

それにしても最後の写真、ピッカピカですね。愛情が溢れています。
同じアルファV6のはずですが、どんなにリフレッシュしたとしても、これはマネできません^^;
  1. 2016/08/06(土) 18:50:17 |
  2. URL |
  3. 1059 #WjRtzHSU
  4. [ 編集]

>1059 さん

確かに積載するエンジンは、車自体の個性を象徴しているかもしれませんね。
メーカーはエンジン・オタクの為に車を造っている訳ではないので(苦笑)
エネルギー削減に関心が集まる昨今、この傾向は止むを得ないでしょう。
将来は歴史的建造物の車版になるかも。

GTのエンジンは、新車から4年半経過時点の写真なので比較してはイケマセン。(笑)

  1. 2016/08/07(日) 19:38:05 |
  2. URL |
  3. ハリソン #JSlyrjWk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harrison.blog71.fc2.com/tb.php/1326-6460ddd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード