造り付けのcupboard~LOTUS ELISE , BMW X1 & DS3 CABRIO

ロータス エリーゼ、BMW X1、DS3 カブリオでのツーリングを中心に、自分のこだわりを記すブログ

Ranking 1 Ranking 2 Ranking 3

2017GW 九州ツーリング 7~9日目・・・・・熊本でエンディング

1706263.jpg

久々のツーリング・レポも、九州編は今回が最後。昔とは比較にならない手抜きレポでしたが、何とか
最後まで辿り着きました。北海道編もあと少し。月内に終わらせます。

前日の林道で燃え尽きた感のある今回のツーリング。最終目的地は熊本の相方の実家でした。
今回のツーリングは、街に居る時は晴れて、エリーゼで走っている時はイマイチという残念な天気
だったのですが、この日も同様。熊本市街に入って晴れてきました。
この街に限らず、市電にはいつも癒される。

1706261.jpg


そしてランチは毎度お馴染みの桂花・ターローです。

1706260_20170626002634fdf.jpg


夜の宴用に食材を買い込み、実家に向かいます。忘れもしない昨年の地震。上益城郡にある実家は
震源となった益城町から僅か10km程度ですが、奇跡的に家屋倒壊は免れました。
熊本市街から益城に近づくにつれ、今でも屋根がブルーシートに覆われた家屋が目立ちました。
熊本城や阿蘇神社など、メディアに取り上げられるところ以外でも、まだ復興には時間が掛かりそうです。

翌5月6日。相方を実家に残し、私は昼過ぎに出発。関所の関西圏をストレス無くスルーするには
ちょっと早すぎるので、阿蘇を経由して広域農道を北上し、日田から高速に乗って帰宅する事に。
一年前と逆ルート。毎度の小鹿田に立ち寄れるかは微妙だけど、いつ走っても気持ちの良いルートです。
相変わらず天気は残念ですが・・・・・

1706262.jpg


それでも阿蘇では晴れ間も広がりました。

1706260.jpg


広域農道を快走し日田でガソリン補給。残念ながら小鹿田の里に立ち寄る時間は無い。
これから先はエリーゼの最も苦手な長距離高速移動です。
そして関門海峡は19時。いよいよ九州ともサヨナラです。

1706264.jpg


夜間走行なのでSAの充実度は気にする必要が無い。中国自動車道経由で1000kmを一気に走行。
休憩は二度の給油時のみという強行軍でしたが、関所も渋滞無く通り抜けたので、思ったよりも楽に帰宅。
早朝6時には虫が付着したエリーゼをガレージに納めました。さすがに洗車をする気力は無い。
昨年のX1よりはキツかったけど、まだまだエリーゼでも九州に行ける体力はあります。


エリーゼよりも速くて、静かで、楽で、快適なスポーツカーはごまんとあるし、ツーリングの高速移動に
限って言えば、ソッチの方が全然良いのだけど、大規模林道のようなスペシャルなステージでは
間違い無くエリーゼが楽しい。
この車に乗ってツーリングを楽しむ事が出来るのは、あと何年だろうか? カウントダウンは始まっている・・・・・

次のツーリングは盆休みだけど、行先は未だ未定。昨夏・冬と連続して北海道へ行ったので
さすがに別の地にしたい・・・・・7万キロを超えたエリーゼは休ませるかも。


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/07/16(日) 23:05:43|
  2.   九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016~2017 年末年始 北海道ツーリング 6日目 (1) ・・・・・2017年 元旦は日本最北端

17070807.jpg

元旦は旅先で迎えるという習慣が根ざしていますが、今年は遂に日本最北端の稚内~宗谷岬となりました。
3年前は最東端の納沙布岬でしたが、あいにくの暴風雪で初日の出を拝むどころでは無かったのですが
今年も微妙でした。

宗谷岬で新年を迎えるなんて、酔狂な人のやる事と思ったら大間違い。意外にもポピュラーで、NHKの
「ゆく年くる年」 にも度々取り上げられるとの事。なかでも、大晦日にこの地を目指して集結してくる
バイク野郎 (親しみを込めて記しています)の野宿が有名です。どんな雰囲気なのか、楽しみでした。

多くの人が訪れるので車を停める場所が無い、と聞いていたので6時過ぎには岬に到着。実にナイスな
スペースを見つけ、路頭に迷う心配は無くなりました。歩き出すと、頭上には・・・・・

17070801.jpg

時刻は6時半。

17070802.jpg


日の出は7時過ぎ。多くの人が集まっていました。
町興しと言っては大袈裟だけど、焚火で暖を取れるコーナーが有ったり、コーヒーのサービスや
記念のキーホルダーを配ったりと、中々のイベントです。
最北端の石碑には、写真撮影の順番待ち。賑わっていました。

17070805.jpg


気になる軍団は・・・・・居ました。

17070803.jpg

17070804.jpg


エリーゼで九州まで自走する元気はあるけど、さすがにコレは出来ないなぁ・・・・・若さが眩しい。

若干、明るくなってきたけど、雲は暑い。今年も初日の出は無理っぽいけど、高台まで登りました。
何とか拝めるポジションをキープし、ダメ元で視線を遠い海へ・・・・・奇跡が起きました。





17070806.jpg




厚い雲に、日が昇る水平線のところだけ切れ目が生じたのです。
周囲から歓声が上がりました。あぁ、感動。このツーリングで3番目の感動でした。それにしても
今年一年分の運を、初日に使い果たした感じがしたのは残念。(苦笑)
切れ目は徐々に広がり、しばらくすると、マァマァな天気に。石碑もバッチリです。

17070808.jpg


高台から戻ると、宗谷岬神社が目に留まりました。今迄何度も目にしていますが、さすがに元旦。
初詣に行く習慣が全くない無信心の私ですが、十年振り位? に、元日の鳥居を潜りました。

17070809.jpg


普段は無いプレハブの仮設小屋では、おみくじや御守を販売しており、興醒め。(苦笑)

石碑の横のバイク野郎も、出発の準備。お互い、元旦の北海道ウインター・ツーリングを再開しよう。

17070811.jpg

17070812.jpg


さよなら宗谷岬。来年も、この地に立つのか・・・・・

17070800.jpg

17070810.jpg


取り急ぎホテルに戻ります。

17070813.jpg


戻る道中、大晦日の糠南駅の次に感動したのが、この風景でした。

17070814.jpg


冬の利尻富士。夏ですらマトモに見た事が無いのに。そういえば摩周湖も夏はダメだけど3年前の冬は
絶景だった。冬の北海道は、私に幸運をもたらすみたい・・・・・宝くじでも買ってみようかな?

30分でホテルに到着。やっと正月らしい気分になりました。

17070817.jpg

17070816.jpg


窓から外を眺める。

17070815.jpg



久々にアソコに立ち寄ってから新年・最初のツーリングを開始しよう。






テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/07/13(木) 22:45:24|
  2.   北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017GW 九州ツーリング 6日目・・・・・災い転じてエンジン回す

17062600.jpg

早くも6日目です。実は、このツーリング期間中、桜島が噴火するという、あまりにタイムリーな出来事が
あったのですが、小康状態となったので、行けるかな? と思い、フェリーで指宿に渡ろうと決めたのです。
ところが、ホテルにチェックイン後の22時頃に再噴火。降灰予測を確認すると、対岸は絶望的でした。
さすがにエリーゼの幌に灰を積もらせたくない。 止むを得ず、北上する事にしました。
このところ、エリーゼでのツーリングは天災のよる影響を受ける事が多い。昨年も北海道ツーリング中に
台風が2個も上陸したり・・・・・その前も大雨で道路が閉鎖されたり・・・・・

翌日。朝はドンヨリした曇り空。噴火によるモチベーション降下に拍車が掛かります。
糸の切れた凧のようにフラフラと北上。いい案も浮かばない為、霧島温泉で入浴してから、熊本市街で
夜を楽しむという、エリーゼ乗りとは思えない妥協案で手を打つ事に。

そんなグダグダの中、道看板で 「壺畑 5km」 という表示を目にし、思わずステアリングを左に。
このツーリング期間中、どこかで壺畑の写真を見かけたので、折角だから立ち寄ってみようかと・・・・・
大して期待もしていなかったのですが、酢壺の大群は、なかなか壮観でした。

17062601.jpg

17062602.jpg

17062603.jpg


ちなみに、壺の中身が黒酢とは、ココに来るまで全く知りませんでした。(苦笑)
ちょうどランチタイムだったので、壺畑情報館のレストランに寄ったのですが、残念ながら激混み。
順番待ちだったので早々に引き上げました。

エリーゼに乗り込もうとした時に、背後から 「造り付けさん・・・・・」 と声を掛けられました。
ツクリツケ?? 最初は何の事か全く理解出来ずにいたのですが、私のブログを読んで頂いていた
エリーゼ乗りのFさんに発見されたのでした。(笑)
関東と関西に居住しているエリーゼ乗り同士が、鹿児島の壺畑で出会う・・・・・何という奇遇。
こんな事もあるから、ブログを続けているのです。

俄然、元気の出てきた私。頭も冴えてきました。温泉なんていつでも楽しめる。折角の九州エリーゼ。 
やはり回そう。霧島温泉に相方を預け、走りに行けばイイ・・・・・心の中でホクソ笑んだ私。そうと決まれば
グズグズしてられない。霧島温泉で今夜の宿を探します。

この日は5月4日。繁忙のピークの当日に予約なしで霧島温泉に泊まろうという無謀な行為ですが、大丈夫。
経験上、部屋数の多い大型ホテルに電話をすれば、大体泊まれます。この手のホテルは予約で満杯にせず
空きを確保している事が多い。万が一、部屋に不備が生じた場合や重得の急なニーズに応える為です。
だから、当日の昼過ぎに電話をすると、その分を回してくれるのです。ネットで探そうなどと、楽をしていたら
絶対に泊まれません。絶望的状況下で、本気で宿を確保したかったら、ひたすら電話です。
で、大浴場と露天風呂を兼ね備えたホテルをアッサリ確保。
これなら相方を放置しても文句を言われる事は有りません。(笑)

早々にチェックイン後、どこに行ったか? 霧島周辺はツ-リングマップルを見てもオススメの道が多いので
一石二鳥かと思われるかもしれませんが、GWの霧島温泉なんて観光客の車で溢れ返っています。
とてもエンジンを回せるスポットなど、ある訳が無い。
いくら景色が良くても、路面が良くても、道がクネクネしていても・・・・・
思いっきり回したい時にペダルを踏めない道は、私にとってオススメの道ではありません。
盆暮GWしか休めない、悲しきサラリーマン・ツーリストは、自分で探さなければならないのです。
で、ちょっくら高速道路を使って・・・・・それでは始めます。

17062604.jpg

17062605.jpg


家も畑もありません。有るのは木々と道だけ。静寂の中で聞こえるのは背後からのエンジン音のみ。

17062607.jpg

17062606.jpg


延岡ほどの距離も無く、路面も多少荒れた所も有りますが、車は皆無。もうエンジンが昇天するんじゃないかと
思うくらい、回し放題。 否、エンジンより先にドライバーが昇天するかも。(爆)
九州の林道はホント・オススメです。

このツーリングも先が見えてきました。エリーゼを楽しむという点では十分満足。今夜は霧島温泉で汗を
流し、明日は熊本です。 相方の実家で一泊し、帰路へ。


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/07/08(土) 22:28:18|
  2.   九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

カウンター

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:

オフ会 掲示板

グルメ&ドライブ <The Stomach>

プロフィール

ハリソン~

Author:ハリソン~
何事においても人とは違う、自分の “色” を出す事が私のテーマです。人生の後半戦も、関心のある事柄には徹底したこだわりを持ち続けてGO!

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード